モーサヤ書4
戻る 次へ

第4章

ベニヤミンおうせっきょうつづける。しょくざいのゆえにすくいがおよぶ。すくわれるようにかみしんじること。ちゅうじつであることによってつみゆるしをたもつこと。まずしいものものあたえること。けんめいちつじょただしくすべてのことをおこなうこと。げんぜんやく百二十四ねん

1 さて,ベニヤミンおうが,しゅてん使からげられたことかたえて,ぐんしゅうわたしたところ,よ,かれらはしていた。しゅへのおそかれらにしょうじたからである。

2 そしてかれらは,ぶんたちがこのてきじょうたいにあり,だいのちりよりもおとっているとおもった。そしてかれらはみなこえわせておおごえさけんだ。「おお,あわれんでください。わたしたちがつみゆるしをけてこころきよめられるように,キリストのあがなこうりょくおよぼしてください。わたしたちは,てんばんぶつそうぞうされ,またしょうらいひとらのなかくだってられるかみおんイエス・キリストをしんじています。」

3 そして,かれらがこれらのことかたえると,しゅたまかれらにくだられた。そしてかれらは,つみゆるけ,りょうしんやすらぎをたので,よろこびにたされた。それは,かれらがベニヤミンおうかたったことのとおりに,しょうらいられるイエス・キリストをふかしんじたためである。

4 それからベニヤミンおうは,ふたたくちひらいてかれらにかたはじめた。「わたしのともよ,わたしの同胞はらからよ,わたしのしんぞくよ,わたしのたみよ,これからわたしがかたこといてかいできるように,もういちあなたがたのちゅううながしたい。

5 よ,もしもいま,あなたがたがかみいつくしみをったことで,ぶんたちをりょくものちのないものらくしたじょうたいにあるものかんじるようになっているならば,

6 あなたがたにうが,もしあなたがたが,かみいつくしみとかみのたぐいないちからかみかみにんたいひとらへのかみかんようようになり,またしゅたよしゅいましめをねっしんまもって,ぶんしょうがい,すなわち,すべきからだしょうがいさいまでしんこうつづけるひとすくいがあたえられるように,はじめからしょくざいそなえられてきたことをもるようになったならば,

7 わたしはうが,そのひとは,アダムのらくらいこのんだ,あるいはげんざいんでいる,あるいはわりまでにぜんじんるいのために,はじめからそなえられたしょくざいによってすくいをけるひとである。

8 これがすくいがあたえられるほうほうである。これまでかたってきたこのことのほかにどのようなすくいもなく,わたしがあなたがたにべてきたじょうけんのほかにひとすくわれるじょうけんはない。

9 かみしんじなさい。かみがましますことと,かみてんばんぶつそうぞうされたことをしんじなさい。かみはすべてのそなえ,またてんりょうほういっさいけんっておられることをしんじなさい。さらに,ひとしゅかいされることがらすべてはかいしないということをしんじなさい。

10 さらにあなたがたは,つみあらためてそのつみて,かみまえにへりくだらなければならないことをしんじなさい。そして,かみがあなたがたをゆるしてくださるようにごころからもとめなさい。これらのことをすべてしんじるならば,かならずそれをじっこうしなさい。

11 そしてふたたび,すでにかたったように,わたしはあなたがたにう。あなたがたはすでにかみえいこうるようになったので,すなわち,かみいつくしみをり,かみあいあじわいこころにこのようなじょうおおきなよろこびをあたえたつみゆるけたので,こんかみだいさとぶんしんりょく,それにるにりないにんげんであるあなたがたにたいするかみいつくしみかんよう,これらをおぼえて,いつもおくにとどめておくようにしてほしい。また,しんそこけんそんにへりくだって,しゅてん使くちとおしてかたられたしょうらいごとかっとしてしんつづけてほしい。

12 そしてよ,わたしはあなたがたにう。あなたがたがこのようにするならば,いつもよろこびをかんじ,かみあいたされ,またいつもつみゆるしをたもてるであろう。またあなたがたをつくられたかたえいこう,すなわち,ただしくしんじつことがらをますまするようになるであろう。

13 またあなたがたは,たがいにきずつけこころたず,へいらし,あらゆるひとにそのひととうぜんけるべきものをあたえたいとおもうようになるであろう。

14 またあなたがたは,ぶんどもたちえていたり,ものがなかったりするのをほうってはおかないであろう。あなたがたはどもたちがかみりっぽうそむくのも,たがいにたたかのも,あらそうのもほうってはおかないであろう。また,つみかしらであるあく,すなわち,わたしたちのせんかたってきたあくれいであり,あらゆるてきであるあくつかえることもゆるさないであろう。

