イザヤ書16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 かれらはセラから荒野あらのみちによって小羊こひつじをシオンのむすめやまおくり、くにのつかさにおさめた。

    2 モアブのむすめらはアルノンのわたしで、さまようとりのように、われたひなのようである。

    3 あいはかって、ことさだめよ。真昼まひるなかでも、あなたのかげよるのようにし、さすらいひとかくし、のがれてものをわたさず、

    4 モアブのさすらいひとを、あなたのうちにやどらせ、かれらのどころとなって、ほろぼすものからのがれさせよ。しえたげるものがなくなり、ほろぼすものえ、みにじるものからたれたとき、

    5 一つの玉座ぎょくざがいつくしみによってかたてられ、ダビデの幕屋まくやにあって、さばきをなし、公平こうへいもとめ、正義せいぎおこなうに、すみやかなるもの真実しんじつをもってそのうえする」。

    6 われわれはモアブのたかぶりのことをいた、そのたかぶることは、はなはだしい。われわれはそのほこりと、たかぶりと、そのおごりとのことをいた、その自慢じまんいつわりである。

    7 それゆえ、モアブはさけべ、たみはみなモアブのためにさけべ。まったちのめされて、キルハレセテのほしぶどうのためになげけ。

    8 ヘシボンのはたけと、シブマのぶどうのとは、しぼみおとろえた。国々くにぐにのもろもろのしゅが、そのえだおとしたからである。そのえだはさきにはヤゼルまでいたり、荒野あらのにまではびこり、そのつるはひろがってうみえた。

    9 それゆえ、わたしはヤゼルとともに、シブマのぶどうののためにく。ヘシボンよ、エレアレよ、わたしはなみだをもってあなたをひたす。ときのこえが、あなたの果実かじつと、あなたの収穫しゅうかくうえにふりかかってきたからである。

    10 よろこびとたのしみとはつちえたはたけからられ、ぶどうはたけにはうたうことなく、よろこばわることなく、さかぶねをんでさけしぼものなく、ぶどうの収穫しゅうかくよろここえはやんだ。

    11 それゆえ、わがたましいはモアブのために、わがこころはキルハレスのために、ことのようにりひびく。

    12 モアブがたかところて、おのれをつかれさせ、またその聖所せいじょにきていのっても、効果こうかはない。

    13 これはしゅがさきにモアブについてかたられたみ言葉ことばである。

    14 しかしいましゅかたってわれる、「モアブのさかえはそのおおいなる群衆ぐんしゅうにもかかわらず、雇人やといにん年期ねんきとひとしく三ねんのうちに、はずかしめをけ、のこれるものはまことにすくなく、ちからがない」。