モーサヤ書27
戻る 次へ

第27章

モーサヤ,はくがいきんじ,びょうどうする。むすアルマとモーサヤの四にんむすたち,きょうかいほろぼそうとする。一人ひとりてん使あらわれ,あくぎょうをやめるようにめいじる。アルマ,くちけなくなる。ひとみなすくいをるためにはふたたまれなければならない。アルマとモーサヤのむすたち,よろこびのおとずれをらせる。げんぜんやくねんから九十二ねんいたる。

1 さて,しんこうものたちがきょうかいいんくわえるはくがいじょうにひどくなったので,きょうかいいんはつぶやき,そのけんについてどうしゃたちにうったはじめた。そこで,どうしゃたちはアルマにうったえた。アルマはそのけんおうであるモーサヤのまえし,モーサヤはさいたちにけんもとめた。

2 そしてモーサヤおうは,しんじゃかみきょうかいぞくしているものはくがいしてはならないと,しゅうへんぜんこくした。

3 また,すべてのきょうかいつぎのようなきびしいめいれいされた。すなわち,きょうかいなかはくがいがあってはならない。すべてのものびょうどうでなければならない。

4 こうまんあるいはごうまんになって,へいみだすようなことがあってはならない。すべてのものりんじんぶんしんのようにとうとばなければならない。また,ぶんしんはたらいてせいかつかてなければならない。

5 また,きょうかいさいきょうみなびょうのときやひどくせいかつこまったときのほかは,どのようなあいでも,ぶんしんはたらいてせいかつかてるようにしなければならない,というものであった。かれらはこれらのことをまもったので,かみめぐゆたかにけた。

6 そして,こくないふたたじょうへいになってきた。また,たみじょうおおくなりはじめ,おもてに,まことに,とう西ざいなんぼくひろぶんさんして,そのぜんいきおおきなまちむらきずはじめた。

7 そして,しゅかれらをかえりみ,さかえさせられた。そのため,かれらはゆうふくおおきなたみとなった。

8 ところで,モーサヤのむすたちはしんこうものたちのなかかぞえられており,アルマのむす一人ひとりもそのなかかぞえられていた。アルマのそのむすは,ちちってアルマとけられていた。にもかかわらず,かれじょうじゃあくおとこで,ぐうぞうれいはいするものになってしまった。また,かれことかずおおおとこで,たみおおくのべ,おおくのものぶんおなじようなざいあくおかさせた。

9 そしてかれは,たみこころうばってたみなかにひどいしょうじさせ,かみてきたみはいするけんりょくるうかいあたえたので,かみきょうかいはんえいにとっておおきなさまたげとなった。

10 さて,かれかみきょうかいほろぼそうとしてあるまわっていたときに,すなわち,かれかみいましめにもおうめいれいにもさからって,きょうかいほろぼし,しゅたみまどわそうと,モーサヤのむすたちとともにひそかにあるまわっていたときに,

11 わたしがまえべたように,かれらがかみそむいてあるまわっていたときに,よ,しゅてん使かれらにあらわれた。そのてん使は,まるでくもつつまれてたかのようにくだってて,さながらかみなりのようなこえかたり,そのこえかれらのっていただいふるわせた。

12 かれらはそのためにひどくおどろき,たおれた。しかし,かれらにはてん使かたったことからなかった。

13 それでもてん使は,またおおごえった。「アルマよ,がってちなさい。あなたはなぜかみきょうかいはくがいするのか。しゅはかつて,『これはわたしのきょうかいである。わたしがこれをもうける。わたしのたみそむきのほかに,これをくつがえすものはない』とわれた。」

14 てん使はまたった。「よ,しゅは,ぶんたみいのと,ぶんしもべであり,またあなたのちちであるアルマのいのりをかれた。あなたのちちが,あなたがしんしきみちびかれるように,ふかしんこうをもってあなたのことをいのってきたからである。したがって,わたしはかみちからけんのうそんざいすることをあなたにみとめさせるためにた。かみしもべたちのいのが,かれらのしんこうおうじてかなえられるためである。

15 さてよ,あなたはかみちからていこうすることができるか。よ,わたしのこえだいふるわせているではないか。あなたには,わたしがあなたのまえにいるのがえないか。わたしはかみからつかわされたものである。

16 さて,わたしはあなたにう。あなたのせんがヘラムのとニーファイのとらわれのじょうたいにあったことをおもしなさい。また,かみがあなたのせんのために,どれほどおおいなることをおこなわれたかをおもこしなさい。あなたのせんれいじょうたいにあったが,かみすくしてくださった。アルマよ,わたしはあなたにう。きなさい。これからはもうきょうかいほろぼそうとしてはならない。たとえあなたしんてられようとも,かれらのいのりがとどけられるためである。」

