モーサヤ書 11
    脚注

    第​11​章

    ノア​おうじゃあく​な​とう​を​し、つま​や​そばめ​たち​と​の​ほうらつ​な​生活せいかつ​に​ふける。アビナダイ、たみ​が​れい​に​なる​こと​を​げん​する。ノア​おう、アビナダイ​の​いのち​を​ねらう。げんぜんやく​百六十​ねん​から​百五十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、ゼニフ​が​おう​を​むす​の​ひと​ノア​に​ゆずった​ので、ノア​が​ちち​に​わって​とう​を​はじめた。しかし、かれ​は​ちち​の​みち​を​あゆまなかった。

    2 よ、ノア​おう​は​かみ​の​いましめ​を​まもらず、ぶん​の​こころ​の​のぞむ​まま​に​あゆんだ。かれ​は​おおく​の​つま​と​​そばめ​を​ち、また​たみ​に​も​つみ​を​おか​させ、しゅ​の​​から​て​まわしい​こと​を​おこなわせた。そして​かれ​の​たみ​は、​みだら​な​こと​と​あらゆる​あく​と​を​おこなった。

    3 ​また​かれ​は、たみ​が​しょゆう​する​すべて​の​もの​に​五​ぶん​の​一​の​ぜい​を​かけた。すなわち、たみ​の​きん​と​ぎん​の​五​ぶん​の​一​を、そして​​ジフ​と​どう​と​真鍮しんちゅう​と​てつ​の​五​ぶん​の​一​を、また​たみ​の​えた​わかい​ちく​の​五​ぶん​の​一​を、それに​こくもつ​の​五​ぶん​の​一​を​徴税ちょうぜい​した。

    4 ​そして​かれ​は、この​ぜい​を​すべて、ぶんしん​と​つま​たち​と​そばめ​たち、また​さい​たち​と​その​つま​たち​と​そばめ​たち​の​生活せいかつ​を​ささえる​ため​に​てた。この​よう​に​して​かれ​は、おうこく​の​せい​を​えて​しまった。

    5 かれ​は​かつて​ちち​が​にんめい​した​さい​たち​を​すべて​め​させ、わり​に​こうまん​な、こころ​の​たかぶって​いる​あたらしい​さい​たち​を​にんめい​した。

    6 ​この​よう​に​して、さい​たち​は​たい​に​らして、ぐうぞう​を​はいし、みだら​な​おこない​を​しながら、ノア​おう​が​たみ​に​した​ぜい​で​やしなわれた。この​よう​に、たみ​は​ざいあく​を​ささえる​ため​に、じょう​な​ほねり​を​した​の​で​あった。

    7 ​そして​たみ​は​また、おう​や​さい​たち​の​むなしい​へつらい​の​こと​に​だまされ、かれら​も​ぐうぞう​を​れいはい​する​よう​に​なった。おう​や​さい​たち​が​たみ​に​へつらい​ごと​を​かたった​から​で​ある。

    8 ​そして​ノア​おう​は、ふう​で​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​を​たくさん​て、それら​の​建物たてもの​を​ごと​な​ざい​と、きん​や​ぎん、また​てつ​や​真鍮しんちゅう​や​ジフ​や​どう​など​の​あらゆる​ちょう​な​しな​から​つくった​ごと​な​さい​で​かざった。

    9 かれ​は​また、ぶん​の​ため​に​おおきな​きゅう殿でん​を​てて​その​なか​に​おう​を​もうけた​が、それら​は​すべて​上等じょうとう​な​材木ざいもく​で​つくり、きん​や​ぎん​や​ちょう​な​しな​で​かざった。

    10 かれ​は​また​職人しょくにん​たち​に、上等じょうとう​な​材木ざいもく​と​どう​と​真鍮しんちゅう​で、神殿しんでんない​に​あらゆる​ごと​な​さい​を​させた。

    11 ​そして​かれ​は、ほか​の​すべて​の​​より​も​たかい、だいさい​たち​の​ため​に​もうけられた​​を​じゅんきん​で​かざった。そして、だいさい​たち​が​むなしい​いつわり​の​こと​を​たみ​に​べる​とき​に、からだ​と​うで​を​もたせ​かける​こと​が​できる​よう​に、だい​を​つくらせた。

    12 ​そして​かれ​は、神殿しんでん​の​ちかく​に​一つ​の​とう、つまり​じょう​に​たかい​とう​を​てた。それ​は​きわめて​たかく、その​うえ​に​て​ば、シャイロム​の​​と、レーマンじん​の​しょゆう​して​いる​シェムロン​の​​と、きん一帯いったい​の​​を​わたす​こと​が​できた。

    13 ​そして​かれ​は、シャイロム​の​​に​も​おおく​の​建物たてもの​を​て​させ、シャイロム​の​​の​北方ほっぽう​の​おか​の​うえ​に​も​一つ​の​おおきな​とう​を​て​させた。そこ​は​かつて​ニーファイ​の​ら​が、この​​から​した​とき​に​しゅうごうしょ​と​した​ところ​で​あった。ノア​おう​は​たみ​に​ぜい​して​た​とみ​で​この​よう​に​おこなった。

    14 ​さて、おう​は​とみ​に​こころ​を​せ、つま​たち​や​そばめ​たち​と​の​ほうらつ​な​生活せいかつ​に​とき​を​ごした。また、おう​の​さい​たち​も​しょう​たち​と​とき​を​ついやした。

