列王紀下二四
    脚注

    第二四章

    エホヤキムのにバビロンのおうネブカデネザルがのぼってきたので、エホヤキムはかれ隷属れいぞくして三ねんたが、ついにひるがえってかれにそむいた。

    しゅはカルデヤびとの略奪りゃくだつたい、スリヤびとの略奪りゃくだつたい、モアブびとの略奪りゃくだつたい、アンモンびとの略奪りゃくだつたいをつかわしてエホヤキムをめられた。すなわちユダをめ、これをほろぼすためにかれらをつかわされた。しゅがそのしもべである預言者よげんしゃたちによってかたられた言葉ことばのとおりである。

    これはまったしゅいのちによってユダにのぞんだもので、ユダをしゅまえからはらのぞくためであった。すなわちマナセがすべておこなったそのつみのため、

    またかれつみなきひとながし、つみなきひとをエルサレムにたしたためであって、しゅはそのつみをゆるそうとはされなかった。

    エホヤキムのその事績じせきと、かれがおこなったすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

    エホヤキムは先祖せんぞたちとともにねむり、そのエホヤキンがかわっておうとなった。

    エジプトのおうふたたびそのくにからてこなかった。バビロンのおうがエジプトのかわからユフラテかわまで、すべてエジプトのおうぞくするものをったからである。

    エホヤキンはおうとなったとき十八さいで、エルサレムで三かげつあいだおさめた。はははエルサレムのエルナタンのむすめで、をネホシタといった。

    エホヤキンはすべてそのちちがおこなったようにしゅまえあくおこなった。

    一〇 そのころ、バビロンのおうネブカデネザルの家来けらいたちはエルサレムにのぼって、まちかこんだ。

    一一 その家来けらいたちがまちかこんでいたとき、バビロンのおうネブカデネザルもまたまちめてきた。

    一二 ユダのおうエホヤキンはそのはは、その家来けらい、そのつかさたち、および侍従じじゅうたちとともて、バビロンのおう降服こうふくしたので、バビロンのおうかれ捕虜ほりょとした。これはネブカデネザルの治世ちせいだいねんであった。

    一三 かれはまたしゅみやのもろもろの宝物ほうもつおよびおういえ宝物ほうもつをことごとくし、イスラエルのおうソロモンがつくってしゅ神殿しんでんいたもろもろのきんうつわりこわした。しゅわれたとおりである。

    一四 かれはまたエルサレムのすべての市民しみん、およびすべてのつかさとすべての勇士ゆうし、ならびにすべての木工もっこう鍛冶かじ一万にんとらえてった。のこったものくにたみまずしいもののみであった。

    一五 さらにかれはエホヤキンをバビロンにとらえてき、またおうははおうつまたち、および侍従じじゅうくにのうちのおもな人々ひとびとをも、エルサレムからバビロンへとらえてった。

    一六 またバビロンのおうはすべて勇敢ゆうかんもの七千にん木工もっこう鍛冶かじ一千にんならびにつよくてたたかものをみなとらえてバビロンへれてった。

    一七 そしてバビロンのおうはエホヤキンのちち兄弟きょうだいマッタニヤをおうとしてエホヤキンにえ、をゼデキヤとあらためた。

    一八 ゼデキヤは二十一さいおうとなり、エルサレムで十一ねんあいだおさめた。はははリブナのエレミヤのむすめで、をハムタルといった。

    一九 ゼデキヤはすべてエホヤキムがおこなったようにしゅまえあくおこなった。

    二〇 エルサレムとユダにこのようなことったのはしゅいかりによるので、しゅはついにかれらをみまえからはらいすてられた。さてゼデキヤはバビロンのおうにそむいた。