イザヤ書55
    脚注
    Theme

    第55章

    1 「さあ、かわいているものはみなみずにきたれ。かねのないものもきたれ。もとめてべよ。あなたがたはて、かねさずに、ただでぶどうしゅちちとをもとめよ。

    2 なぜ、あなたがたは、かてにもならぬもののためにかねついやし、きることもできぬもののためにろうするのか。わたしによくしたがえ。そうすれば、ものべることができ、もっとゆたかな食物しょくもつで、自分じぶんたのしませることができる。

    3 みみかたむけ、わたしにきてけ。そうすれば、あなたがたはきることができる。わたしは、あなたがたと、とこしえの契約けいやくてて、ダビデに約束やくそくしたかわらないたしかなめぐみをあたえる。

    4 よ、わたしはかれてて、もろもろのたみへの証人しょうにんとし、また、もろもろのたみきみとし、命令めいれいするものとした。

    5 よ、あなたはらない国民くにたみまねく、あなたをらない国民くにたみはあなたのもとにはしってくる。これはあなたのかみしゅ、イスラエルの聖者せいじゃのゆえであり、しゅがあなたに光栄こうえいあたえられたからである。

    6 あなたがたはしゅにおいすることのできるうちに、しゅたずねよ。ちかくおられるうちにもとめよ。

    7 しきものはそのみちて、ただしからぬひとはそのおもいをてて、しゅかえれ。そうすれば、しゅかれにあわれみをほどこされる。われわれのかみかえれ、しゅゆたかにゆるしをあたえられる。

    8 わがおもいは、あなたがたのおもいとはことなり、わがみちは、あなたがたのみちとはことなっているとしゅわれる。

    9 てんよりもたかいように、わがみちは、あなたがたのみちよりもたかく、わがおもいは、あなたがたのおもいよりもたかい。

    10 てんからあめり、ゆきちてまたかえらず、うるおしてものえさせ、させて、たねまくものたねあたえ、べるものにかてをあたえる。

    11 このように、わがくちから言葉ことばも、むなしくわたしにかえらない。わたしのよろこぶところのことをなし、わたしがめいおくったことはたす。

    12 あなたがたはよろこびをもっててきて、やすらかにみちびかれてく。やまおかとはあなたのまえこえはなってよろこうたい、にあるはみなつ。

    13 いとすぎは、いばらにかわってえ、ミルトスのは、おどろにかわってえる。これはしゅ記念きねんとなり、また、とこしえのしるしとなって、えることはない」。