モルモン書 3
    脚注
    Theme

    第​3​章

    モルモン、ニーファイじん​に​あらため​を​さけぶ。ニーファイじんだいしょう​を​おさめ、ぶんしん​の​つよさ​を​ほこる。モルモン、たみ​の​​を​る​こと​を​ことわる。モルモン、いのり​が​かなえられる​と​いう​しんこう​の​ない​まま​たみ​の​ため​に​いのる。『モルモンしょ』​は、ふくいん​を​しんじる​よう​に​イスラエル​の​じゅうぞく​を​まねく​もの​で​ある。げんやく​三百六十​ねん​から​三百六十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、レーマンじん​は​ふたたび​めて​る​こと​なく​十​ねん​が​った。よ、その​あいだ​に、わたし​は​ぶん​の​たみ、ニーファイじん​を​使つかい、たたかい​の​とき​の​ため​に​​と​​を​そなえ​させた。

    2 ​そして、しゅ​は​わたし​に​われた。「この​たみ​に、『あらためて​わたし​の​もと​に​て​バプテスマ​を​け、わたし​の​きょうかい​を​再建さいけん​しなさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​すくわれる』​と​宣言せんげん​しなさい。」

    3 ​そこで​わたし​は​この​たみ​に​宣言せんげん​した​が、​で​あった。これまで​かれら​の​いのち​を​たすけ、かれら​に​あらため​の​かい​を​あたえて​こられた​の​が​しゅ​で​ある​こと​を、かれら​は​さとって​いなかった。そして​よ、かれら​は​しゅ​なる​かみ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​した。

    4 ​さて、この​十​ねん​が​り、キリスト​の​らいりん​から​かぞえて​三百六十​ねん​に​なる​と、レーマンじん​の​おう​が​わたし​に​がみ​を​おくって​きた。そして、かれら​が​ふたたび​わたしたち​を​める​じゅん​を​して​いる​こと​を​らせて​きた。

    5 ​そこで​わたし​は、ぶん​の​たみ​を​デソレション​の​​に、すなわち​南方なんぽう​の​​に​つうじる​きょう​の​そば​の​さかい​の​​に​ある​まち​に​あつめた。

    6 ​わたしたち​は​また、レーマンじん​の​ぐんたい​を​​し、わたしたち​の​​を​すこしも​占領せんりょう​させない​よう​に、ぐんたい​を​はい​した。その​よう​に、わたしたち​は​そうりょく​を​げて​かれら​に​たいする​ぼう​を​かためた。

    7 ​さて、だい三百六十一​ねん​に、レーマンじん​は​わたしたち​と​たたかう​ため​に​デソレション​の​まち​に​くだって​た。しかし​その​とし​に、わたしたち​は​かれら​を​ち​かした​ので、かれら​は​ぶん​たち​の​​へ​かえした。

    8 だい三百六十二​ねん​に、かれら​は​たたかう​ため​に​また​くだって​た​が、わたしたち​は​また​かれら​を​ち​かして​おおぜい​を​ころした。そして、かれら​の​たい​は​う み​に​まれた。

    9 ​ところが、わたし​の​たみ​ニーファイじん​は、この​よう​な​おおきな​せん​を​た​ため、ぶん​たち​の​ちから​を​ほこる​よう​に​なる​と​ともに、また​てき​に​ころされた​同胞はらから​の​​の​ほうふく​を​する​と​てん​の​まえ​に​ちかい​はじめた。

    10 かれら​は​てき​と​たたかう​ため​に​のぼって​って、​の​おもて​から​てき​を​つ​と、てん​に​かけて、また​かみ​の​​に​かけて​ちかった。

    11 ​そこで​わたし​モルモン​は、この​たみ​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に、かれら​の​れいかん​と​なり​かん​と​なる​こと​を、この​とき​らい​きっぱり​と​ことわる​よう​に​した。

    12 よ、わたし​は​これまで​かれら​を​みちびいて​きた。かれら​の​あく​が​あった​に​も​かかわらず、わたし​は​なん​も​かれら​を​ひきいて​たたかい、また​わたし​の​うち​に​ある​かみ​の​あい​に​よって、こころ​を​くして​かれら​を​あいして​きた。また、かれら​の​ため​に​しゅうじつこころ​を​そそぎ​して​かみ​に​いのった。それでも、かれら​の​こころ​が​かたくな​で​あった​ので、いのり​が​かなえられる​と​いう​しんこう​は​わたし​に​なかった。

