モーサヤ書 20
    脚注

    第​20​章

    レーマンじん​の​むすめ​たち、ノア​おう​の​さい​たち​に​誘拐ゆうかい​される。レーマンじん、リムハイ​と​かれ​の​たみ​に​せんそう​を​ける。レーマンじん撃退げきたい​され、こころ​を​やわらげる。げんぜんやく​百四十五​ねん​から​百二十三​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、シェムロン​に​は、レーマンじん​の​むすめ​たち​が​あつまって​うたい、おどり、そして​たのしむ​しょ​が​あった。

    2 ​そして​ある​​の​こと、しょうすう​の​レーマンじん​の​むすめ​たち​が、うたったり​おどったり​する​ため​に​そこ​に​あつまった。

    3 ​ノア​おう​の​さい​たち​は​ニーファイ​の​まち​へ​かえる​こと​を​じ、また​たみ​に​ころされる​こと​を​おそれた​ので、さい​の​ところ​へ​かえる​ゆう​が​なかった。

    4 ​そして、​に​とどまって​いた​とき​に​レーマンじん​の​むすめ​たち​を​つけた​ので、かれら​は​​を​せて​むすめ​たち​を​て​いた。

    5 ​そして、おどる​ため​に​あつまった​むすめ​たち​が​すくない​とき​に、かれら​は​かくれて​いる​ところ​から​して​むすめ​たち​を​つかまえ、​へ​れ​った。まことに、レーマンじん​の​むすめ​たち​を​二十四​にん​へ​れ​って​しまった。

    6 ​さて、レーマンじん​は​むすめ​たち​が​いなく​なった​こと​を​る​と、リムハイ​の​たみ​の​わざ​で​ある​と​おもって、リムハイ​の​たみ​の​こと​を​いかった。

    7 ​それで​かれら​は​ぐんたい​を​した。まことに、おうしん​が​たみ​を​ひきいて、リムハイ​の​たみ​を​ほろぼす​ため​に​ニーファイ​の​​へ​かった。

    8 ​しかしながら、リムハイ​は​すでに​とう​の​うえ​から​かれら​を​て​いた。まことに、かれら​が​たたかい​の​じゅん​を​すべて​ととのえて​いる​の​を​た。そこで​かれ​は、ぶん​の​たみ​を​召集しょうしゅう​し、はたけ​で​も​もり​で​も​レーマンじん​を​せた。

    9 ​そして、レーマンじん​が​やって​る​と、リムハイ​の​たみ​は​せて​いた​しょ​から​おそい​かかり、かれら​を​ころし​はじめた。

    10 ​そして、かれら​は​もの​を​おそう​ライオン​の​よう​に​たたかった​ので、その​戦闘せんとう​は​じょう​に​はげしい​もの​に​なった。

    11 ​そして、リムハイ​の​たみ​は、レーマンじん​を​い​らし​はじめた。かれら​は​レーマンじん​の​半数はんすう​に​も​たなかった​が、ぶん​たち​の​いのち​の​ため、また​さい​たち​の​ため​に​たたかって​いた​ので、ちから​を​くし、りゅう​の​よう​に​たたかった。

    12 ​そして​かれら​は、レーマンじん​の​たい​の​あいだ​に​レーマンじん​の​おう​を​つけた。しかし、おう​は​きず​を​って​いた​だけ​で​んで​は​いなかった。へい​の​あし​が​はやかった​ため​に、その​​に​り​に​された​の​で​あった。

    13 ​そこで​リムハイ​の​たみ​は、おう​を​らえて​傷口きずぐち​に​包帯ほうたい​を​き、リムハイ​の​もと​へ​れてて​った。「ここ​に​いる​の​は​レーマンじん​の​おう​です。おう​は​しょう​して​レーマンじん​の​たい​の​あいだ​に​たおれ、り​に​されて​いました。それで​わたしたち​は、ぜん​に​れて​まいり​ました。この​おう​を​ころして​しまい​ましょう。」

    14 ​しかし、リムハイ​は​かれら​に、「ころして​は​ならない。わたし​が​える​よう​に、ここ​に​れて​なさい」と​った。そこで、かれら​は​レーマンじん​の​おう​を​れてた。そして、リムハイ​は​かれ​に​たずねた。「あなたがた​は​どの​よう​な​ゆう​で、わたし​の​たみ​と​たたかう​ため​に​めて​た​の​です​か。まことに、わたし​の​たみ​は、わたし​が​あなた​に​てた​ちかい​を​やぶって​は​いません。それ​な​の​に、なぜ​あなた​は​わたし​の​たみ​に​てた​ちかい​を​やぶった​の​です​か。」

