モーサヤ書 14
    脚注

    第​14​章

    イザヤ、メシヤ​に​ついて​べる。メシヤ​が​けられる​屈辱くつじょく​と​なん​が​宣言せんげん​される。メシヤ​は​ぶん​を​つみ​の​ため​の​ささげ​もの​と​し、そむく​もの​の​ため​に​し​を​される。イザヤしょだい​五十三​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​百四十八​ねん

    1 「まことに​イザヤ​は​つぎ​の​よう​に​べて​いる​で​は​ない​か。『だれ​が​わたしたち​の​げた​こと​を​しんじた​か。しゅ​の​うで​は​だれ​に​あらわされた​か。

    2 かれ​は​しゅ​の​まえ​に、か​よわい​なえ​の​よう​に、また​かわいた​つち​から​る​​の​よう​に​そだつ。かれ​に​は​​の​さ​も​なく、れいさ​も​ない。わたしたち​が​かれ​を​る​とき​に、かれ​を​したう​よう​な​うつくしさ​も​かれ​に​は​ない。

    3 人々ひとびと​から​あなどられて​てられて​いる​かれ​は​かなしみ​の​ひと​で、あい​を​って​いる。そこで​わたしたち​は、かれ​から​かお​を​そむける​か​の​よう​に​った。かれ​は​あなどられ、わたしたち​は​かれ​を​とうとばなかった。

    4 ​まことに​かれ​は​わたしたち​の​あい​を​い、わたしたち​の​かなしみ​を​になった。ところが​わたしたち​は​かれ​の​こと​を、たれ、かみ​に​ばっせられ、くるしめられて​いる​の​だ​と​めた。

    5 ​しかし​かれ​は、わたしたち​の​そむき​の​ため​に​し​つらぬかれ、わたしたち​の​ざいあく​の​ため​に​きずつけられた。わたしたち​の​平安へいあん​の​ため​に、らしめ​が​かれ​に​およんだ。かれ​の​むち​の​きず​に​よって、わたしたち​は​いやされて​いる。

    6 ​わたしたち​は​みなひつじ​の​よう​に​まよって、各々おのおのぶん​の​みち​に​かって​った。しゅ​は​わたしたち​すべて​の​もの​の​ざいあく​を​かれ​に​わせられた。

    7 かれ​は​しいたげられ、くるしめられた​が、くち​を​ひらかなかった。かれ​は​ひつじ​の​よう​に​ほふり​に​かれて​く。​を​る​もの​の​まえ​の​もの​を​わない​ひつじ​の​よう​に、かれ​は​くち​を​ひらかなかった。

    8 かれ​は​ごく​から​れ​られ、さばき​から​られた​が、だれ​が​かれ​の​そん​で​ある​と​る​だろう​か。なぜなら、かれ​は​きて​いる​もの​の​​から​たれた​から​で​ある。また、わたし​の​たみ​の​そむき​の​ため​に、かれ​は​たれた​から​で​ある。

    9 ​また​かれ​は、あくにん​と​ともに​その​はか​を​もうけ、んで​は​ゆう​な​もの​と​ともに​あった。なぜなら、かれ​は​けっして​あく​を​おこなわず、その​くち​に​は​すこし​の​あざむき​も​なかった​から​で​ある。

    10 ​それでも、かれ​を​きずつける​こと​は​しゅ​の​こころ​に​かなって​いた。しゅ​は​かれ​に​つう​を​け​させられた。あなた​が​かれ​を​つみ​の​ささげ​もの​と​する​とき、かれ​は​ぶん​の​そん​を​て​その​いのち​を​ばし、しゅ​の​こころ​は​かれ​の​​に​よって​さかえる。

    11 かれ​は​ぶんしん​の​くるしみ​を​り、それ​に​満足まんぞく​する。かれ​の​しき​に​より、わたし​の​​に​かなった​しもべ​は​おおく​の​もの​を​​と​する​が、それ​は、かれ​が​かれら​の​ざいあく​を​​に​う​から​で​ある。

    12 ​それゆえ、わたし​は​かれ​に​おおいなる​もの​と​ともに​もの​を​かち​らせ、た​もの​を​つよい​もの​に​け​あたえよう。かれ​が​ぶん​の​たましい​を​​に​いたる​まで​そそいだ​から​で​ある。かれ​は​そむく​もの​たち​と​ともに​かぞえられ、おおく​の​もの​の​つみ​を​い、そむく​もの​たち​の​ため​に​し​を​した。』」