モーサヤ書 6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​6​章

ベニヤミン​おうたみ​の​​を​ろく​し、かれら​を​おしえる​さい​たち​を​にんめい​する。モーサヤ、​に​かなった​おう​として​とう​する。げんぜんやく​百二十四​ねん​から​百二十一​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ベニヤミン​おう​は​たみ​に​かたり​える​と、かみ​の​いましめ​を​まもる​と​いう​せいやく​を​かみ​と​わした​すべて​の​ひと​の​​を​めて​おく​ほう​が​よい​と​おもった。

2 ​そこで​たみ​は、おさない​ども​を​のぞいて​ひとのこらず​せいやく​を​わし、キリスト​の​​を​けた。

3 ​そして、さらに​ベニヤミン​おう​は、これら​の​こと​を​すべて​える​と、むす​モーサヤ​を​聖別せいべつ​して​たみ​の​とうしゃ​と​し、おう​と​し、おうこく​に​かんする​いっさい​の​責任せきにん​を​かれ​に​ゆだねた。また、たみ​を​おしえる​さい​たち​も​にんめい​した。人々ひとびと​が​かみ​の​いましめ​を​いて​る​こと​が​できる​よう​に、また​すでに​てた​ちかい​を​おもこす​よう​に​うながす​ため​で​ある。そののち、ベニヤミン​おう​は​群衆ぐんしゅう​を​解散かいさん​させた。そこで​たみ​は、それぞれ​ぞく​ごと​に​かく​の​いえ​へ​かえって​った。

4 ​そして、​モーサヤ​が​ちち​に​わって​とう​を​はじめた。モーサヤ​が​とう​を​はじめた​の​は​三十​さい​の​とし​で​あり、リーハイ​が​エルサレム​を​って​から​およそ​四百七十六​ねん​の​こと​に​なる。

5 ​そして​ベニヤミン​おう​は、そののち​三​ねんき​ながらえて​んだ。

6 ​さて、モーサヤ​おう​は​しゅ​の​みち​を​あゆみ、しゅ​の​おきて​と​裁決さいけつ​を​まもり、しゅ​から​めいじられた​すべて​の​こと​に​ついて​しゅ​の​いましめ​を​まもった。

7 ​また​モーサヤ​おう​は、たみ​に​​を​たがやさせた。そして、かれしん​も​​を​たがやして、たみ​に​たん​を​かける​こと​の​ない​よう​に​し、すべて​の​こと​に​ついて、ちち​の​おこなった​とおり​に​おこなおう​と​した。そして​三​年間ねんかんたみ​の​なか​に​は​まったく​あらそい​が​なかった。