モルモン書 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    せんそう​と​虐殺ぎゃくさつ​が​つづく。あくにん​が​あくにん​を​ばっする。これまで​イスラエル​全体ぜんたい​の​どこ​に​も​なかった​ひどい​あく​が​ひろがる。おんなども​が​ぐうぞう​の​いけにえ​に​される。レーマンじん、ニーファイじん​を​いっそう​し​はじめる。げんやく​三百六十三​ねん​から​三百七十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい三百六十三​ねん​に、ニーファイじん​は​レーマンじん​と​たたかう​ため​に、デソレション​の​​から​かれら​の​ぐんたい​と​ともに​のぼって​った。

    2 ​さて、ニーファイじん​の​ぐんたい​は​デソレション​の​​に​かえされた。そして、かれら​が​まだ​つかれて​いる​うち​に、レーマンじん​の​あら​の​ぐんたい​が​かれら​を​めた。そして、はげしい​たたかい​が​あって、レーマンじん​が​デソレション​の​まち​を​占領せんりょう​し、おおく​の​ニーファイじん​を​ころし、おおく​の​もの​を​りょ​に​した。

    3 のこり​の​もの​は​げて、テアンクム​の​まち​に​む​もの​たち​に​ごうりゅう​した。テアンクム​の​まち​は​海岸かいがん​に​ちかい​さかい​の​​に​あり、デソレション​の​まち​に​も​ちかかった。

    4 ​ニーファイじん​が​たれ​はじめた​の​は、かれら​の​ぐんたい​が​レーマンじん​の​ところ​に​のぼって​った​ため​で​ある。もし​その​よう​に​しなければ、レーマンじん​は​ニーファイじん​を​はい​する​けんりょく​を​てなかった​で​あろう。

    5 ​しかし​よ、かみ​の​さばき​は​あくにん​に​くだる。そして、あくにん​に​よって​あくにん​が​ばっ​せられる。ひと​の​ら​の​こころ​を​あおり​てて​りゅうけつ​を​しょうじ​させる​の​は​あくにん​だから​で​ある。

    6 ​さて、レーマンじん​は​テアンクム​の​まち​を​める​じゅん​を​ととのえ、

    7 ​そして、だい三百六十四​ねん​に、テアンクム​の​まち​も​占領せんりょう​しよう​と​して、テアンクム​の​まち​を​めた。

    8 ​さて、かれら​は​ニーファイじん​に​よって​撃退げきたい​され、かえされた。すると​ニーファイじん​は、ぶん​たち​が​レーマンじん​を​はらった​の​を​て、またもや​ぶん​たち​の​ちから​を​ほこった。そして​かれら​は、ぶん​の​ちから​だけ​に​たよって​て​き、デソレション​の​まち​を​もう​いちかえした。

    9 ​さて、この​よう​な​こと​が​わって​みる​と、そうほう​で、すなわち、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​両方りょうほう​で​なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​せん​して​いた。

    10 ​さて、だい三百六十六​ねん​が​り、レーマンじん​が​また​ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​やって​た。それでも​ニーファイじん​は、ぶん​たち​の​おこなって​きた​あく​を​あらためず、えず​あく​を​つづけて​いた。

    11 ​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​そうほう​の​たみ​の​なか​に​られた、りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​の​すさまじい​ありさま​は、くち​で​べる​こと​が​できず、ひと​が​それ​を​完全かんぜん​に​びょうしゃ​して​しるす​こと​も​のう​で​ある。かれら​は​ひとのこらず​こころ​を​かたくな​に​し、​を​ながす​こと​を​えず​よろこび​と​した。

    12 ​この​たみ​の​なか​に​あった​よう​な​ひどい​あく​は、リーハイ​の​すべて​の​そん​の​なか​に、また​しゅ​の​こと​に​よれ​ば、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​の​なか​に​も、これまで​けっして​なかった。

    13 ​そして、レーマンじん​は​デソレション​の​まち​を​占領せんりょう​した。これ​が​できた​の​は、かれら​の​人数にんずう​が​ニーファイじん​の​人数にんずう​より​も​おおかった​から​で​ある。

    14 ​そして​かれら​は、さらに​テアンクム​の​まち​に​かって​しんぐん​し、その​まち​から​たみ​を​はらい、おんなども​を​おおぜいりょ​に​し、ぶん​たち​の​ぐうぞう​の​かみ​に​いけにえ​として​ささげた。

    15 ​さて、だい三百六十七​ねん​に、ニーファイじん​は​レーマンじん​が​ぶん​たち​の​おんなども​を​いけにえ​に​した​こと​に​はら​を​て、じょう​に​げき​して​レーマンじん​に​かって​った​ので、またもや​レーマンじん​を​ち​かし、かれら​を​ぶん​たち​の​​から​した。

    16 ​そののちだい三百七十五​ねん​まで、レーマンじん​は​ふたたび​ニーファイじん​を​めて​る​こと​は​なかった。

    17 ​しかし​この​とし​に、かれら​は​ぜんぐん​で​ニーファイじん​に​かって​め​くだって​た。かれら​の​人数にんずう​は​あまり​に​も​おおくて、かぞえられなかった。

    18 ​この​とき​らい、ニーファイじん​は​レーマンじん​に​つ​ちから​を​られず、あさ​に​つゆ​が​える​よう​に​レーマンじん​に​よって​いっそう​され​はじめた。

    19 ​そして​レーマンじん​は、デソレション​の​まち​に​め​くだって​た。そして、デソレション​の​​で​じょう​に​はげしい​たたかい​が​あり、その​たたかい​で​レーマンじん​が​ニーファイじん​を​ち​かした。

    20 ​そこで​ニーファイじん​は、レーマンじん​の​まえ​から​また​し、ボアズ​の​まち​に​いたった。そして、かれら​は​そこ​で​じょう​に​いさましく​レーマンじん​に​かった​ので、レーマンじん​は​二​の​こうげき​を​かける​まで​ニーファイじん​を​ち​かせなかった。

    21 ​そして、レーマンじん​が​二​に​め​せた​とき、ニーファイじん​は​はらわれ、じょう​に​おおぜい​の​もの​が​ころされた。さらに​ニーファイじん​の​おんなども​が、また​ぐうぞう​の​いけにえ​に​された。

    22 ​そこで​ニーファイじん​は、かれら​の​まえ​から​また​げ、ほうぼう​の​まち​や​むら​の​すべて​の​たみ​を​いっしょ​に​ともなって​った。

    23 ​わたし​モルモン​は、レーマンじん​が​まさに​ぜん​を​征服せいふく​しよう​と​して​いる​の​を​て、​シム​の​おか​へ​き、アマロン​が​しゅ​に​たくして​かくして​おいた​すべて​の​ろく​を​した。