モーサヤ書 29
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​29​章

モーサヤ、おう​の​わり​に​さばきつかさ​を​えらぶ​こと​を​提案ていあん​する。​な​おう​は​たみ​を​つみ​に​おちいらせる。むす​アルマ、たみ​の​こえ​に​よって​だい​さばきつかさ​に​えらばれる。また、きょうかい​の​だいさい​も​つとめる。ちち​アルマ​と​モーサヤ、ぬ。げんぜんやく​九十二​ねん​から​九十一​ねん​に​いたる。

1 ​さて、モーサヤ​は​これ​を​える​と、だれ​が​たみ​の​おう​に​なる​べき​か​に​ついて​たみ​の​ち​を​りたい​と​おもい、ぜん​に、すなわち​たみ​の​ぜんいん​に​ぶん​の​こと​を​つたえた。

2 ​そして、「わたしたち​は​おう​の​​アロン​が​おう​と​なり、とうしゃ​と​なる​こと​を​ねがって​います」と​いう​の​が​たみ​の​こえ​で​あった。

3 ​ところが、アロン​は​すでに​ニーファイ​の​​へ​った​あと​で​あった​ので、おう​は​かれ​に​おう​を​ゆずれなかった。また​アロン​も、おう​を​ける​こと​を​のぞまなかった​で​あろう。さらに、​モーサヤ​の​むす​たち​の​なか​に​は、おう​を​けたい​と​おもう​もの​は​だれ​も​いなかった。

4 ​そこで​モーサヤ​おう​は、たみ​に​もう​いちぶん​の​こと​を​つたえた。すなわち、ぶん​の​こと​を​しるした​文書ぶんしょ​を​たみ​に​おくった。その​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

5 よ、おお、わたし​の​たみ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​を​同胞はらから​と​おもって​いる​ので、こうりょ​する​よう​に​もとめられて​いる​ことがら​に​ついて、よく​こうりょ​して​ほしい。あなたがた​は​おう​を​ちたい​と​ねがって​いる​から​で​ある。

6 ​さて、あなたがた​に​げる。おう​を​ぐ​けん​の​ある​もの​は​退たい​し、おう​を​けよう​と​しない。

7 ​もし​かれ​の​わり​に​ほか​の​もの​が​にんめい​される​なら​ば、あなたがた​の​なか​に​あらそい​が​こる​おそれ​が​ある。おう​を​ぐ​けん​の​ある​わたし​の​むす​が​のち​に​いかって、たみ​の​いち​を​ひきいる​よう​に​ならない​と​も​かぎらない。そう​なれ​ば、あなたがた​の​なか​に​せんそう​と​たいりつ​が​こって、おおく​の​​が​ながされ、しゅ​の​みち​が​げられる​原因げんいん​に​なり、また​おおく​の​ひと​の​れい​が​ほろぼされる​こと​に​なる。

8 ​わたし​は​あなたがた​に​げる。​を​よく​はたらかせて、これら​の​こと​を​よく​かんがえよう。わたしたち​に​は​わたし​の​むす​を​ほろぼす​けん​は​まったく​ない​し、かれ​に​わって​にんめい​される​ほか​の​もの​を​ほろぼす​いかなる​けん​も​ない。

9 ​わたし​の​むす​は、もし​ふたたび​こうまん​に​なり、むなしい​こと​に​もどる​なら​ば、ぶん​が​まえ​に​った​こと​を​し、おうこく​に​たいする​ぶん​の​けん​を​しゅちょう​する​で​あろう。そう​なれ​ば、わたし​の​むす​も​この​たみ​も​ひどい​つみ​を​おかす​こと​に​なる。

10 ​そこで​わたしたち​は、​を​はたらかせて​あらかじめ​これら​の​こと​を​かんがえ、この​たみ​の​へい​に​やくつ​こと​を​おこなう​よう​に​しよう。

11 ​したがって、わたし​は​せい​を​あなたがた​の​おう​として​ごす​こと​に​する。しかし​わたしたち​は、ぶん​たち​の​ほう​に​したがって​この​たみ​を​さばく​​さばきつかさ​を​にんめい​しよう。また、かみ​の​いましめ​に​したがって​この​たみ​を​さばく​賢明けんめい​な​人々ひとびと​を​さばきつかさ​として​選任せんにん​し、この​たみ​の​せい​を​あらた​に​ととのえよう。

