モルモン書 5
    脚注

    第​5​章

    モルモン、ふたたび​ニーファイじん​の​ぐんたい​を​ひきいて​りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​の​たたかい​に​る。イエス​が​キリスト​で​ある​こと​を​ぜん​イスラエル​に​かくしん​させる​ため​に、将来しょうらい『モルモンしょ』​が​る。しんこう​の​ため、レーマンじん​は​らされ、たま​は​かれら​を​はげます​の​を​やめる。レーマンじん​は​まつじつ​に​ほうじん​から​ふくいん​を​ける。げんやく​三百七十五​ねん​から​三百八十四​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​は​ニーファイじん​の​なか​に​て​き、かれら​を​もう​たすけない​と​ぜん​に​ちかった​ちかい​を​した。すると​かれら​は、わたし​なら​ぶん​たち​を​なん​から​すくい​せる​で​あろう​と​かんがえ、わたし​に​もう​いち​ニーファイじん​の​ぐん​の​けん​を​あたえた。

    2 ​しかし​よ、わたし​は​しゅ​の​さばき​が​かれら​に​くだる​こと​を​って​いた​ので、のぞみ​を​って​いなかった。かれら​が​ぶん​たち​の​ざいあく​を​あらためず、ぶん​たち​を​つくられた​かた​に​ねがう​こと​なく、ただ​ぶん​たち​の​いのち​の​ため​に​たたかって​いた​から​で​ある。

    3 ​さて、わたしたち​が​ヨルダン​の​まち​に​げて​いた​ので、レーマンじん​は​わたしたち​を​めた。しかし​よ、かれら​は​撃退げきたい​され、その​とき​に​は​その​まち​を​うばえなかった。

    4 ​そして、かれら​は​また​わたしたち​を​めた​が、わたしたち​は​その​まち​を​まもり​とおした。ほか​に​も​ニーファイじん​が​まもり​とおした​まち​が​いくつ​も​あり、レーマンじん​は​それら​の​まち​の​とりで​に​さえぎられて、わたしたち​の​さき​に​ある​ほう​に​はいって​って、わたしたち​の​くに​の​たみ​を​ほろぼす​こと​が​できなかった。

    5 ​しかし、わたしたち​が​どおり​して​きた​​と、わたしたち​が​あつめなかった​​に​む​もの​たち​は、すべて​レーマンじん​に​よって​ほろぼされ、かれら​の​しゅうらく​や​むら​や​まち​は​​で​かれた。この​よう​に​して、三百七十九​ねん​が​った。

    6 ​そして​だい三百八十​ねん​に、レーマンじん​が​また​め​せて​た​ので、わたしたち​は​いさましく​かれら​に​かった。しかし、それ​は​まったく​​で​あった。かれら​は​人数にんずう​が​じょう​に​おおく、ニーファイじん​の​たみ​を​あし​で​みにじった​から​で​ある。

    7 ​そこで、わたしたち​は​また​げた。そして、あし​が​レーマンじん​の​追撃ついげき​より​も​はやかった​もの​は​のがれ、レーマンじん​より​はやくなかった​もの​は​おそわれて​ころされた。

    8 ​さて​よ、わたし​モルモン​は、ぶん​の​​で​た​この​よう​な​りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​の​おそろしい​こうけい​を​人々ひとびと​の​まえ​に​して、人々ひとびと​を​ひどく​くるしめたい​と​は​おもわない。しかし​わたし​は、これら​の​こと​が​将来しょうらいかならず​らされ、現在げんざいかくされて​いる​すべて​の​こと​が​将来しょうらい​の​うえ​で​あきらか​に​される​こと​を​って​おり、

    9 ​また​これら​の​こと​が、将来しょうらい​これら​の​たみ​の​のこり​の​もの​と​ほうじん​に​らされる​こと​も​って​いる。しゅ​は、ほうじん​が​この​たみ​を​らし、この​たみ​が​かれら​の​なか​で​​の​ない​もの​と​なされる​よう​に​なる​と​われた。わたし​は​じょう​の​こと​を​って​いる​ので、あえて​ぶん​が​これまで​て​きた​こと​を​ぜん​は​ろく​せず、ちいさな​みじかく​まとめた​ろく​を​しるして​いる。それ​は、その​よう​に​めいじられた​から​で​あり、また​あなたがた​が、この​たみ​の​あく​の​こと​で​あまり​ひどく​なげく​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

    10 ​さて​よ、わたし​は​この​こと​を​この​たみ​の​そん​と、また​ほうじん​に、すなわち、イスラエル​の​いえ​を​こころ​に​かけ、ぶん​たち​の​しゅくふく​が​どこ​から​る​か​を​はっきり​かく​して​って​いる​ほうじん​に​べる。

    11 ​わたし​は、この​よう​な​人々ひとびと​が​イスラエル​の​いえ​の​わざわい​に​ついて​なげく​こと​を​って​いる​から​で​ある。まことに、かれら​は​この​たみ​の​めつぼう​を​なげき、また、この​たみ​が​あらため​を​しなかった​ため​に​イエス​の​うで​の​なか​に​しっかり​められる​こと​が​なかった​こと​を​なげく​で​あろう。

