イザヤ書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 アモツのイザヤがユダとエルサレムについてしめされた言葉ことば

    2 おわりのつぎのことがおこる。しゅいえやまは、もろもろのやまのかしらとしてかたち、もろもろのみねよりもたかくそびえ、すべてくにはこれにながれてき、

    3 おおくのたみう、「さあ、われわれはしゅやまのぼり、ヤコブのかみいえこう。かれはそのみちをわれわれにおしえられる、われわれはそのみちあゆもう」と。律法りっぽうはシオンからしゅ言葉ことばはエルサレムからるからである。

    4 かれはもろもろのくにのあいだにさばきをおこない、おおくのたみのために仲裁ちゅうさいたれる。こうしてかれらはそのつるぎをちかえて、すきとし、そのやりをちかえて、かまとし、くにくににむかって、つるぎをあげず、かれらはもはやたたかいのことをまなばない。

    5 ヤコブのいえよ、さあ、われわれはしゅひかりあゆもう。

    6 あなたはあなたのたみヤコブのいえてられた。これはかれらがひがしくにからのうらなをもってたし、ペリシテびとのようにうらなしゃとなり、外国がいこくじん同盟どうめいむすんだからである。

    7 かれらのくにには金銀きんぎんち、その財宝ざいほうかぎりない。またかれらのくににはうまち、その戦車せんしゃかぎりない。

    8 またかれらのくにには偶像ぐうぞうち、かれらはそののわざをおがみ、そのゆびつくったものをおがむ。

    9 こうしてひとはかがめられ、人々ひとびとひくくされる。どうかかれらをおゆるしにならぬように。

    10 あなたはいわあいだにはいり、ちりのなかにかくれて、しゅおそるべきみまえと、その威光いこうかがやきとをけよ。

    11 そのにはをあげてたかぶるものひくくせられ、おごるひとはかがめられ、しゅのみたかくあげられる。

    12 これは、万軍ばんぐんしゅの一にちがあって、すべてほこものたかぶるもの、すべておのれをたかくするもの得意とくいものとにのぞむからである。

    13 またレバノンのたかくそびえるすべての香柏こうはく、バシャンのすべてのかしの

    14 またすべてのたか山々やまやま、すべてのそびえ峰々みねみね

    15 すべてのたかきやぐら、すべての堅固けんご城壁じょうへき

    16 タルシシのすべてのふね、すべてのうるわしい船舶せんぱくのぞむ。

    17 そのにはたかぶるものはかがめられ、おごるひとひくくせられ、しゅのみたかくあげられる。

    18 こうして偶像ぐうぞうはことごとくほろびうせる。

    19 しゅっておびやかされるとき、人々ひとびといわのほらあなにはいり、またあなにはいって、しゅおそるべきみまえと、その威光いこうかがやきとをける。

    20 その人々ひとびとおがむためにみずからつくったしろがねの偶像ぐうぞうと、こがねの偶像ぐうぞうとを、もぐらもちと、こうもりにあたえ、

    21 いわのほらあなや、がけのにはいり、しゅっておびやかされるとき、しゅおそるべきみまえと、その威光いこうかがやきとをける。

    22 あなたがたははなからいき出入でいりするひとに、たよることをやめよ、このようなものはなんの価値かちがあろうか。