モルモン書 2
    脚注
    Theme

    第​2​章

    モルモン、ニーファイじん​の​ぐんたい​を​ひきいる。りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​が​​に​ひろがる。ニーファイじんばつ​の​さだめ​を​ける​もの​の​くるしみ​を​おもい,なげき​かなしむ。ニーファイじん​の​ため​の​ゆう​の​​は​る。モルモン、ニーファイ​の​はん​を​す。せんそう​が​つづく。げんやく​三百二十七​ねん​から​三百五十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、その​おなじ​とし​に、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​で​ふたたび​せんそう​が​はじまった。そして、わたし​は​わかかった​に​も​かかわらず、たけ​が​たかかった​ので、ニーファイ​の​たみ​は​わたし​を​かれら​の​かん​に、すなわち​かれら​の​ぐん​の​かん​に​にんめい​した。

    2 ​そこで​わたし​は、十六​さい​に​なる​とし​に、ニーファイじん​の​ぐんたい​を​ひきいて​レーマンじん​に​かって​て​った。とう、すでに​三百二十六​ねん​が​って​いた。

    3 ​さて、だい三百二十七​ねん​に、レーマンじん​が​じょう​に​おおきな​ちから​で​めて​た​ので、わたし​の​ぐんたい​は​かれら​に​おびえて​たたかおう​と​せず、きた​の​ほう​に​かって​退却たいきゃく​し​はじめた。

    4 ​そして、わたしたち​は​アンゴラ​の​まち​に​いて、その​まち​を​占領せんりょう​し、レーマンじん​に​たいして​えい​する​じゅん​を​した。わたしたち​は​ちから​の​かぎり​その​まち​の​ぼう​を​かためた。しかし、わたしたち​は​ぼう​を​かためた​に​も​かかわらず、レーマンじん​に​められ、その​まち​から​された。

    5 ​わたしたち​は​また、かれら​に​よって​ダビデ​の​​から​も​された。

    6 ​そこで、わたしたち​は​ぐんたい​を​すすめ、海岸かいがん​に​ちかい​西にし​の​さかい​に​ある​ヨシュア​の​​に​いた。

    7 ​そして​わたしたち​は、ぶん​たち​の​たみ​を​一団いちだん​として​あつめる​こと​が​できる​よう​に、のう​な​かぎり​すみやか​に​たみ​を​あつめた。

    8 ​しかし​よ、​に​は​ごうとう​と​レーマンじん​が​ちて​いた。また、ひどい​めつぼう​が​わたし​の​たみ​に​せまって​いた​に​も​かかわらず、わたし​の​たみ​は、ぶん​たち​の​じゃあく​な​おこない​を​あらためなかった。その​ため​に、​の​全面ぜんめん​で​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​そうほう​に​りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​が​ひろがった。それ​は​​の​全面ぜんめん​に​ひろがった​一つ​の​完全かんぜん​な​へんかく​で​あった。

    9 ​さて、レーマンじん​に​は​おう​が​おり、その​​を​アロン​と​いった。かれ​は​四まん四千​にん​の​ぐんたい​を​ともなって、わたしたち​を​めて​た。そこで​よ、わたし​は、四まん二千​にん​で​かれら​に​かった。そして、ぶん​の​ぐんたい​で​かれ​を​ち​かし、かれ​は​わたし​の​まえ​から​した。その​よう​な​こと​が​あって、三百三十​ねん​が​ぎて​いった。

    10 ​さて、ニーファイじん​は​ぶん​たち​の​ざいあく​を​あらためる​よう​に​なり、げんしゃ​サムエル​に​よって​げん​された​よう​に​さけび​はじめた。その​​に​盗人ぬすびと​と​ごうとう​と​人殺ひとごろし​が​おり、また​じゅじゅつ​と​ほう​が​おこなわれて​いて、よ、だれ​も​ぶん​の​もの​を​たもって​おく​こと​が​できなかった​から​で​ある。

    11 ​その​けっ、これら​の​こと​の​ため​に​ぜん​に​なげき​と​かなしみ​が​こった。しかも、とくに​ニーファイ​の​たみ​の​なか​で​それ​が​ひどかった。

    12 ​さて、わたし​モルモン​は、かれら​の​かなしみ​と​なげき​と、しゅ​の​まえ​で​の​かれら​の​たん​ぶり​を​る​と、こころ​の​なか​で​よろこび​はじめた。わたし​は​しゅ​の​あわれみ​と​寛容かんよう​を​って​いた​ので、しゅ​が​かれら​に​あわれみ​を​かけて​くださり、かれら​が​ふたたび​​に​かなった​たみ​に​なる​で​あろう​と​おもった​から​で​ある。

    13 ​しかし​よ、わたし​の​この​よろこび​は​​で​あった。かれら​の​かなしみ​は、かみ​の​いつくしみ​を​おもって​あらため​に​いたる​もの​で​は​なかった。それ​は​むしろ、かれら​に​つみ​の​ある​まま​で​こうふく​に​なる​の​を​しゅ​が​いつでも​ゆるそう​と​なさらない​こと​に​たいする​かなしみ​で​あり、ばつ​の​さだめ​を​ける​もの​の​かなしみ​と​おなじ​で​あった。

