モーサヤ書 19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​19​章

ギデオン、ノア​おう​を​ころそう​と​する。レーマンじん​が​め​んで​る。ノア​おう​で​き​ころされる。リムハイ、みつもの​を​おさめ、おう​として​とう​する。げんぜんやく​百四十五​ねん​から​百二十一​ねん​に​いたる。

1 ​さて、おう​の​ぐんたい​は​しゅ​の​たみ​を​さがし​まわった​が、ろう​に​わり、かえした。

2 ​さて​よ、おう​の​軍勢ぐんぜい​は​人数にんずう​が​って​しょう​に​なり、のこった​たみ​の​なか​に​分裂ぶんれつ​が​しょうじ​はじめた。

3 ​そして、しょうすう​が​おう​を​おどす​こと​を​き​はじめ、のこり​の​たみ​の​なか​に​ひどい​あらそい​が​こった。

4 ​さて、しょうすう​の​なか​に​ギデオン​と​いう​​の​もの​が​いた。かれ​は​くっきょう​な​おとこ​で、おう​を​てき​と​して​いた​ので、ぶん​の​つるぎ​を​き、おう​を​ころす​と​いかり​の​ちかい​を​てた。

5 ​そして​かれ​は​おう​と​たたかった。おう​は​かれ​に​ち​かされそう​に​なった​ところ​で​し、はしって​神殿しんでん​の​ちかく​に​ある​とう​に​のぼって​しまった。

6 ​そこで​ギデオン​は​おう​の​あと​を​いかけ、おう​を​ころす​ため​に​その​とう​に​のぼろう​と​した。この​とき、おう​が​シェムロン​の​​の​ほう​を​ながめる​と、よ、レーマンじん​の​ぐんたい​が​すでに​くに​の​さかい​を​えて​いた。

7 ​そこで​おう​は​こころ​に​くるしみ​を​おぼえ、さけんで​った。「ギデオン​よ、いのち​を​たすけて​くれ。レーマンじん​が​めて​て​おり、われら​を​ほろぼそう​と​して​いる。まことに、たみ​を​ほろぼそう​と​して​いる。」

8 じつ​の​ところ、おう​は​たみ​の​こと​より​も​ぶん​の​いのち​の​こと​を​心配しんぱい​して​いた​の​で​ある。に​も​かかわらず、ギデオン​は​おう​の​いのち​を​たすけた。

9 ​そこで​おう​は、レーマンじん​から​のがれる​よう​に​たみ​に​めいじて、ぶん​が​その​先頭せんとう​に​って​げた。たみ​も​おんな​や​ども​たち​を​れて​​へ​んだ。

10 ​そこで​レーマンじん​は​かれら​を​いかけ、いついて​かれら​を​ころし​はじめた。

11 ​そこで​おう​は​おとこ​たち​に、みなさい​を​てて​レーマンじん​から​のがれる​よう​に​めいじた。

12 ​しかし、さい​を​てる​くらい​なら、いっしょ​に​とどまって​ぬ​ほう​が​よい​と​かんがえる​もの​が​おおかった。ほか​の​もの​たち​は​さい​を​てて​げ​った。

13 ​そして​さい​と​ともに​とどまった​もの​たち​は、うつくしい​むすめ​たち​を​まえ​に​たせ、ぶん​たち​を​ころさない​よう​に​レーマンじん​に​懇願こんがん​させた。

14 ​そこで​レーマンじん​は、かれら​の​むすめ​たち​の​うつくしさ​に​せられ、あわれみ​の​こころ​を​しめした。

15 ​レーマンじん​は​かれら​の​いのち​を​たすけ、かれら​を​りょ​に​して​ニーファイ​の​​へ​れ​もどした。そして、ノア​おう​を​レーマンじん​の​​に​わたす​こと、また​かれら​が​しょゆう​する​もの​の​半分はんぶんきん​や​ぎん​や​すべて​の​ちょう​な​品々しなじな​の​半分はんぶん​を​わたす​こと​を​じょうけん​として、かれら​が​その​​を​しょゆう​する​こと​を​ゆるした。この​よう​に​して、かれら​は​毎年まいとし、レーマンじん​の​おう​に​みつもの​を​おさめる​こと​に​なった​の​で​ある。

