エレミヤ書44
    脚注

    第44章

    1 エジプトのんでいるユダヤひとすなわちミグドル、タパネス、メンピス、パテロスのものことについてエレミヤにのぞんだ言葉ことば

    2 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、あなたがたはわたしがエルサレムとユダの町々まちまちくだしたわざわいた。よ、これらは今日こんにち、すでにとなってひともない。

    3 これはかれらがあくって、わたしをいからせたことによるのである。すなわちかれらは自分じぶんも、あなたがたも、あなたがたの先祖せんぞたちもらなかった、ほかの神々かみがみって、こうをたき、これにつかえた。

    4 わたしは自分じぶんのしもべであるすべての預言者よげんしゃたちを、しきりにあなたがたにつかわして、『どうか、わたしのみきらうこのにくむべきことをしないように』とわせたけれども、

    5 かれらはかず、みみかたむけず、ほかの神々かみがみこうをたいて、そのあくはなれなかった。

    6 それゆえ、わたしはいかりといきどおりをユダの町々まちまちとエルサレムのちまたにそそぎ、それをいたので、それらは今日こんにちのようにれ、ほろびてしまった。

    7 万軍ばんぐんかみ、イスラエルのかみしゅいまこうわれる、あなたがたはなぜおおいなるあくって自分じぶん自身じしんがいし、ユダのうちから、あなたがたのおとこおんなと、子供こどものみって、ひとりものこらないようにしようとするのか。

    8 なぜあなたがたはそののわざをもってわたしをいからせ、あなたがたがってまうエジプトので、ほかの神々かみがみこうをたいて自分じぶんほろぼし、万国ばんこくのうちに、のろいとなり、はずかしめとなろうとするのか。

    9 ユダのとエルサレムのちまたでったあなたがたの先祖せんぞたちのあく、ユダのおうたちのあく、そのつまたちのあく、およびあなたがた自身じしんあく、あなたがたのつまたちのあくをあなたがたはわすれたのか。

    10 かれらは今日こんにちいたるまでいず、またおそれず、あなたがたとあなたがたの先祖せんぞたちのまえてた、わたしの律法りっぽうとわたしのさだめとにしたがってあゆまないのである。

    11 それゆえ万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、よ、わたしはかおをあなたがたにけてわざわいくだし、ユダの人々ひとびとをことごとくつ。

    12 またわたしは、エジプトのむために、むりにったあのユダののこりのもののぞく。かれらはみなほろぼされてエジプトのたおれる。かれらは、つるぎとききんにほろぼされ、もっとちいさいものからもっとおおいなるものまで、つるぎとききんによってぬ。そして、のろいとなり、恐怖きょうふとなり、ののしりとなり、はずかしめとなる。

    13 わたしはエルサレムをばっしたように、つるぎと、ききんと、疫病えきびょうをもってエジプトにんでいるものばっする。

    14 それゆえ、エジプトのってそこにんでいるユダののこりのもののうち、のがれ、またはのこって、かえまおうとねがうユダのかえものはひとりもない。少数しょうすうののがれるもののほかには、かえってくるものはない」。

    15 そのとき自分じぶんつまがほかの神々かみがみこうをたいたことをっている人々ひとびと、およびそのところっているおんなたちのおおいなる群衆ぐんしゅう、ならびにエジプトののパテロスにんでいるたみはエレミヤにこたえてった、

    16 「あなたがしゅによってわたしたちにべられた言葉ことばは、わたしたちはくことができません。

    17 わたしたちはちかったことをみなおこない、わたしたちが、もとっていたようにこう天后てんこうにたき、またさけをそのまえそそぎます。すなわち、ユダの町々まちまちとエルサレムのちまたで、わたしたちとわたしたちの先祖せんぞたちおよびわたしたちのおうたちと、わたしたちのつかさたちがったようにいたします。そのときには、わたしたちは糧食りょうしょくにはき、しあわせで、わざわいいませんでした。

    18 ところが、わたしたちが、天后てんこうこうをたくことをやめ、さけをそのまえそそがなくなったときから、すべてのものとぼしくなり、つるぎとききんにほろぼされました」。

    19 またおんなたちはった、「わたしたちが天后てんこうこうをたき、さけをそのまえそそぐにあたって、これにかたどってパンをつくり、さけそそいだのは、わたしたちのおっとゆるしたことではありませんか」。

    20 そこでエレミヤは男女だんじょのすべてのひと、およびこのこたえをしたすべてのたみった、

    21 「ユダの町々まちまちとエルサレムのちまたで、あなたがたとあなたがたの先祖せんぞたち、およびあなたがたのおうたちとあなたがたのつかさたち、およびそのたみこうをたいたことは、しゅがこれをわすれず、また、こころにとどめておられることではないか。

    22 しゅはあなたがたのしきわざのため、あなたがたのにくむべきおこないのために、もはやしのぶことができなくなられた。それゆえ、あなたがたの今日こんにちのごとくとなり、おどろきとなり、のろいとなり、ひとのないとなった。

    23 あなたがたがこうをたき、しゅつみおかし、しゅこえしたがわず、その律法りっぽうと、さだめと、あかしにしたがってあゆまなかったので、今日こんにちのようにこのわざわいがあなたがたにのぞんだのである」。

    24 エレミヤはまたすべてのたみおんなたちにった、「あなたがたすべてエジプトのにいるユダの人々ひとびとよ、しゅ言葉ことばきなさい。

    25 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、あなたがたとあなたがたのつまたちはくちい、おこない、『わたしたちは天后てんこうこうをたき、さけそそいでてたちかいをかならずなしげる』とう。それならば、あなたがたのちかいをかため、あなたがたのちかいをなしげなさい。

    26 それゆえ、あなたがたすべてエジプトのにいるユダの人々ひとびとよ、しゅ言葉ことばきなさい。しゅわれる、わたしは自分じぶんおおいなるをさしてちかう、すなわちエジプトのぜんに、ユダの人々ひとびとで、そのくちに、『しゅなるかみきておられる』とって、わたしのをとなえるものは、もはやひとりもないようになる。

    27 よ、わたしはかれらを見守みまもっている、それはさいわいあたえるためではなく、わざわいくだすためである。エジプトのにいるユダの人々ひとびとは、つるぎとききんによってほろえる。

    28 しかし、つるぎをのがれるわずかのものはエジプトのてユダのかえる。そしてユダののこっているたみでエジプトにんだものは、わたしの言葉ことばつか、かれらの言葉ことばつか、いずれであるかをるようになる。

    29 しゅわれる、わたしがこのところであなたがたをばっするしるしはこれである。わたしはこのようにしてわたしがあなたがたにわざわいくだそうとったことかならつことをらせよう。

    30 すなわちしゅはこうわれる、よ、わたしはユダのおうゼデキヤを、そのいのちもとめるてきであるバビロンのおうネブカデレザルのわたしたように、エジプトのおうパロ・ホフラをそのてき、そのいのちもとめるものわたす」。