    14 かれら​は、くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​もって​イエス​の​もと​に​る​こと​を​せず​に、かみ​を​​のろい、ぬ​こと​を​ねがった。それでも​かれら​は、ぶん​の​いのち​を​まもる​ため​に​つるぎ​で​たたかおう​と​した。

    15 ​そこで、わたし​の​かなしみ​が​ふたたび​もどって​きた。わたし​は、かれら​の​ため​の​ゆう​の​​が、このてき​に​も​霊的れいてき​に​も​って​しまった​こと​を​った​の​で​ある。わたし​の​たみ​が、なんぜんにん​も​ぶん​たち​の​かみ​に​こうぜん​と​そむいた​じょうたい​で​り​たおされ、ふん​の​よう​に​​の​おもて​に​げられて​いる​の​を​た​から​で​ある。この​よう​に​して、三百四十四​ねん​が​った。

    16 ​さて、ニーファイじん​は​だい三百四十五​ねん​に​レーマンじん​の​まえ​から​げ​はじめ、追撃ついげき​されて、とうとう​ジェション​の​​に​いたった。レーマンじん​は、退却たいきゃく​して​いる​ニーファイじん​を​その​​まで​める​こと​が​できなかった。

    17 ​ところで、ジェション​の​まち​は、アマロン​が​しゅ​に​たくして​数々かずかず​の​ろく​を​かくして​そこなわれない​よう​に​した​​の​ちかく​に​あった。そこで​よ、わたし​は、アマロン​の​こと​の​とおり​に​って​ニーファイ​の​はん​を​し、アマロン​の​こと​に​したがって​ろく​した。

    18 ​わたし​は​ニーファイ​の​はん​に、あらゆる​あく​と​まわしい​おこない​を​のこらず​ろく​した。しかし、この​はん​に​かれら​の​あらゆる​あく​と​まわしい​おこない​を​のこらず​ろく​する​こと​は​ひかえた。それ​は​よ、わたし​が​ひと​の​みち​を​十分じゅうぶん​に​られる​よう​に​なって​らい、いつも​あく​と​まわしい​おこない​が​わたし​の​​の​まえ​に​えなかった​から​で​ある。

    19 かれら​の​あく​の​ため​に​わたし​は​かなしい。かれら​の​あく​の​ため​に、わたし​の​こころ​は​​いつも​かなしみ​に​たされて​きた。それでも、わたし​は​ぶん​が​わり​の​​に​たかく​げられる​こと​を​って​いる。

    20 ​さて​この​とし​に、ニーファイじん​は​ふたたび​され、われた。そして、わたしたち​は​北方ほっぽう​へ、セム​と​ばれる​​に​く​まで​てられた。

    21 ​そして​わたしたち​は、セム​の​まち​の​ぼう​を​かため、わたしたち​の​たみ​を​めつぼう​から​すくえる​よう​に、できる​だけ​おおぜいたみ​を​あつめた。

    22 ​さて、だい三百四十六​ねん​に、レーマンじん​は​ふたたび​わたしたち​を​め​はじめた。

    23 ​そこで​わたし​は、ぶん​の​たみ​に​かたり、レーマンじん​の​まえ​に​だん​と​して​ちはだかって​ぶん​たち​の​さい​と​いえ​と​てい​を​まもる​ため​に​たたかう​よう​に、おおいに​ちから​を​めて​かれら​に​すすめた。

    24 ​すると​かれら​は、わたし​の​こと​で​しょうふるった​ので、レーマンじん​の​まえ​から​げる​こと​なく、いさましく​かれら​に​かった。

    25 ​そして​わたしたち​は、三まんにん​の​ぐんたい​で​五まんにん​の​ぐんたい​と​たたかい、かれら​が​わたしたち​の​まえ​から​す​ほど​に​しっかり​と​かれら​の​まえ​に​ちはだかった。

    26 ​そして、かれら​が​す​と、わたしたち​は​ぐんたい​を​ひきいて​追撃ついげき​し、ふたたび​かれら​と​たたかい​を​まじえて、かれら​を​ち​かした。それでも、しゅ​の​ちから​は​わたしたち​に​ともなって​いなかった。しゅ​の​たま​は​わたしたち​の​うち​に​とどまって​おらず、ぶん​の​ちから​に​たよる​しか​なかった​ので、わたしたち​は​すでに​同胞はらから​の​よう​に​よわく​なって​いた。

    27 ​わたし​の​たみ​の​けた​この​おおきな​わざわい​と、また​たみ​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に、わたし​の​こころ​は​かなしみ​に​しずんだ。しかし​よ、わたしたち​は、レーマンじん​と​ガデアントン​の​ごうとう​たち​に​かって​て​き、ふたたび​わたしたち​の​ぎ​の​​を​かえした。

    28 だい三百四十九​ねん​が​った。だい三百五十​ねん​に、わたしたち​は​レーマンじん​および​ガデアントン​の​ごうとう​たち​と​条約じょうやく​を​むすび、その​条約じょうやく​に​よって​分割ぶんかつ​された​ぎ​の​​を​た。

    29 ​レーマンじん​は​北方ほっぽう​の​​を、南方なんぽう​の​​に​つうじる​きょう​まで​わたしたち​に​ゆずり、わたしたち​は​南方なんぽう​の​​を​すべて​レーマンじん​に​ゆずった。