モーサヤ書 10
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​10​章

レーマン​おうぬ。レーマンじん​は​ばん​で​あり、残忍ざんにん​で、いつわり​の​つたえ​を​しんじて​いる。ゼニフ​と​かれ​の​たみ、レーマンじん​に​しょう​を​る。げんぜんやく​百八十七​ねん​から​百六十​ねん​に​いたる。

1 ​さて、わたしたち​は​ふたたび​おうこく​の​かくりつ​に​ちゃくしゅ​し、また​ふたたび​平穏へいおん​に​その​​を​しょゆう​する​こと​に​なった。わたし​は​あらゆる​​を​つくらせ、レーマンじん​が​また​やって​て​わたし​の​たみ​と​たたかい​を​する​とき​に​そなえて、たみ​が​​を​てる​よう​に​した。

2 ​また、わたし​は​この​​の​しゅう​に​り​の​へい​を​き、レーマンじん​が​また​​に​おそって​て、わたしたち​を​ほろぼす​こと​の​ない​よう​に​した。こう​して​わたし​は、たみ​と​ちく​の​れ​を​まもって、てき​の​​に​ちない​よう​に​した。

3 ​そして、わたしたち​は​長年ながねん、まことに​二十二​ねん​の​あいだせん​の​​を​いだ。

4 ​わたし​は、おとこ​たち​に​は​​を​たがやさせて、あらゆる​こくもつ​と​あらゆる​くだもの​を​栽培さいばい​させた。

5 ​そして、おんな​たち​に​は​いと​を​つむがせ、ほねって​はたらかせ、わたしたち​の​はだか​に​まとう​あらゆる​​の​こまかい​ぬの​と、あらゆる​織物おりもの​を​らせた。この​よう​に​して、わたしたち​は​この​​で​さかえ、二十二​年間ねんかん​この​​は​つづき​へい​で​あった。

6 ​さて、​レーマン​おう​が​んで、わって​むす​が​とう​を​はじめた。かれ​は、わたし​の​たみ​に​敵対てきたい​して​がる​よう​に、ぶん​の​たみ​を​せんどう​し​はじめた。その​ため、かれら​は​せんそう​の​じゅん​を​はじめ、めて​て​わたし​の​たみ​と​たたかおう​と​した。

7 ​しかし​わたし​は、​シェムロン​の​​の​ほうぼう​に​密偵みってい​を​して​いた。そう​する​こと​に​よって、レーマンじん​の​じゅん​の​じょうたい​を​って​かれら​に​たいする​ぼう​を​かため、たみ​が​おそわれて​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​した​の​で​ある。

8 ​さて、かれら​は​大軍たいぐん​で​シャイロム​の​​の​北方ほっぽう​に​しんぐん​して​た。その​へい​は、ゆみ​と​つるぎづきとういしいしげ​で​そう​して​おり、あたま​を​そり、こし​に​皮帯かわおび​を​めて​いた。

9 ​そこで​わたし​は、たみ​の​なか​の​おんなども​を​​に​かくれ​させた。そして、​を​てる​おとこ​たち​を、としいた​もの​も​わかい​もの​も​みな、レーマンじん​と​たたかう​ため​に​しゅうごう​させ、それぞれ​の​年齢ねんれい​に​おうじて​整列せいれつ​させた。

10 ​そして​わたしたち​は、レーマンじん​と​たたかう​ため​に​て​った。わたし​も​としいて​いた​が、レーマンじん​と​たたかう​ため​に​て​った。わたしたち​は​たたかう​ため​に​しゅ​の​ちから​を​けて​て​った。

11 ​さて、レーマンじん​は​しゅ​に​ついて​も​しゅ​の​ちから​に​ついて​も​まったく​らなかった​ので、ぶん​の​ちから​だけ​を​たのみ​に​して​いた。しかし、ひと​の​ちから​に​ついて​え​ば、かれら​は​つよい​たみ​で​あった。

