聖典
イザヤ書38

第38章

1 そのころヒゼキヤは病気びょうきになってにかかっていた。アモツの預言者よげんしゃイザヤはかれのところにった、「しゅはこうおおせられます、あなたのいえととのえておきなさい。あなたはにます、きながらえることはできません」。

2 そこでヒゼキヤはかおかべけてしゅいのってった、

3 「ああしゅよ、ねがわくは、わたしが真実しんじつ真心まごころとをもって、みまえあゆみ、あなたのにかなうことおこなったのをおぼえてください」。そしてヒゼキヤはひどくいた。

4 そのときしゅ言葉ことばがイザヤにのぞんでった、

5 って、ヒゼキヤにいなさい、『あなたのちちダビデのかみしゅはこうおおせられます、「わたしはあなたのいのりいた。あなたのなみだた。よ、わたしはあなたのよわいを十五ねんそう。

6 わたしはあなたと、このまちとをアッスリヤのおうからすくい、このまちまもろう」。

7 しゅ約束やくそくされたことをおこなわれることについては、あなたはしゅからこのしるしをる。

8 よ、わたしはアハズの時計どけいうえすすんだ日影ひかげを十退しりぞかせよう』」。すると日時計ひどけいうえすすんだ日影ひかげが十退しりぞいた。

9 つぎ言葉ことばはユダのおうヒゼキヤが病気びょうきになって、その病気びょうきなおったのちきしるしたものである。

10 わたしはった、わたしはわが一生いっしょうのまっさかりに、らなければならない。わたしは陰府よみもんざされて、わがのこりのとしうしなわなければならない。

11 わたしはった、わたしはけるもので、しゅることなく、におる人々ひとびとのうちに、ふたたひとることがない。

12 わがすまいはられて羊飼ひつじかい天幕てんまくのようにわたしをはなれる。わたしは、わがいのちはたりのようにいた。かれはわたしをはたからはなす。あなたはあさからゆうまでのあいだに、わたしをほろぼされる。

13 わたしはあさまでさけんだ。しゅはししのようにわがほねをことごとくくだかれる。あなたはあさからゆうまでのあいだに、わたしをほろぼされる。

14 わたしは、つばめのように、つるのようにき、はとのようにうめき、わがうえおとろえる。しゅよ、わたしは、しえたげられています。どうか、わたしの保証人ほしょうにんとなってください。

15 しかし、わたしはなにうことができましょう。しゅはわたしにわれ、かつ、みずからそれをなされたからである。わがたましいくるしみによって、わがねむりはことごとくった。

16 しゅよ、これらのことによってひときる。わがれいいのちもすべてこれらのことによる。どうか、わたしをいやし、わたしをかしてください。

17 よ、わたしがおおいなるくるしみにあったのは、わが幸福こうふくのためであった。あなたはわがいのちきとめて、ほろびのあなをまぬかれさせられた。これは、あなたがわがつみをことごとく、あなたののちてられたからである。

18 陰府よみは、あなたに感謝かんしゃすることはできない。はあなたをさんびすることはできない。はかにくだるものは、あなたのまことをのぞむことはできない。

19 ただけるものけるもののみ、きょう、わたしがするように、あなたに感謝かんしゃする。ちちはあなたのまことを、そのらにらせる。

20 しゅはわたしをすくわれる。われわれはにあるかぎり、しゅいえことにあわせて、うたをうたおう。

21 イザヤはった、「いちじくのひとかたまりをってこさせ、それを腫物はれものにつけなさい。そうすればなおるでしょう」。

22 ヒゼキヤはまたった、「わたしがしゅいえのぼることについて、どんなしるしがありましょうか」。