モーサヤ書14
戻る 次へ

第14章

イザヤ,メシヤについてべる。メシヤがけられるくつじょくなんせんげんされる。メシヤはぶんつみのためのささげものとし,そむもののためにしをされる。イザヤしょだい五十三しょうかくげんぜんやく百四十八ねん

1 「まことにイザヤはつぎのようにべているではないか。『だれがわたしたちのげたことをしんじたか。しゅうではだれにあらわされたか。

2 かれしゅまえに,かよわなえのように,またかわいたつちからのようにそだつ。かれにはさもなく,れいさもない。わたしたちがかれるときに,かれしたうようなうつくしさもかれにはない。

3 ひとびとからあなどられててられているかれかなしみのひとで,あいっている。そこでわたしたちは,かれからかおそむけるかのようにった。かれあなどられ,わたしたちはかれとうとばなかった。

4 まことにかれはわたしたちのあい,わたしたちのかなしみをになった。ところがわたしたちはかれのことを,たれ,かみばっせられ,くるしめられているのだとめた。

5 しかしかれは,わたしたちのそむのためにつらぬかれ,わたしたちのざいあくのためにきずつけられた。わたしたちのへいあんのために,らしめがかれおよんだ。かれむちきずによって,わたしたちはいやされている。

6 わたしたちはみなひつじのようにまよって,おのおのぶんみちかってった。しゅはわたしたちすべてのものざいあくかれわせられた。

7 かれしいたげられ,くるしめられたが,くちひらかなかった。かれひつじのようにほふりかれてく。ものまえものわないひつじのように,かれくちひらかなかった。

8 かれごくからられ,さばきからられたが,だれがかれそんであるとるだろうか。なぜなら,かれきているものからたれたからである。また,わたしのたみそむきのために,かれたれたからである。

9 またかれは,あくにんとともにそのはかもうけ,んではゆうものとともにあった。なぜなら,かれけっしてあくおこなわず,そのくちにはすこしのあざむきもなかったからである。

10 それでも,かれきずつけることはしゅこころにかなっていた。しゅかれつうけさせられた。あなたがかれつみのささげものとするとき,かれぶんそんてそのいのちばし,しゅこころかれによってさかえる。

11 かれぶんしんくるしみをり,それにまんぞくする。かれしきにより,わたしのにかなったしもべおおくのものとするが,それは,かれかれらのざいあくからである。

12 それゆえ,わたしはかれおおいなるものとともにものかちらせ,たものをつよものあたえよう。かれぶんたましいいたるまでそそいだからである。かれそむものたちとともにかぞえられ,おおくのものつみい,そむものたちのためにをした。』」