12 ​さて、ひと​は、かみ​に​さばかれる​ほう​が​ひと​に​さばかれる​より​も​よい。かみ​の​さばき​は​いつも​こうせい​で​ある​が、ひと​の​さばき​は​かならずしも​こうせい​で​ない​から​で​ある。

13 ​したがって、もし​かみ​の​りっぽう​を​かくりつ​して、かみ​の​りっぽう​に​したがって​この​たみ​を​さばこう​と​する​ただしい​人々ひとびと​を、おう​に​つ​こと​が​のう​で​あれ​ば、まことに、もしも​わたし​の​ちち​ベニヤミン​が​この​たみ​の​ため​に​おこなった​よう​に​おこなおう​と​する​人々ひとびと​を、ぶん​たち​の​おう​に​つ​こと​が​できる​なら​ば、あなたがた​に​げる、もしも​この​よう​に​いつも​できる​の​で​あれ​ば、いつも​あなたがた​を​おさめる​おう​が​いる​の​が​のぞましい​で​あろう。

14 ​そして、わたし​しんせんそう​や​あらそい、ぬすみ、略奪りゃくだつさつじん、その​ほか​どの​よう​な​ざいあく​も​そんざい​する​こと​の​ない​よう​に、わたし​の​つ​あらゆる​ちから​と​りょく​を​はたらかせて、あなたがた​に​かみ​の​いましめ​を​おしえよう​と、また​ぜん​に​へい​を​かくりつ​しよう​と​つとめて​きた。

15 ​また、わたし​は​ざいあく​を​おかした​もの​に、それ​が​だれ​で​あろう​と、わたしたち​の​せん​から​あたえられた​ほう​に​したがって、その​もの​の​おかした​ざい​に​おうじて​ばつ​を​あたえて​きた。

16 ​さて、あなたがた​に​げる。すべて​の​ひと​は​かならずしも​ただしくない​ので、あなたがた​を​おさめる​おう、あるいは​おう​たち​が​いる​の​は​のぞましい​こと​で​は​ない。

17 よ、ひと​の​わるい​おう​が​おか​させる​ざいあく​は​なんと​ひどい​こと​か。また、めつぼう​の​なんと​おおきい​こと​か。

18 ​まことに、ノア​おう​を​おもし​なさい。ノア​おう​の​あく​と​まわしい​おこない​と、また​かれ​の​たみ​の​あく​と​まわしい​おこない​を​おもし​なさい。よ、なんと​おおきな​めつぼう​が​かれら​に​およんだ​こと​か。また​かれら​は、ぶん​たち​の​ざいあく​の​ため​に​れい​の​じょうたい​に​おちいって​しまった。

19 ​もしも​かれら​が​こころ​から​あらためて、ぜん​の​そうぞうぬし​の​介在かいざい​を​けなかった​なら​ば、かれら​は​かならず​現在げんざい​まで​れい​の​じょうたい​の​まま​で​いた​に​ちがいない。

20 ​しかし​よ、かれら​が​しゅ​の​まえ​に​​へりくだった​ので、しゅ​は​かれら​を​すくい​された。また、かれら​が​しゅ​に​熱烈ねつれつ​に​さけび​もとめた​ので、しゅ​は​かれら​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​された。この​よう​に、どの​あい​で​も、しゅ​は​ひと​の​ら​の​なか​で​ぶん​の​ちから​を​もって​はたらき、しゅ​に​たよる​もの​に​あわれみ​の​うで​を​ばされる。

21 ​そして​よ、わたし​は​あなたがた​に​げる。あなたがた​は​つみぶかい​おう​を​退たい​させる​あい、ひどい​あらそい​と​おおく​の​りゅうけつ​に​よらなければ、それ​が​できない。

22 よ、つみぶかい​おう​に​は​ざいあく​を​おかす​なか​が​いる。また​かれ​は、身辺しんぺん​に​衛兵えいへい​を​き、ぶん​より​も​まえ​に​​を​もって​おさめて​きた​おう​たち​の​ほう​を​​し、かみ​の​いましめ​を​あし​の​した​に​みにじり、

23 あたらしい​ほうりつ、まことに、ぶん​の​あく​に​かなう​ほうりつ​を​制定せいてい​して​たみ​の​あいだ​に​はっ​し、その​ほうりつ​に​したがわない​もの​は​だれ​で​あろう​と​ころ​させ、ぶん​に​そむく​もの​に​は​だれ​で​あろう​と​ぐんたい​を​けん​して​たたかわせ、できれ​ば​それら​の​もの​を​ほろぼそう​と​する​から​で​ある。この​よう​に、​な​おう​は​あらゆる​​の​みち​を​げる。