17 そしてこれは,てん使がアルマにかたったさいことである。そのようにして,てん使ってった。

18 さて,アルマと,またアルマとともにいたものたちは,ひどくおどろいて,ふたたたおれた。それは,ぶんしゅてん使てん使こえかみなりのようであってだいふるわせ,まただいふるわせてそれがけるほどにうごかせるのは,かみちからのほかにないことを,ったからである。

19 このときアルマは,ひどくおどろいたためにものえなくなった。くちひらくことができなくなったのである。また,からだちからよわくなり,うごかせないほどになった。そこで,うごきができないままかれいっしょにいたものたちにはこばれて,かれちちまえかれた。

20 そしてかれらは,かれちちに,ぶんたちにこったことをすべてくわしくげた。するとかれちちは,それがかみちからによってこったことをってよろこんだ。

21 かれしゅぶんむすと,またむすいっしょにいたものたちにおこなわれたことをせようとして,おおぜいひとあつめた。

22 また,かれさいたちもあつめた。そして,かれらはだんじきして,しゅなるぶんたちのかみいのはじめ,アルマのくちひらいてものえるようにしてくださること,またかれあしちからあたえられること,そして,それによってたみひらかれて,かれらがかみいつくしみとえいこうるようになることをねがった。

23 そして,かれらがふつふたばんだんじきしていのったところ,アルマのあしちからもどした。そして,アルマはがると,かれらにかたはじめ,あんしんするようにかれらにった。

24 かれはこのようにべた。「わたしはぶんつみあらため,しゅあがなわれました。まことに,わたしはたまによってまれました。

25 しゅはわたしにわれました。『ぜんじんるい,すなわちだんじょわず,すべてのこくみんぞくこくたみみんぞくふたたまれなければならないことをおもってはならない。まことに,ひとかみからまれ,にくよくにふけるらくしたじょうたいからじょうたいわってかみあがなわれ,かみむすむすめにならなければならない。

26 このようにして,かれらはあらたなものとなる。このようにならないかぎり,けっしてかみおうこくぐことはできない。』

27 わたしはみなさまもうげます。ひとじっさいにこのようなじょうたいにならないかぎり,かならてられます。わたしはいちてられそうになったので,このことがかります。

28 にもかかわらず,おおくのかんなんいて,ぬほどのあらためをしたところ,しゅはわたしをあわれんで,えいえんえるからわたしをすくすことがふさわしいとされました。そして,わたしはいまかみからまれたのです。

29 わたしはすでにじゅうざいあくのかせからあがなわれました。わたしはかつて,もっとくらふかふちなかにいましたが,いまかみおどろくべきひかりています。わたしはかつてえいえんつうめさいなまれましたが,いますくされており,もうこころつうかんじません。

30 わたしはかつてあがなぬしこばみ,わたしたちのせんかたってきたことをれませんでした。しかしいまは,あがなぬししょうらいられるのをぜんじんるいせんけんできること,またあがなぬしぶんつくられたすべてのものをおぼえていて,しょうらいすべてのひとしんあらわされるということをわたしはっています。

31 まことに,すべてのひざがかがみ,すべてのしたあがなぬしまえこくはくします。すべてのひとってあがなぬしさばかれるわりのに,かれらはあがなぬしかみであられることをこくはくします。またそのとき,かみたよらずにこのなかきているものたちは,えいえんばつさばきがぶんたちにとってこうせいであることをこくはくします。そして,かれらはすべてのことをとおあがなぬししたふるえおののき,ちぢがります。」

32 さて,アルマはこのときらいたみおしはじめた。また,てん使あらわれたときにアルマといっしょにいたものたちとともに,ぜんたびしてまわり,ぶんたちのいたりたりしたことをすべてのたみげ,おおくのかんなんなかかみことつたえた。そして,しんこうものたちからひどいはくがいけ,かれらのおおくからたれた。

33 しかし,このようなったにもかかわらず,かれらはきょうかいいんおおきななぐさめをあたえ,かれらのしんこうつよめ,また,ひどいろうをしながらも,かんようをもってかれらにかみいましめをまもるようにすすめた。

34 これらのもののうちの四にんモーサヤのむすであり,そのをアンモン,アロン,オムナー,ヒムナイといった。じょうはモーサヤのむすたちのである。

35 そして,かれらはゼラヘムラのぜんたびし,モーサヤおうおさめているすべてのたみなかめぐって,ぶんたちがかつてきょうかいくわえたすべてのがいあくつぐないをしようとねっしんつとめ,ぶんたちのすべてのつみこくはくし,ぶんたちがたすべてのことをげ,またぶんたちのこときたいとのぞんだすべてのひとに,げんせいぶんについてかいせつした。

36 このようにして,かれらはかみ使つかわれるものとなっておおくのひとしんしきみちびき,まことに,あがなぬしについてらせた。

37 なんかれらはしゅくふくされていることか。かれらはへいげてひろぜんよきおとずれげてひろめ,しゅとうしておられることをたみらせたからである。