    15 ​すると、レーマンじん​の​おう​は​った。「わたし​が​ちかい​を​やぶった​の​は、おまえ​の​たみ​が​わたし​の​たみ​の​むすめ​たち​を​れ​った​から​だ。だから、わたし​は​いかって、おまえ​の​たみ​と​たたかう​ため​に​わたし​の​たみ​を​め​させた​の​だ。」

    16 ​さて、リムハイ​は​この​こと​に​ついて​なにも​いて​いなかった​ので、「わたし​は​たみ​の​なか​を​さがし、その​よう​な​こと​を​した​もの​は​だれ​で​あろう​と​ころす」と​った。そして、かれ​は​たみ​の​なか​を​そうさく​させた。

    17 ​さて、​ギデオン​は​これら​の​こと​を​く​と、かれ​は​リムハイ​おう​の​ぐんたい​の​ちょう​で​あった​ので、おう​の​もと​へ​って、った。「どうか​おもいとどまり、この​たみ​を​調しらべる​こと​なく、また​この​こと​を​かれら​の​責任せきにん​と​する​こと​の​ない​よう​に​して​ください。

    18 父君ちちぎみ​の​さい​で​あって、この​たみ​が​ころそう​と​した​もの​たち​の​こと​を​おう​は​おぼえて​おられ​ません​か。かれら​は​いま​に​いる​で​は​あり​ません​か。レーマンじん​の​むすめ​たち​を​さらった​の​は、かれら​で​は​ない​でしょう​か。

    19 ​どうか​レーマンじん​の​おう​に​これら​の​こと​を​お​はなし​ください。そう​すれ​ば、おう​は​かれ​の​たみ​に​はなし、かれら​は​わたしたち​に​たいして​こころ​を​やわらげる​こと​でしょう。まことに、かれら​は​わたしたち​を​めよう​と、すでに​じゅん​を​すすめて​います​し、わたしたち​の​人数にんずう​は​わずか​です。

    20 ​そして​まことに、かれら​は​大軍たいぐん​で​やって​ます。ですから、もし​この​おう​が​わたしたち​に​たいして​かれら​の​こころ​を​やわらげて​くれ​なければ、わたしたち​は​ほろびて​しまう​に​ちがいない​の​です。

    21 ​わたしたち​に​ついて​アビナダイ​が​げん​した​こと​は、わたしたち​が​しゅ​の​こと​に​き​したがって​ぶん​たち​の​ざいあく​から​はなれよう​と​しなかった​ので、すべて​じょうじゅ​して​いる​で​は​あり​ません​か。

    22 ​ですから、おう​の​こころ​を​やわらげ​ましょう。わたしたち​は​おう​に​てた​ちかい​を​まもり​ます。わたしたち​は、いのち​を​うしなう​より​も​れい​の​じょうたい​に​ある​ほう​が​よい​から​です。ですから、この​よう​に​おおく​の​​を​ながす​こと​は​やめ​ましょう。」

    23 ​そこで​リムハイ​は​レーマンじん​の​おう​に、ぶん​の​ちち​の​こと​と、​へ​んだ​さい​たち​の​こと​を​すべて​はなし、レーマンじん​の​むすめ​たち​を​れ​った​の​は​その​さい​たち​の​わざ​で​ある​と​げた。

    24 ​そこで​レーマンじん​の​おう​は、リムハイ​の​たみ​に​たいして​こころ​を​やわらげ、かれら​に​った。「​を​たないで、わたし​の​たみ​に​い​に​こう。そう​すれ​ば、わたし​の​たみ​が​おまえ​の​たみ​を​ころさない​こと​を​ちかって​やくそく​する。」

    25 ​そして​かれら​は​レーマンじん​の​おう​に​したがい、​を​たず​に​レーマンじん​に​い​に​かけた。そして、かれら​は​レーマンじん​に​った。すると​レーマンじん​の​おう​は、ぶん​の​たみ​の​まえ​に​して、リムハイ​の​たみ​の​ため​に​して​くれた。

    26 ​そこで​レーマンじん​は、リムハイ​の​たみ​が​​を​って​いない​の​を​て、かれら​を​あわれ​に​おもい、こころ​を​やわらげ、おう​と​ともに​やすらか​に​ぶん​の​くに​へ​かえって​った。

    True