モーサヤ書20
戻る 次へ

第20章

レーマンじんむすめたち,ノアおうさいたちにゆうかいされる。レーマンじん,リムハイとかれたみせんそうける。レーマンじんげき退たいされ,こころやわらげる。げんぜんやく百四十五ねんから百二十三ねんいたる。

1 さて,シェムロンには,レーマンじんむすめたちがあつまってうたい,おどり,そしてたのしむしょがあった。

2 そしてあるのこと,しょうすうのレーマンじんむすめたちが,うたったりおどったりするためにそこにあつまった。

3 ノアおうさいたちはニーファイのまちかえることをじ,またたみころされることをおそれたので,さいのところへかえゆうがなかった。

4 そして,にとどまっていたときにレーマンじんむすめたちをつけたので,かれらはせてむすめたちをていた。

5 そして,おどるためにあつまったむすめたちがすくないときに,かれらはかくれているところからしてむすめたちをつかまえ,った。まことに,レーマンじんむすめたちを二十四にんってしまった。

6 さて,レーマンじんむすめたちがいなくなったことをると,リムハイのたみわざであるとおもって,リムハイのたみのことをいかった。

7 それでかれらはぐんたいした。まことに,おうしんたみひきいて,リムハイのたみほろぼすためにニーファイのかった。

8 しかしながら,リムハイはすでにとううえからかれらをていた。まことに,かれらがたたかいのじゅんをすべてととのえているのをた。そこでかれは,ぶんたみしょうしゅうし,はたけでももりでもレーマンじんせた。

9 そして,レーマンじんがやってると,リムハイのたみせていたしょからおそいかかり,かれらをころはじめた。

10 そして,かれらはものおそうライオンのようにたたかったので,そのせんとうじょうはげしいものになった。

11 そして,リムハイのたみは,レーマンじんらしはじめた。かれらはレーマンじんはんすうにもたなかったが,ぶんたちのいのちのため,またさいたちのためにたたかっていたので,ちからくし,りゅうのようにたたかった。

12 そしてかれらは,レーマンじんたいあいだにレーマンじんおうつけた。しかし,おうきずっていただけでんではいなかった。へいあしはやかったために,そのりにされたのであった。

13 そこでリムハイのたみは,おうらえてきずぐちほうたいき,リムハイのもとへれてった。「らんください,ここにいるのはレーマンじんおうです。おうしょうしてレーマンじんたいあいだたおれ,りにされていました。らんください,わたしたちは,この王をぜんれてまいりました。ころしてしまいましょう。」

14 しかし,リムハイはかれらに,「ころしてはならない。わたしがえるように,ここにれてなさい」とった。そこで,かれらはレーマンじんおうれてた。そして,リムハイはかれたずねた。「あなたがたはどのようなゆうで,わたしのたみたたかうためにめてたのですか。まことに,わたしのたみは,わたしがあなたにてたちかやぶってはいません。それなのに,なぜあなたはわたしのたみてたちかいをやぶったのですか。」

15 すると,レーマンじんおうった。「わたしがちかいをやぶったのは,おまえのたみがわたしのたみむすめたちをったからだ。だから,わたしはいかって,おまえのたみたたかうためにわたしのたみめさせたのだ。」

16 さて,リムハイはこのことについてなにいていなかったので,「わたしはたみなかさがし,そのようなことをしたものはだれであろうところす」とった。そして,かれたみなかそうさくさせた。

17 さて,ギデオンはこれらのことをくと,かれはリムハイおうぐんたいちょうであったので,おうのもとへって,った。「どうかおもいとどまり,このたみ調しらべることなく,またこのことをかれらのせきにんとすることのないようにしてください。

18 ちちぎみさいであって,このたみころそうとしたものたちのことをおうおぼえておられませんか。かれらはいまにいるではありませんか。レーマンじんむすめたちをさらったのは,かれらではないでしょうか。

19 どうかレーマンじんおうにこれらのことをおはなしください。そうすれば,おうかれたみはなし,かれらはわたしたちにたいしてこころやわらげることでしょう。まことに,かれらはわたしたちをめようと,すでにじゅんすすめています。まことに,また,わたしたちのにんずうはわずかです。

20 そしてまことに,かれらはたいぐんでやってます。ですから,もしこのおうがわたしたちにたいしてかれらのこころやわらげてくれなければ,わたしたちはほろびてしまうにちがいないのです。

21 わたしたちについてアビナダイがげんしたことは,わたしたちがしゅことしたがってぶんたちのざいあくからはなれようとしなかったので,すべてじょうじゅしているではありませんか。

22 ですから,おうこころやわらげましょう。わたしたちはおうてたちかいをまもります。わたしたちは,いのちうしなうよりもれいじょうたいにあるほうがよいからです。ですから,このようにおおくのながすことはやめましょう。」

23 そこでリムハイはレーマンじんおうに,ぶんちちのことと,んださいたちのことをすべてはなし,レーマンじんむすめたちをったのはそのさいたちのわざであるとげた。

24 そこでレーマンじんおうは,リムハイのたみたいしてこころやわらげ,かれらにった。「たないで,わたしのたみいにこう。そうすれば,わたしのたみがおまえのたみころさないことをちかってやくそくする。」

25 そしてかれらはレーマンじんおうしたがい,たずにレーマンじんいにかけた。そして,かれらはレーマンじんった。するとレーマンじんおうは,ぶんたみまえして,リムハイのたみのためにしてくれた。

26 そこでレーマンじんは,リムハイのたみっていないのをて,かれらをあわおもい,こころやわらげ,おうとともにやすらかにぶんくにかえってった。