15 むしろあなたがたは,かれらにしんみちをまじめにあゆようにおしえるであろう。たがいにあいい,たがいにつかうようにおしえるであろう。

16 そしてまた,あなたがたはぶんしんでも,たすけをひつようとしているひとたすとぼしいひとぶんものあたえるであろう。また,ものがあなたがたにねがうのにおうじないで,はらってなせるようなことをしないであろう。

17 あるいは,あなたがたはつぎのようにかもしれない。『そのひとぶんでそのこうまねいたのだから,わたしはべない。かれくるしまなくてむようにしょくもつあたえることはしないし,ものけることもしない。かればつけるのはとうぜんなのだから。』

18 しかし,おお,ひとびとよ,わたしはあなたがたにう。このようにするものはだれでも,おおいにあらためるひつようがある。このようなものは,ぶんおこなってきたことをあらためなければ,とこしえにほろびて,かみおうこくにあずかることはない。

19 よ,わたしたちはみなものいではないだろうか。わたしたちはみなっているすべてのものについて,すなわちしょくもつふくも,きんぎんも,そのほかっているあらゆるとみについて,どういつかた,すなわちかみぞんしてはいないだろうか。

20 そしてよ,いまでさえあなたがたはかみび,つみゆるしをねがっている。かみはあなたがたがねがうのにおうじないで,ながしてこられただろうか。いや,かみはあなたがたにたまそそぎ,あなたがたのこころよろこたし,あなたがたがかたこといだせないでくちをつぐむほどにされた。それほどあなたがたのよろこびがじょうおおきかったのである。

21 さて,もしもあなたがたをつくられたかみ,あなたがたがぶんいのちについてもぶんもののうりょくのすべてについてもたよっているかみが,あなたがたがかならあたえられるとしんじて,しんこうをもってもとめるせいとうなものを,なんでもすべてあたえてくださるとすれば,ましてあなたがたは,ぶんたちのっているものをたがいにかちってとうぜんではないだろうか。

22 また,まぬがれるためにものいをするひとを,あなたがたがさばいてつみさだめるならば,ぶんものあたえないことでつみさだめられることのほうが,もっとにかなってはいないだろうか。あなたがたのものはあなたがたのものではなく,かみのものであり,いのちもまたかみのものである。にもかかわらず,あなたがたはかみにまったくものいをせず,ぶんおこなってきたことをあらためもしない。

23 わたしはあなたがたにう。そのようなものわざわいである。そのものはそのものとともにほろびるからである。わたしはこれらのことを,こののものにんでいるものたちにげる。

24 さらに,わたしは,めるほどではないが,せいかつにはりるほどのものっているあなたがたまずしいひとびと,すなわち,ぶんにはないからということで,ものいにあたえることをことわるあなたがたにう。あなたがたはこころなかで,『わたしにはないのであたえないが,もしあればあたえるであろう』とうようにしてほしい。

25 さて,こころなかでこううかぎりぜんとしてつみはない。そうでなければつみさだめられる。まだていないものをむさぼるのであるから,つみせんこくけてとうぜんである。

26 さて,あなたがたにかたってきたこれらのことのために,すなわち,かみまえつみなくあゆめるよう,つみゆるしをつづけてけるために,ぶんっているぶんおうじて,それぞれものまずしいひとあたえるようにしてほしい。たとえば,えているひとべさせ,もののないひとせ,びょうにんい,おのおのようおうじてれいてきにもぶっしつてきにもたすけをあたえることである。

27 これらのことはすべて,けんめいちつじょただしくおこなうようにしなさい。ひとぶんちからじょうはやはしることはようきゅうされてはいないからである。しかしまた,しょうるためにきんべんはげむのはひつようなことである。したがって,なにごとちつじょただしくおこなうようにしなさい。

28 また,このことをおぼえておいてほしい。あなたがたはだれであっても,りんじんからものりたなら,そのものやくそくどおりにかえすようにしなければならない。そうでなければ,ぶんつみおかすばかりでなく,おそらくりんじんにもつみおかさせることになる。

29 さいうが,あなたがたがつみおかすもとになることをすべてげることはできない。そのほうほうしゅだんはいろいろあって,かぞげられないほどおおいからである。

30 しかし,これだけはえる。もしぶんしんぶんおもことおこないにちゅうはらわず,かみいましめをまもらず,しゅらいりんについていたことがらしょうがいさいまでしんつづけないならば,あなたがたはほろびるにちがいない。おお,ひとびとよ,おぼえておきなさい。ほろびてはならない。」