16 ​さて、らえられた​もの​たち​の​なか​に​おう​の​むす​が​ひと​おり、その​​を​​リムハイ​と​いった。

17 ​さて、リムハイ​は、ちち​が​ころされる​こと​の​ない​よう​に​と​ねがって​いた。それでも​リムハイ​しん​は​ただしい​ひと​で​あった​ので、ちち​の​おかした​ざいあく​を​らない​わけ​で​は​なかった。

18 ​さて、ギデオン​は、ひそか​に​人々ひとびと​を​​に​つかわして、おう​と、また​おう​と​いっしょ​に​いる​もの​たち​を​さがさせた。すると​かれら​は​​で、おう​と​その​さい​たち​を​のぞく​すべて​の​ひと​に​った。

19 かれら​は​ニーファイ​の​​へ​かえって、もし​さい​や​いっしょ​に​とどまった​もの​たち​が​ころされて​いたら、その​かたき​を​って、いっしょ​に​のう​と​こころ​に​ちかって​いた。

20 ​ところが、おう​が​かれら​に​かえらない​よう​に​めいじた​ので、かれら​は​いかって​おう​を​き​ころして​しまった。

21 ​また​かれら​は、さい​たち​も​らえて​ころそう​と​した​が、さい​たち​は​げて​しまった。

22 ​そして、かれら​が​ちょうど​ニーファイ​の​​へ​かえろう​と​して​いた​ところ​で、ギデオン​に​つかわされた​人々ひとびと​に​った​の​で​ある。ギデオン​に​つかわされた​人々ひとびと​は​かれら​に、ぶん​たち​の​さい​に​こった​すべて​の​こと​を​げ、また​レーマンじん​に​ぶん​たち​の​しょゆう​する​すべて​の​もの​の​半分はんぶん​を​みつもの​として​おさめる​こと​に​よって、その​​を​しょゆう​できる​と、レーマンじん​から​みとめられた​こと​を​はなした。

23 ​また​かれら​も、ギデオン​に​つかわされた​人々ひとびと​に、ぶん​たち​が​おう​を​ころした​こと​と、おう​の​さい​たち​が​​の​おく​へ​んで​しまった​こと​を​げた。

24 ​そして​かれら​は、あいさつ​を​える​と、ぶん​たち​の​さい​が​ころされなかった​こと​を​よろこび​ながら、ニーファイ​の​​へ​かえった。それから​かれら​は、ぶん​たち​が​おう​に​おこなった​こと​を​ギデオン​に​げた。

25 ​さて、レーマンじん​の​おう​は、ぶん​の​たみ​が​ニーファイじん​を​ころす​こと​は​ない​と​ニーファイじん​に​ちかった。

26 ​そして​また、ノア​おう​の​​で​あり、たみ​から​おう​を​あたえられた​リムハイ​も、レーマンじん​の​おう​に、ぶん​の​たみ​は​しょゆう​する​すべて​の​もの​の​半分はんぶん​を​みつもの​として​かれ​に​おさめる​と​ちかった。

27 ​そして、リムハイ​は​おうこく​を​かくりつ​し、たみ​の​なか​に​へい​を​かくりつ​する​わざ​に​ちゃくしゅ​した。

28 ​また​レーマンじん​の​おう​は、その​くに​の​しゅう​に​り​の​へい​を​はい​し、リムハイ​の​たみ​を​こくない​に​とどまらせ、​に​て​く​こと​の​ない​よう​に​した。そして​おう​は、ニーファイじん​から​る​みつもの​の​いち​で​り​の​へい​を​やしなった。

29 ​さて、リムハイ​おう​は、二​年間ねんかんつづき​おうこく​の​へい​を​たもち、レーマンじん​は​かれら​を​くるしめ​なやます​こと​も、かれら​を​ほろぼそう​と​する​こと​も​なかった。