モルモン書2
戻る 次へ

第2章

モルモン,ニーファイじんぐんたいひきいる。りゅうけつぎゃくさつひろがる。ニーファイじんばつさだめをけるものくるしみをおもい,なげかなしむ。ニーファイじんのためのゆうる。モルモン,ニーファイのはんす。せんそうつづく。げんやく三百二十七ねんから三百五十ねんいたる。

1 さて,そのおなとしに,ニーファイじんとレーマンじんあいだふたたせんそうはじまった。そして,わたしはわかかったにもかかわらず,たけたかかったので,ニーファイのたみはわたしをかれらのかんに,すなわちかれらのぐんかんにんめいした。

2 そこでわたしは,十六さいになるとしに,ニーファイじんぐんたいひきいてレーマンじんかってった。とう,すでに三百二十六ねんっていた。

3 さて,だい三百二十七ねんに,レーマンじんじょうおおきなちからめてたので,わたしのぐんたいかれらにおびえてたたかおうとせず,きたほうかって退たいきゃくはじめた。

4 そして,わたしたちはアンゴラのまちいて,そのまちせんりょうし,レーマンじんたいしてえいするじゅんをした。わたしたちはちからかぎりそのまちぼうかためた。しかし,わたしたちはぼうかためたにもかかわらず,レーマンじんめられ,そのまちからされた。

5 わたしたちはまた,かれらによってダビデのからもされた。

6 そこで,わたしたちはぐんたいすすめ,かいがんちか西にしさかいにあるヨシュアのいた。

7 そしてわたしたちは,ぶんたちのたみいちだんとしてあつめることができるように,のうなかぎりすみやかにたみあつめた。

8 しかしよ,にはごうとうとレーマンじんちていた。また,ひどいめつぼうがわたしのたみせまっていたにもかかわらず,わたしのたみは,ぶんたちのじゃあくおこないをあらためなかった。そのために,ぜんめんでニーファイじんとレーマンじんそうほうりゅうけつぎゃくさつひろがった。それはぜんめんひろがった一つのかんぜんへんかくであった。

9 さて,レーマンじんにはおうがおり,そのをアロンといった。かれは四まん四千にんぐんたいともなって,わたしたちをめてた。そこでよ,わたしは,四まん二千にんかれらにかった。そして,ぶんぐんたいかれかし,かれはわたしのまえからした。よ,そのようなことがあって,三百三十ねんぎていった。

10 さて,ニーファイじんぶんたちのざいあくあらためるようになり,げんしゃサムエルによってげんされたようにさけはじめた。そのぬすびとごうとうひとごろしがおり,またじゅじゅつほうおこなわれていて,よ,だれもぶんのものをたもっておくことができなかったからである。

11 そのけっ,これらのことのためにぜんなげきとかなしみがこった。しかも,とくにニーファイのたみなかでそれがひどかった。

12 さて,わたしモルモンは,かれらのかなしみとなげきと,しゅまえでのかれらのたんぶりをると,こころなかよろこはじめた。わたしはしゅあわれみとかんようっていたので,しゅかれらにあわれみをかけてくださり,かれらがふたたにかなったたみになるであろうとおもったからである。

13 しかしよ,わたしのこのよろこびはであった。かれらのかなしみは,かみいつくしみをおもってあらためにいたるものではなかった。それはむしろ,かれらにつみのあるままでこうふくになるのをしゅがいつでもゆるそうとなさらないことにたいするかなしみであり,ばつさだけるものかなしみとおなじであった。

14 かれらは,くだかれたこころいるれいをもってイエスのもとにることをせずに,かみのろいぬことをねがった。それでもかれらは,ぶんいのちまもるためにつるぎたたかおうとした。

15 そこで,わたしのかなしみがふたたもどってきた。わたしは,かれらのためのゆうが,このてきにもれいてきにもってしまったことをったのである。わたしのたみが,なんぜんにんぶんたちのかみこうぜんそむいたじょうたいたおされ,ふんのようにおもてげられているのをたからである。このようにして,三百四十四ねんった。

16 さて,ニーファイじんだい三百四十五ねんにレーマンじんまえからはじめ,ついげきされて,とうとうジェションのいたった。レーマンじんは,退たいきゃくしているニーファイじんをそのまでめることができなかった。

17 ところで,ジェションのまちは,アマロンがしゅたくしてかずかずろくかくしてそこなわれないようにしたちかくにあった。そこでよ,わたしは,アマロンのことのとおりにってニーファイのはんし,アマロンのことしたがってろくした。

18 わたしはニーファイのはんに,あらゆるあくまわしいおこないをのこらずろくした。しかし,このはんかれらのあらゆるあくまわしいおこないをのこらずろくすることはひかえた。それはよ,わたしがひとみちじゅうぶんられるようになってらい,いつもあくまわしいおこないがわたしのまええなかったからである。

19 かれらのあくのためにわたしはかなしい。かれらのあくのために,わたしのこころいつもかなしみにたされてきた。それでも,わたしはぶんわりのたかげられることをっている。

20 さてこのとしに,ニーファイじんふたたされ,われた。そして,わたしたちはほっぽうへ,セムとばれるくまでてられた。

21 そしてわたしたちは,セムのまちぼうかため,わたしたちのたみめつぼうからすくえるように,できるだけおおぜいたみあつめた。

22 さて,だい三百四十六ねんに,レーマンじんふたたびわたしたちをはじめた。

23 そこでわたしは,ぶんたみかたり,レーマンじんまえだんとしてちはだかってぶんたちのさいいえていまもるためにたたかように,おおいにちからめてかれらにすすめた。

24 するとかれらは,わたしのことしょうふるったので,レーマンじんまえからげることなく,いさましくかれらにかった。

25 そしてわたしたちは,三まんにんぐんたいで五まんにんぐんたいたたかい,かれらがわたしたちのまえからすほどにしっかりとかれらのまえちはだかった。

26 そして,かれらがすと,わたしたちはぐんたいひきいてついげきし,ふたたかれらとたたかいをまじえて,かれらをかした。それでも,しゅちからはわたしたちにともなっていなかった。しゅたまはわたしたちのうちにとどまっておらず,ぶんちからたよるしかなかったので,わたしたちはすでに同胞はらからのようによわくなっていた。

27 わたしのたみけたこのおおきなわざわいと,またたみあくまわしいおこないのために,わたしのこころかなしみにしずんだ。しかしよ,わたしたちは,レーマンじんとガデアントンのごうとうたちにかってき,ふたたびわたしたちのぎのかえした。

28 だい三百四十九ねんった。だい三百五十ねんに,わたしたちはレーマンじんおよびガデアントンのごうとうたちとじょうやくむすび,そのじょうやくによってぶんかつされたぎのた。

29 レーマンじんほっぽうを,なんぽうつうじるきょうまでわたしたちにゆずり,わたしたちはなんぽうをすべてレーマンじんゆずった。