モーサヤ書7
戻る 次へ

第7章

アンモン,リムハイがおうとなっているリーハイ・ニーファイのはっけんする。リムハイのたみ,レーマンじんれいじょうたいにある。リムハイ,ぶんたみれきかたる。げんしゃ(アビナダイ)はキリストがばんぶつかみでありちちであることをあかしした。けがれをまくものせんぷうけ,しゅしんらいするものすくわれる。げんぜんやく百二十一ねん

1 さて,モーサヤおうは三ねんかんつづへいたもったのち,かつてリーハイ・ニーファイの,すなわちリーハイ・ニーファイのまちもうとしてったひとびとのことをりたいとおもった。それは,そのひとびとゼラヘムラのってらいなんおとさたもなかったので,たみがうるさくうったえておうわずらわしたからである。

2 そこでモーサヤおうは,十六にんくっきょうおとこたちがリーハイ・ニーファイのかけてって,同胞はらからのことを調しらべるのをゆるした。

3 そしてそのよくじつかれらはアンモンというおとことともにしゅっぱつした。このアンモンはくっきょうちからつよおとこで,ゼラヘムラのそんであって,いっこうとうそつしゃでもあった。

4 さて,かれらは,リーハイ・ニーファイのくのに,をどのほうこうたびをしてよいかからなかったので,なかをさまよった。じつに,四十にちかんもさまよった。

5 そして,四十にちかんさまよったのちに,かれらはシャイロムほっぽうにあるおかにたどりき,そこにてんまくった。

6 そしてアンモンは,いっこうなかからアマレカイ,ヘレム,ヘムというの三にんどうりょうれて,ニーファイかった。

7 するとよ,かれらは,ニーファイのとシャイロムのひとびとおうった。そして,おうえいへいかこまれてらえられ,しばられてろうれられてしまった。

8 そしてかれらは,ろうふつかれてからふたたおうまえれてかれ,なわかれた。そしてかれらがおうまえつと,おういにこたえるのをゆるされた。いや,こたえるようにめいじられた。

9 おうかれらにった。「よ,わたしはリムハイといって,ノアのむすである。ノアはゼニフのむすであり,このゼニフはせんであったこのごうとしてゼラヘムラのからて,たみこえによっておうとなったものである。

10 ところで,わたしがえいへいまちもんそとにいたとき,おまえたちはなぜあえてじょうへきちかづいてたのか。

11 わたしはそのことをたずねるために,おまえたちをかしておいた。そうでなければ,えいへいころさせていたであろう。それでは,おまえたちがはなすのをゆるす。」

12 さて,アンモンははなすのをゆるされたことをると,おうまえすすをかがめ,またふたたこすと,つぎのようにった。「おうさま,わたしは今日きょうぶんがまだきていて,はなすのをゆるされたことを,かみまえふかかんしゃしています。わたしはおもってはなしたいとおもいます。

13 おうさまは,もしわたしのことをっておられたら,きっとわたしをしばることはなさらなかったでしょう。わたしはアンモンといって,ゼラヘムラそんで,ゼニフがゼラヘムラのかられて同胞はらからのことを調しらべるために,そのからやってものだからです。」

14 そこでリムハイは,アンモンのこといてじょうよろこんでった。「ゼラヘムラのにいた同胞はらからが,いまもなおきていることがたしかにかった。うれしいことだ。,わたしのたみにもよろこんでもらおう。

15 よ,われらはいま,レーマンじんれいとなってがたぜいをかけられている。しかしながら,よ,同胞はらからわれらをれいじょうたいから,すなわちレーマンじんからすくしてくれるであろう。そうしたら,われらは同胞はらかられいになろう。レーマンじんおうみつものおさめるよりも,ニーファイじんれいになるほうがよい。」

16 そこでリムハイおうえいへいたちに,もうアンモンもかれどうりょうたちもしばってはならないとめいじた。そして,アンモンたちをシャイロムのほっぽうにあるおかかせ,どうりょうたちをまちれてさせて,かれらがいんしょくし,たびつかれをいやせるようにした。かれらはおおくのくるしいい,えとかわきとろうくるしんできたからである。

