アルマ書45
戻る 次へ

ヒラマンのだいのニーファイのたみと,かれらのせんそうについてのはなし。ヒラマンがしょうがいつづけたろくによる。

つぎだい四十五-六十二しょうがそれにそうとうする。

第45章

ヒラマン,アルマのことしんじる。アルマ,ニーファイじんめつぼうげんする。アルマ,しゅくふくし,またのろう。アルマ,モーセのようにたまによってげられたとつたえられる。きょうかいなかつのる。げんぜんやく七十三ねん

1 さてよ,しゅふたたてきからすくってくださったので,ニーファイのたみじょうよろこび,しゅなるかみかんしゃをささげた。そして,かれらはおおいにだんじきし,おおいにいのり,じょうおおきなよろこびをもってかみれいはいした。

2 さて,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十九ねんに,アルマはむすヒラマンのところにて,「これまでがれてきたろくについてあなたにかたったことしんじるか」とかれった。

3 そこで,ヒラマンは,「はい,しんじています」とった。

4 すると,アルマはまた,「しょうらいられるイエス・キリストをしんじるか」とった。

5 そこでかれは,「はい。おとうさんのったことをすべてしんじています」とった。

6 すると,アルマはまたかれに,「あなたはわたしのめいじてきたことをまもか」とった。

7 そこでかれは,「はい,めいじられたことを,わたしはこころくしてまもります」とった。

8 すると,アルマはかれった。「あなたはさいわいだ。しゅはあなたをこのさかさせてくださるであろう。

9 よ,あなたにげんしておくことがすこしある。しかし,わたしがあなたにげんすることをおおやけにしてはならない。まことに,わたしがあなたにげんすることは,そのげんじょうじゅするまでおおやけにしてはならない。だから,わたしがげることめなさい。

10 そのことつぎのとおりである。よ,わたしはぶんうちにあるけいれいによってっている。このたみ,ニーファイじんは,イエス・キリストがこのたみしんあらわされるときから四百ねんたつとしんこうおちいる。

11 そのときにかれらはせんそうえきびょう,まことに,きんりゅうけつにし,ついにニーファイのたみぜんめつするであろう。

12 これは,かれらがしんこうになり,またやみわざこうしょくとすべてのざいあくおちいるからである。わたしはあなたにう。かれらがじょうおおきなひかりしきたいしてつみおかすからである。まことに,っておくが,そのからだいだいひとびとぜんいんまえに,このおおきなざいあくこるであろう。

13 そのおおいなるると,よ,いまいるものたち,いまニーファイのたみなかかぞえられているものたちのそんもはやニーファイのたみなかかぞえられないときがすぐにる。

14 そのときにのこって,おおいなるおそるべきほろぼされないものは,しゅばれるしょうすうもののぞいて,みなレーマンじんなかかぞえられ,レーマンじんのようになる。しかも,しゅばれるものたちもレーマンじんわれ,ついにかれらもえてしまう。ざいあくのために,しょうらいこのげんじょうじゅするであろう。」

15 さて,アルマはヒラマンにこれらのことをべたのちかれしゅくふくし,ほかのむすたちをもしゅくふくし,さらにじんのためにをもしゅくふくした。

16 そして,アルマはった。「しゅなるかみわれる。『は,まことにこのあくおこなうあらゆるこくみんぞくこくたみみんぞくたいしてのろわれるあくかんぜんじゅくすとき,かれらはほろびるであろう。』かならずわたしがったようになる。これはかみくだされたのろいであり,しゅくふくだからである。しゅはほんのわずかでも,つみごしにされることはないからである。」

17 アルマはこれらのことかたえると,きょうかいいんを,すなわちそのときからのちしんこうにしっかりとつすべてのひとしゅくふくした。

18 そして,アルマはこれをませると,ミレクのかうようにゼラヘムラのった。ところがそれこうかれしょうそくえてしまった。かれまいそうについてわたしたちはらない。

19 よ,わたしたちがっているのは,かれじんであったということである。また,かれたまによってげられた,すなわち,モーセのようにしゅによってほうむられたというせつきょうかいいんあいだひろまった。しかしよ,せいぶんにはしゅがモーセをぶんのもとにれられたとべられているので,わたしたちはしゅがアルマもれいにあってぶんのもとにれられたとかんがえている。このために,わたしたちはかれまいそうについてなにらないのである。

20 さて,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十九ねんはじめに,ヒラマンはことらせるためにたみなかった。

21 よ,レーマンじんとのせんそうのため,またたみなかにあったおおくのちいさなそうどうのために,かみことたみなからせることと,きょうかいぜんたいにわたってとういつはかることがひつようになったからである。

22 そこで,ヒラマンとかれどうりょうたちは,すべてのに,すなわちニーファイのたみしょゆうしているぜんのすべてのまちふたたきょうかいもうけるためにった。そしてかれらは,ぜんいたところでそれぞれのきょうかいをつかさどるさいきょうにんめいした。

23 そして,ヒラマンとかれどうりょうたちがそれぞれのきょうかいをつかさどるさいきょうにんめいしたのちきょうかいいんなかこり,かれらはヒラマンとかれどうりょうたちのことこころめようとしなくなった。

24 かれらはじょうゆたかにとみつようになったために,こころなかたかぶり,だいこうまんになった。そのため,かれらはますますとみけるようになり,また,かみまえをまっすぐにあゆむようにという,ヒラマンとそのどうりょうたちのことこころめようとしなくなった。