    12 ​わたし​は、​これら​の​こと​を​ヤコブ​の​いえ​の​のこり​の​もの​に​き​つたえる。これら​の​こと​を​この​よう​に​き​つたえる​の​は、じゃあく​な​もの​が​これら​の​ろく​を​つたえる​こと​は​ない​と、かみ​から​らされて​いる​から​で​ある。そこで、これら​の​こと​が​しゅしん​が​ふさわしい​と​おもわれる​とき​に​つたわる​よう​に、しゅ​に​たくして​これ​を​かくして​おか​なければ​ならない。

    13 ​これ​が​わたし​の​けた​命令めいれい​で​ある。そして​よ、これら​の​こと​は、しゅ​が​ぶん​の​​で​ふさわしい​と​なされる​とき​に、しゅ​の​命令めいれい​どおり​に​つたわる​で​あろう。

    14 ​そして​よ、これら​の​こと​は、​ユダヤじん​の​なか​の​しんこう​の​ない​もの​に​つたわる。これら​の​こと​が​つたわる​もくてき​は、かれら​に​イエス​が​ける​かみ​の​おん​キリスト​で​あられる​こと​を​しんじ​させる​こと​で​ある。また、ユダヤじん、さらに​正確せいかく​に​え​ば、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​を、しゅ​なる​かれら​の​かみ​が​お​あたえ​に​なった​ぎ​の​​に​れ​もどす​と​いう、あの​御父おんちち​の​だい​な​永遠えいえん​の​もくてき​が、御父おんちち​の​この​うえ​なく​あいする​おん​を​つうじて​げられ、御父おんちち​の​せいやく​が​たされる​よう​に​する​こと​で​ある。

    15 ​また​​この​たみ​の​そん​に、ほうじん​から​つたわる​しゅ​の​ふくいん​を​さらに​よく​しんじ​させる​こと​で​ある。この​たみ​は​この​のちらされて、これまで​わたしたち​の​なか​に​なかった​ほど、すなわち​かつて​レーマンじん​の​なか​に​なかった​ほど、はだ​の​くろずんだ、きたならしい、かい​な​たみ​に​なる。これ​は​かれら​の​しんこう​と​ぐうぞうれいはい​の​ため​で​ある。

    16 よ、しゅ​の​たま​は、すでに​これら​の​もの​たち​の​せん​を​はげます​の​を​やめて​しまった。そして​かれら​は、この​​の​なか​で​キリスト​も​かみ​も​なく​きて​おり、かぜ​に​かれる​​もみがら​の​よう​に​あちら​こちら​に​いやられて​いる。

    17 かれら​は​かつて​よろこばしい​たみ​で​あって、キリスト​を​ぶん​たち​の​ひつじい​と​し、まことに、ちち​なる​かみ​から​も​みちびかれて​いた。

    18 ​ところが​よ、かれら​は​いま、サタン​に​よって​あちら​こちら​に​さそわれて​いる。まるで​もみがら​が​かぜ​に​かれて​いる​よう​で​あり、また​ふね​が​​や​いかり​の​ない​まま、あるいは​かじ​を​る​しゅだん​の​ない​まま​なみ​に​ただよって​いる​よう​で​ある。かれら​は、ちょうど​その​ふね​の​よう​で​ある。

    19 よ、しゅ​は、かれら​が​この​​で​ける​こと​の​できた​しゅくふく​を、将来しょうらい​この​​を​しょゆう​する​ほうじん​の​ため​に​のこして​おられる。

    20 ​しかし​よ、将来しょうらい​この​たみ​は​ほうじん​に​われ、らされる​で​あろう。そして、かれら​が​ほうじん​に​われ、らされた​のちよ、しゅ​は​アブラハム​と​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​てられた​せいやく​を​おもされる​で​あろう。

    21 ​また​しゅ​は、かれら​の​ため​に​ささげられた​じん​の​いのり​も​おもされる​で​あろう。

    22 ​おお、ほうじん​よ、あなたがた​は​あらためて​あく​の​みち​から​はなれ​なければ、どうして​かみ​の​ちから​の​まえ​に​てる​で​あろう​か。

    23 ​あなたがた​は​ぶん​が​かみ​の​​の​うち​に​ある​の​を​らない​の​か。あなたがた​は​かみ​が​いっさい​の​けん​を​って​おられる​こと​と、かみ​の​おおいなる​命令めいれい​で​将来しょうらいだい​が​もの​の​よう​に​かれる​こと​を​らない​の​か。

    24 ​だから​あなたがた​は、あらためて​かみ​の​まえ​に​へりくだり​なさい。さもなければ、かみ​は​あなたがた​に​ばつ​を​くだされる。すなわち、ヤコブ​の​そん​の​のこり​の​もの​が、​ライオン​の​よう​に​あなたがた​の​なか​に​て​って、あなたがた​を​く​で​あろう。そして、すくう​もの​は​だれ​も​いない。