モーサヤ書8
戻る 次へ

第8章

アンモン,リムハイのたみおしえる。アンモン,ヤレドじんの二十四まいはんのことをる。せいけんしゃむかしろくほんやくすることができる。せいけんしゃたまものよりおおいなるたまものはない。げんぜんやく百二十一ねん

1 さて,リムハイおうたみおおくのことをかたったが,わたしはそのなかからわずかなことがらだけをこのしょしるした。おうたみかたえると,ゼラヘムラのにいる同胞はらからについても,すべてのことをかれらにげた。

2 そしてかれはアンモンをぐんしゅうまえたせて,ゼニフがゼラヘムラをったときからアンモンしんがゼラヘムラをるときまでに同胞はらからこったことを,すべてくわしくかたらせた。

3 そこでアンモンはリムハイおうたみに,ベニヤミンおうがゼラヘムラのたみおしえたさいことについてもくわしくかたり,またリムハイおうたみがベニヤミンおうかたったことをすべてかいできるように,そのことかいせつした。

4 そして,アンモンがこれをすべてえると,リムハイおうぐんしゅうかいさんさせ,一人ひとりのこらずかくいえかえらせた。

5 そしておうは,かれたみがゼラヘムラのたときからのろくっているはんをアンモンのまえってさせ,かれがそれをめるようにした。

6 さて,アンモンがそのろくえるとすぐに,おうかれがいこくことほんやくできるかどうかたずねた。アンモンはできないことをおうげた。

7 そこでおうはアンモンにった。「わたしはたみなんかなしくおもい,たみなかから四十三にんものたびたせた。かれらがゼラヘムラのつけ,われらをれいじょうたいからすくしてくれるように同胞はらからたのめるとおもったからである。

8 ところがかれらは,いくにちものあいだなかまよってしまった。それでもかれらはねっしんさがしたので,ゼラヘムラのつからなかったものの,またこのもどってた。そのあいだかれらはおおくのみずのあるほうたびし,にんげんけものほねあたいったいさんらんしており,またあらゆるたてものはいきょいちめんさんざいしているはっけんした。すなわち,イスラエルのたいぐんほどにかずおおくのひとんでいたはっけんした。

9 そしてかれらは,ぶんたちのかたることがしんじつであるというしょうとして,いちめんきざんである二十四まいはんかえった。そのはんじゅんきんでできている。

10 またよ,かれらはいくつかのおおきなむねかえったが,それらはしんちゅうどうでできており,まったくいたんでいない。

11 さらにかれらは,つるぎなんぼんかえったが,そのつかち,やいばはさびでしょくしていた。ところで,そのこと,すなわちそのはんきざまれていることがらかいしゃくできるものはこの一人ひとりもいない。だからあなたに,ほんやくできるかとたずねたのである。

12 わたしはもういちうが,あなたはほんやくのできるひとをだれかっているか。わたしはこのろくをわたしたちのことほんやくしてもらいたい。そうすればこのろくから,このろくのこしてほろびたたみのこりのもののことがおそらくかるであろう。あるいは,ほろびてしまったこのたみそのものについて,かるかもしれない。わたしは,かれらがほろびたわけりたい。」

13 そこでアンモンはおうった。「おうさま,わたしはそのろくほんやくできるひとたしかにおおしえできます。そのかたは,あるものをっていて,それを使つかってれば,むかしろくでもすべてほんやくすることができます。それはかみからさずけられたたまものです。それはかいやくばれており,かみからめいじられないかぎり,だれもそれをのぞいてることはできません。もとめてはならないものをもとめてほろびることのないためです。また,それをのぞいてるようにめいじられるひとは,せいけんしゃばれます。

14 まことに,ゼラヘムラのにいるたみおうが,これらのことをおこなうようにめいじられたかたで,かみからこのとうとたまものさずかっています。」

15 するとおうは,「せいけんしゃげんしゃよりもだいである」とった。

16 そこでアンモンはった。「せいけんしゃけいしゃであり,げんしゃでもあります。だれ一人ひとりとしてつことのできないこのかみちからそなえていなければ,これよりおおいなるたまものをだれもつことはできません。しかし,おおきなちからかみからさずけられることもあります。

17 せいけんしゃのこともしょうらいのこともることができます。かいやくによってすべてのことがしめされるのです。というよりむしろ,みつのことがあきらかにされ,かくれたことがあかるみにるのです。られていないことがかいやくによってられるようになり,またほかのほうほうではることのできないことが,かいやくによってられるようになります。

18 このように,かみひとしんこうによってだいせきおこなうことができるように,一つのしゅだんあたえてくださいました。それでそのひとは,同胞はらからおおきなえきをもたらすようになるのです。」

19 さて,アンモンがこれらのことかたえると,おうじょうよろこび,つぎのようにいながらかみかんしゃした。「これらのはんにはうたがいもなくおおいなるおくっている。そしてそのかいやくは,このようなすべてのおくひとらにあきらかにするためにそなえられたものである。

20 おお,しゅわざなんおどろくべきわざであろう。しゅなんながあいだたみのためにえてこられたことか。ひとらはなんかいりょくがなくどんかんなことか。ひとらはもとめようとせず,またはいされるのをのぞまない。

21 まことにひとらは,ひつじいからげてりになり,もりけものわれてえじきになるせいひつじれのようだ。」