12 かれら​は​ばん​で​残忍ざんにん​で、​に​えた​たみ​で​あって、せん​の​つたえ​を​しんじて​いた。かれら​が​しんじて​いる​つたえ​と​は、かれら​の​せん​は​その​また​せん​の​ざいあく​の​ため​に​エルサレム​の​​から​された​こと、そして、​で​同胞はらから​から​とう​な​あつかい​を​け、また​航海こうかいちゅう​に​も​とう​に​あつかわれた​と​いう​こと​で​ある。

13 ​そして​また、う み​を​わたった​のち​も、かれら​は​さいしょ​の​ぎ​の​​で​とう​な​あつかい​を​けた​と​いう​の​で​あった。しかし、これ​は​すべて、ニーファイ​が​あに​たち​より​も​ちゅうじつ​に​しゅ​の​いましめ​を​まもった​ため​で​ある。その​ため​ニーファイ​は​しゅ​の​めぐみ​を​けた。しゅ​は​ニーファイ​の​いのり​を​いて、いのり​に​こたえられた。そして​ニーファイ​は、​で​かれら​の​たび​を​みちびいた​の​で​ある。

14 ​ところが​あに​たち​は、しゅ​の​はからい​を​かい​しなかった​ので、ニーファイ​に​たいして​はら​を​てた。かれら​は​しゅ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​した​ので、う み​の​うえ​で​も​かれ​に​たいして​はら​を​てた。

15 ​そして​また、かれら​は​やくそく​の​​に​いて​から​も、ニーファイ​が​たみ​を​おさめる​権限けんげん​を​ぶん​たち​から​うばった​と​って​かれ​に​たいして​はら​を​て、かれ​を​ころそう​と​した。

16 ​そして​また、ニーファイ​が​しゅ​に​めいじられる​まま​に​​へ​て​き、しかも​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​を​ってった​ので、かれら​は​ニーファイ​が​その​ろく​を​ぶん​たち​から​ぬすんだ​と​って、かれ​に​たいして​はら​を​てた。

17 ​この​よう​に​して、かれら​は​ども​たち​に、ニーファイ​の​そん​を​にくむ​よう​に、また​かれら​を​ころす​よう​に、かれら​から​ぬすみ、略奪りゃくだつ​し、かれら​を​ほろぼす​ため​に​できる​かぎり​の​こと​を​する​よう​に​おしえた。その​ため​に​レーマンじん​は、ニーファイ​の​そん​に​たいして、きる​こと​の​ない​にくしみ​を​いだいて​いる。

18 ​まさに​この​ため​に、レーマン​おう​は​わる​と​わるだくみ​を​はたらかせ、もっとも​らしい​やくそく​を​して​わたし​を​だまし、この​たみ​を​この​​へ​れてる​よう​に​させて、かれ​の​たみ​に​わたし​の​たみ​を​ほろぼさせる​よう​に​した​の​で​ある。それで​わたしたち​は、長年ながねん​の​あいだ​この​​で​くるしんで​きた。

19 ​さて、わたし​ゼニフ​は、レーマンじん​に​ついて​これら​の​こと​を​すべて​たみ​に​かたり​える​と、しゅ​を​しんらい​して、ちから​を​くして​たたかい​に​る​よう​に​たみ​を​はげました。それから​わたしたち​は、レーマンじん​と​相対あいたい​して​たたかった。

20 ​そして​わたしたち​は、レーマンじん​を​ふたたび​ぶん​たち​の​くに​から​はらった。わたしたち​は​レーマンじん​を​おおぜいころし、その​人数にんずう​は​じつに​おおかった​ので​かぞえなかった。

21 ​そして、わたしたち​は​ふたたび​ぶん​の​​へ​かえり、たみ​は​また​ちく​の​れ​の​​を​し、​を​たがやし​はじめた。

22 ​さて、わたし​は​としいて、おう​を​むす​の​ひと​に​ゆずった​ので、これ​じょう​は​べない。しゅ​が​わたし​の​たみ​を​しゅくふく​して​くださる​よう​に。アーメン。