    15 ​そして​かれ​は、こくない​の​いたる​ところ​に​ぶどう​えん​を​もうけ、ぶどう​の​しぼ​を​もうけて​ぶどう​しゅ​を​たくさん​つくった。その​ため​に、かれ​も​たみ​も​大酒おおざけみ​に​なって​しまった。

    16 ​そこで、しょうすう​で​いる​ノア​おう​の​たみ​を、はたけ​に​いる​とき​や​ちく​の​れ​の​​を​して​いる​とき​に、レーマンじん​が​おそい​かかって​ころす​よう​に​なった。

    17 ​そこで​ノア​おう​は、レーマンじん​の​来襲らいしゅう​を​ふせぐ​ため​に​り​の​へい​を​くに​の​しゅう​に​おくった。しかし、かれ​が​十分じゅうぶん​な​かず​の​へい​を​おくらなかった​ので、レーマンじん​は​たみ​を​おそって​ころし、この​くに​から​ちく​の​れ​を​たくさん​れ​った。この​よう​に​して、レーマンじん​は​かれ​の​たみ​を​ほろぼし​はじめ、また​かれら​に​にくしみ​を​あらわ​に​する​よう​に​なった。

    18 ​そこで​ノア​おう​は​ぐんたい​を​おくり、かれら​を​撃退げきたい​した。すなわち、ノア​おう​の​ぐん​は​いち​レーマンじん​を​撃退げきたい​した。そこで​かれら​は​ぶんり​ひん​を​た​こと​を​よろこび​ながら​かえって​た。

    19 ​さて、この​だいしょう​の​ため​に、ノア​おう​の​たみ​は​こうまん​な​こころ​を​つのらせ、​おごり​たかぶり​ながら、ぶん​たち​の​五十​にん​は​すうせんにん​の​レーマンじん​に​かう​こと​が​できる​と​って、​を​る​こと​と​同胞はらから​の​​を​ながす​こと​を​よろこんだ。これ​は、おう​や​さい​たち​の​あく​が​もたらした​もの​で​ある。

    20 ​さて、ノア​おう​の​たみ​の​なか​に、​アビナダイ​と​いう​​の​ひと​の​おとこ​が​いた。かれ​は​人々ひとびと​の​なか​に​て​って、げん​して​った。「よ、しゅ​は​つぎ​の​よう​に​われ、つぎ​の​よう​に​わたし​に​めいじられた。『て​って、この​たみ​に​しゅ​が​つぎ​の​よう​に​われる​と​げ​なさい。この​たみ​は​わざわい​で​ある。わたし​は​この​たみ​の​まわしい​おこない​と、あく​と、みだら​な​おこない​を​た​から​で​ある。あらため​なければ、わたし​は​いかって​かれら​を​ばっしよう。

    21 かれら​が​あらためて​しゅ​なる​かみ​に​ち​かえらなければ、よ、わたし​は​かれら​を​てき​の​​に​わたそう。かれら​は​れい​に​なり、てき​の​​に​よって​くるしめられる​で​あろう。

    22 ​そして​かれら​は、わたし​が​しゅ​なる​かみ​で​あり、わたし​の​たみ​の​ざいあく​を​ばっする​​ねたむ​かみ​で​ある​こと​を​る​よう​に​なる。

    23 ​そして​この​たみ​は、あらためて​しゅ​なる​かみ​に​ち​かえらなければ、れい​に​なる​で​あろう。その​とき​に​は、しゅ​なる​ぜんのう​の​かみ​の​ほか​に、だれ​も​かれら​を​すくう​こと​が​できない。

    24 ​そして、かれら​が​わたし​に​さけび​もとめて​も、わたし​は​その​さけび​を​とどける​こと​を​おそく​し、かれら​が​てき​に​たれる​まま​に​しよう。

    25 かれら​が​粗布あらぬの​を​まとい、はい​を​かぶって​あらため、しゅ​なる​かみ​に​熱烈ねつれつ​に​さけび​もとめ​なければ、わたし​は​かれら​の​いのり​を​とどけず、かれら​を​なん​から​すくい​す​こと​も​しない。』​しゅ​は​この​よう​に​われ、この​よう​に​わたし​に​めいじられた。」

    26 ​さて、アビナダイ​が​人々ひとびと​に​これら​の​こと​を​かたり​える​と、人々ひとびと​は​かれ​に​はら​を​てて、かれ​の​いのち​を​うばおう​と​した。しかし​しゅ​は、アビナダイ​を​かれら​の​​から​すくい​された。

    27 ​ノア​おう​は​アビナダイ​が​人々ひとびと​に​かたった​こと​を​つたえ​く​と、かれ​も​また​はら​を​てて​った。「わたし​と​わたし​の​たみ​を​さばく​アビナダイ​と​は​何者なにもの​か。その​よう​に​ひどい​なん​を​わたし​の​たみ​に​もたらす​しゅ​と​は​何者なにもの​か。

    28 ​わたし​が​ころす​こと​の​できる​よう​に、アビナダイ​を​ここ​に​れてる​よう、おまえたち​に​めいじる。その​おとこ​は​わたし​の​たみ​を​せんどう​して​たがいに​いからせ、たみ​の​なか​に​あらそい​を​しょうじ​させよう​と​して、これら​の​こと​を​べた。だから​わたし​は​その​おとこ​を​ころそう。」

    29 ​さて、人々ひとびと​は​​を​くらまされて​いた​ので、アビナダイ​の​こと​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​した。それで​かれら​は、その​とき​から​アビナダイ​を​らえよう​と​した。また​ノア​おう​は、しゅ​の​こと​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​し、ぶん​の​わるい​おこない​を​あらためなかった。