24 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​げる。この​よう​な​まわしい​こと​が​あなたがた​に​およぶ​の​は、のぞましい​こと​で​は​ない。

25 ​したがって、あなたがた​は、わたしたち​の​せん​から​あたえられた​ほう​に​したがって​さばかれる​よう​に、この​たみ​の​こえ​に​よって​さばきつかさ​を​えらび​なさい。せん​に​よって​あたえられた​ほう​は​ただしい​もの​で​あって、しゅ​の​​に​よって​せん​に​さずけられた​もの​で​ある。

26 ​さて、たみ​の​こえ​が​ただしい​こと​に​はんする​ことがら​を​のぞむ​の​は​まれ​で​ある​が、たみ​の​しょうすう​が​ただしくない​こと​を​もとめる​の​は​度々たびたび​ある​こと​で​ある。したがって、あなたがた​は​たみ​の​こえ​に​よって​しょく​を​たす​よう​に​りゅう​し、それ​を​あなたがた​の​ほう​と​す​べき​で​ある。

27 ​そして、​もしも​たみ​の​こえ​が​ざいあく​を​えらぶ​とき​が​れば、それ​は​かみ​の​さばき​が​あなたがた​に​くだる​とき​で​あり、かみ​が​これまで​この​​に​むくい​を​くだして​こられた​よう​に、あなたがた​に​ひどい​めつぼう​を​およぼされる​とき​で​ある。

28 ​さて、もし​あなたがた​に​さばきつかさ​たち​が​いて、かれら​が​あたえられて​いる​ほう​に​したがって​あなたがた​を​さばかなければ、あなたがた​は、かれら​を​上級じょうきゅう​さばきつかさ​に​さばいて​もらう​こと​が​できる。

29 ​もし​上級じょうきゅう​さばきつかさ​が​​に​かなった​判決はんけつ​を​くださなければ、あなたがた​は​きゅう​の​さばきつかさ​を​あつめ、かれら​に​たみ​の​こえ​に​したがって​上級じょうきゅう​さばきつかさ​を​さばかせる​よう​に​しなさい。

30 ​わたし​は​あなたがた​に、しゅ​を​おそれて​これら​の​こと​を​おこなう​よう​に​と​めいじる。わたし​は​あなたがた​に、おう​を​つ​こと​なく​これら​の​こと​を​おこなう​よう​に​めいじる。もし​この​よう​な​じょうたい​に​ある​人々ひとびと​が​つみ​と​​を​おかす​なら​ば、その​責任せきにん​は​人々ひとびと​の​こうべ​に​する​で​あろう。

31 よ、わたし​は​あなたがた​に​げる。​の​おおく​の​ひと​の​つみ​は、かれら​の​おう​の​ざいあく​に​よって​こされた。したがって、かれら​の​ざいあく​の​責任せきにん​は​かれら​の​おう​の​こうべ​に​する。

32 ​さて、わたし​は​もう​​と​この​びょうどう​が​この​​に、とくに​わたし​の​この​たみ​の​なか​に​ない​こと​を​ねがって​いる。この​​が​ゆう​の​​と​なり、わたしたち​が​この​​に​んで​これ​を​ぐ​こと​を、しゅ​が​こころ​に​かなう​と​なして​くださる​かぎり、また​わたしたち​の​そん​が​ひと​で​も​この​​の​おもて​に​のこって​いる​かぎり、​すべて​の​ひと​が​けん​と​とっけん​を​ひとしく​きょうじゅ​できる​こと​を、わたし​は​ねがって​いる。」

33 ​モーサヤ​おう​は、ほか​に​も​おおく​の​こと​を​たみ​に​しるし、​を​まもる​おう​の​直面ちょくめん​する​あらゆる​れん​と​なん、まことに、たみ​の​ため​に​かんじる​こころ​の​くるしみ​の​すべて、たみ​が​おう​に​うったえる​へい​の​すべて​を​かれら​に​あきらか​に​し、また​かれら​に​それ​を​すべて​説明せつめい​した。