    13 ​わたし​は​これまで​三​たみ​を​てき​の​​から​すくい​した​が、かれら​は​ぶん​たち​の​つみ​を​あらためなかった。

    14 ​そして​かれら​が、わたしたち​の​しゅ​で​あり​すくぬし​で​ある​イエス・​キリスト​に​よって​きんじられて​いた、すべて​の​もの​に​かけて、ぶん​たち​は​てき​の​ところ​に​のぼって​って​たたかい、同胞はらから​の​​の​ほうふく​を​する​と​ちかった​とき、よ、しゅ​の​こえ​が​わたし​に​こえて​こう​われた。

    15 ほうふく​は​わたし​の​する​こと​で​ある。わたし​が​ほうふく​する。この​たみ​は​わたし​に​よって​すくい​された​のち​に​あらためなかった​ので、よ、​の​おもて​から​たれる。」

    16 ​さて、わたし​は​てき​に​かって​のぼって​く​こと​を​きっぱり​と​ことわり、しゅ​から​めいじられた​とおり​に​した。わたし​は、将来しょうらいこる​こと​に​ついて​あかし​を​された​たま​の​しめし​の​とおり​に、ぶん​が​き​した​こと​を​​の​人々ひとびと​に​あきらか​に​する​しょうにん​に​なった。

    17 ​したがって、ほうじん​よ、わたし​は​​あなたがた​に​き​つたえる。また、イスラエル​の​いえ​よ、あなたがた​が​ぶん​の​ぎ​の​​に​かえる​よう​を​する、その​わざ​が​はじまる​とき​に​める​よう​に、あなたがた​に​も​き​つたえる。

    18 ​まことに​よ、わたし​は​​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​に​き​つたえる。イエス​が​エルサレム​の​​で​ぶん​の​​と​なる​よう​に​えらばれた​十二​にん​から、ぶん​の​おこない​に​おうじて​さばき​を​ける​イスラエル​の​じゅうぞく​よ、あなたがた​に​も​き​つたえる。

    19 ​わたし​は​また、この​​で​イエス​が​えらばれた​​十二​にん​から​おなじく​さばき​を​ける、この​たみ​の​のこり​の​もの​に​も​き​つたえる。この​十二​にん​は、イエス​が​エルサレム​の​​で​えらばれた、べつ​の​十二​にん​から​さばき​を​ける​で​あろう。

    20 ​これら​の​こと​は、たま​が​わたし​に​しめして​くださった。そこで、わたし​は​あなたがた​ぜんいん​に​き​つたえる。わたし​が​あなたがた​に​き​つたえる​の​は、あなたがた​ぜんいん​が、まことに​アダム​の​ぜんじんるいぞく​に​ぞくする​すべて​の​ひと​が、キリスト​の​さばき​の​​の​まえ​に​たなければ​ならない​こと、あなたがた​の​おこない​が​い​か​わるい​か、ぶん​の​おこない​に​ついて​さばかれる​ため​に​たなければ​ならない​こと​を、あなたがた​に​らせる​ため​で​あり、

    21 ​また、将来しょうらい​あなたがた​の​なか​に​ある​イエス・​キリスト​の​ふくいん​を、あなたがた​に​しんじ​させる​ため​で​あり、また、しゅ​の​せいやく​の​たみ​で​ある​​ユダヤじん​に、かれら​が​かつて​ころした​イエス​が​​まこと​の​キリスト​で​あり、まこと​の​かみ​で​あられる​こと​を​らせる​こと​に​なって​いる、かれら​の​き​した​しょうにんがい​の​べつ​の​しょうにん​を​あたえる​ため​で​ある。

    22 ​わたし​は​​の​て​に​いたる​​すべて​の​ひと​に、あらためて​キリスト​の​さばき​の​​に​つ​そなえ​を​する​よう​に​き​すすめる​こと​が​できれ​ば​と​ねがって​いる。