17 そしてよくじつ,リムハイおうはすべてのたみなかこくし,すべてのものってしん殿でんあつまり,おうかたことくようにさせた。

18 そしてたみってあつまると,リムハイおうかれらにこのようにった。「おお,わたしのたみよ,あたまげてなぐさめをなさい。よ,われらがもはやてきれいじゅうしなくてときちかづいている。それはとおさきのことではない。これまでのおおくのたたかいはむすばなかったが,みのりあるたたかいがまだのこされていることを,わたしはかくしんしている。

19 だから,あたまげてよろこび,かみたよりなさい。アブラハム,イサク,ヤコブのかみたよりなさい。このかみはイスラエルのらをエジプトのからみちびかわいたあるいてこうかいわたらせ,またかれらがほろびることのないように,マナかれらをやしなわれた。そのほか,もっとおおくのことをイスラエルのらのためになさった。

20 さらに,このおなかみは,われらのせんをエルサレムのからみちびげんざいいたるまでぶんたみまもってこられた。よ,そのかみわれらをれいじょうたいとされたのは,われらのざいあくまわしいおこないのためである。

21 今日きょう,あなたがたはみな,わたしがつぎべることのしょうにんである。かつてこのたみおさめるおうとされたゼニフは,せんぎたいというのぞみがつよすぎたので,レーマンおうわるわるだくみにだまされてしまった。レーマンおうはゼニフおうじょうやくむすび,くにりょういちであるリーハイ・ニーファイのまちとシャイロムのまち,およびそのしゅうへんをゼニフおうわたした。

22 レーマンおうがこうしたのは,このたみしたがえる,すなわちれいじょうたいというただ一つのもくてきがあったからである。そしてよ,いまわれらはみつものとして,とうもろこしのはんぶんおおむぎはんぶんとあらゆるこくもつはんぶん,およびだいしょうちくれのぞうぶんはんぶんをレーマンじんおうおさめている。レーマンじんおうは,じつわれらのつ,すなわちしょゆうするすべてのもののはんぶんを,われらからきびしくてる。これをさなければ,われらのいのちもとめる。

23 これはがたいことではないか。われらのけているこのなんは,はなはだしいではないか。よ,なげかなしんでとうぜんではないか。

24 まことに,あなたがたにげる。なげかなしんでとうぜんゆうがたくさんある。よ,なんおおくの同胞はらからころされ,ながされたことか。これはすべてざいあくけっである。

25 もしこのたみいましめにそむかなかったならば,しゅはこのようにおおきなわざわいがたみのうえにおよぶのをゆるされなかったであろう。ところがよ,たみしゅことしたがおうとしなかった。そして,たみなかあらそいがこり,それがこうじてかれらはながった。

26 またかれらはしゅげんしゃ,すなわちかみえらばれたひところした。まことに,そのひとたみかれらのあくまわしいおこないについてげ,しょうらいこるおおくのこと,まことにキリストのらいりんさえげんした。

27 そのひとたみに,キリストはばんぶつちちなるかみであられるとべ,またキリストはのちひとかたちられること,そしてそのかたちひとはじめにそれにならってつくられたかたちであることをげた。えれば,ひとかみかたちつくられたこと,またかみひとらのなかくだってけつにくけ,おもてかれることを,そのひとたみげたのである。

28 さて,そのひとがそうったので,たみかれころしてしまった。またかれらは,ほかにももっとおおくのことをおこない,かみいかりをぶんたちにまねいたのである。だから,このたみげんざいれいじょうたいにあること,またひどいなんたれていることをおもものがだれかいるであろうか。

29 よ,しゅわれた。『わたしは,ぶんたみいましめにそむにはこれをたすけずかれらがさかえないようにそのみちをふさごう。かれらのおこないは,かれらのまえかれたつまずきのいしのようになる。』

30 さらにしゅは,『わたしのたみは,もしけがをまくならせんぷうなかでそのかられることになる。そしてそのけっどくである』とわれる。

31 また,『わたしのたみは,もしけがれをまくなら,すみやかなめつぼうをもたらすひがしかぜまねくことになる』とわれる。

32 さてよ,しゅやくそくたされ,あなたがたはたれてくるしんでいる。

33 しかし,もしあなたがたがじゅうぶんかたけつをもってしゅかえしゅたより,ちからかぎしゅつかえるならば,もしあなたがたがこのようにするならば,しゅぶんのまま,おもいのままに,れいじょうたいからすくしてくださるであろう。」