34 ​また、モーサヤ​おう​は​かれら​に、この​よう​な​こと​は​あって​は​ならない​こと、責任せきにん​は​たみ​の​全体ぜんたい​で​分担ぶんたん​して、すべて​の​ひと​が​ぶん​の​責任せきにん​を​わなければ​ならない​こと​を​げた。

35 かれ​は​また、​な​おう​が​おさめる​とき​に​たみ​が​こうむる​えき

36 ​まことに、​な​おう​の​すべて​の​ざいあく​と​まわしい​おこない、また​すべて​の​せんそう​と​あらそい、りゅうけつぬすみ、略奪りゃくだつ、みだら​な​おこない、その​ほか​一々いちいちかぞげられない​すべて​の​ざいあく​に​ついて​かれら​に​あきらか​に​し、また​これら​の​こと​が​あって​は​ならない​こと、これら​の​こと​は​あきらか​に​かみ​の​いましめ​に​はんする​こと​を​かれら​に​げた。

37 ​そして、モーサヤ​おう​が​これら​の​こと​を​たみ​に​き​おくった​ところ、かれら​は​おう​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​と​かくしん​した。

38 ​そこで​かれら​は、おう​を​とう​と​する​のぞみ​を​て、くにじゅう​の​すべて​の​ひと​が​びょうどう​な​かい​を​る​こと​を​じょう​に​切望せつぼう​する​よう​に​なった。そして、すべて​の​ひと​が​ぶんしん​の​つみ​の​責任せきにん​を​よろこんで​う​こと​を​言明げんめい​した。

39 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​に​あたえられた​ほう​に​したがって​さばく、さばきつかさ​と​なる​べき​人々ひとびと​を、ぶん​たち​の​こえ​に​よって​えらぶ​ため、くに​の​ほうぼう​で​いくつ​か​の​しゅうだん​を​して​あつまった。そして​かれら​は、ぶん​たち​に​あたえられた​ゆう​を​じょう​に​よろこんだ。

40 かれら​は​モーサヤ​おう​へ​の​あい​の​ち​を​ますます​ふかめ、ほか​の​だれ​より​も​かれ​を​うやまった。かれら​は​おう​の​こと​を、えき​すなわち​ひと​を​らく​させる​あの​とく​を​追求ついきゅう​する​暴君ぼうくん​と​は​おもわなかった​から​で​ある。かれ​は​たみ​から​とみ​を​きびしく​てた​こと​は​なく、​を​ながす​こと​を​よろこび​と​した​こと​も​なく、こくない​に​へい​を​かくりつ​し、たみ​が​あらゆる​そくばく​から​すくい​される​よう​に​して​きた​から​で​ある。その​ため、かれら​は​おう​を​じょう​に、まことに​はかれない​ほど​うやまった。

41 ​さて、かれら​は​ぶん​たち​を​おさめる​​さばきつかさ​たち、すなわち​ほう​に​したがって​ぶん​たち​を​さばく​さばきつかさ​たち​を​にんめい​した。かれら​は​くにじゅう​で​これ​を​おこなった。

42 ​そして、アルマ​は​さいしょ​の​だい​さばきつかさ​に​にんめい​された​が、かれ​は​だいさい​で​も​あった。アルマ​の​ちち​は​かれ​に​その​しょく​を​さずけ、きょうかい​の​しょ全般ぜんぱん​に​かんする​責任せきにん​を​ゆだねて​いた。

43 ​さて、アルマ​は​しゅ​の​みち​を​あゆみ、しゅ​の​いましめ​を​まもり、​に​かなった​さばき​を​おこなった​ので、つづき​くにじゅう​が​へい​で​あった。

44 ​この​よう​に​して、ゼラヘムラ​の​ぜん​で、すなわち​ニーファイじん​と​ばれた​すべて​の​たみ​の​なか​で、さばきつかさ​の​とう​が​はじまった。そして、アルマ​が​さいしょ​の​さばきつかさ​で​あり、だい​さばきつかさ​で​あった。

45 ​さて、アルマ​の​ちち​は​かみ​の​命令めいれい​を​たし​える​まで​きて、八十二​さい​で​んだ。

46 ​そして​モーサヤ​も、ざい​の​だい​三十三​ねん​に、​六十三​さい​で​んだ。リーハイ​が​エルサレム​を​た​とき​から​かぞえて​五百九​ねん​に​なる。

47 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​を​おさめた​おう​たち​の​とう​は​わり、また、たみ​の​きょうかい​の​そうせつしゃ​で​あった​アルマ​の​だい​も​わった。