エレミヤ書8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 しゅわれる、そのときユダのおうたちのほねと、そのつかさたちのほねと、祭司さいしたちのほねと、預言者よげんしゃたちのほねと、エルサレムに人々ひとびとほねはかよりされて、

    2 かれらのあいし、つかえ、したがい、もとめ、またおがんだ、つきてんしゅうぐんまえにさらされる。そのほねあつめるものほうむものもなく、のおもてに糞土ふんどのようになる。

    3 このしきたみのうちののこっているのこりのものはみな、わたしがいやった場所ばしょで、きることよりもぬことをねがうようになると、万軍ばんぐんしゅわれる。

    4 あなたはかれらにわなければならない。しゅはこうおおせられる、ひとたおれたならば、またきあがらないであろうか。はなれていったならば、かえってこないであろうか。

    5 それにどうしてこのたみは、つねにそむいてはなれていくのか。かれらはいつわりをかたくとらえて、かえってくることをこばんでいる。

    6 わたしはをつけていたが、かれらはただしくはかたらなかった。そのあくいて、『わたしのしたことなにか』というものはひとりもない。かれらはみな戦場せんじょうに、はせうまのように、自分じぶんのすきなみちかう。

    7 そらのこうのとりでもそのときり、やまばとと、つばめと、つるはそのときまもる。しかしわがたみしゅのおきてをらない。

    8 どうしてあなたがたは、『われわれには知恵ちえがある、しゅのおきてがある』とうことができようか。よ、まことに書記しょきいつわりのふでがこれをいつわりにしたのだ。

    9 知恵ちえあるものは、はずかしめられ、あわてふためき、とらえられる。よ、かれらはしゅ言葉ことばてた、かれらになんの知恵ちえがあろうか。

    10 それゆえ、わたしはかれらのつま他人たにんあたえ、そのはたけ征服せいふくしゃあたえる。それはかれらがちいさいものからおおきいものにいたるまで、みな不正ふせいをむさぼり、預言者よげんしゃから祭司さいしにいたるまで、みないつわりをっているからである。

    11 かれらは手軽てがるに、わたしのたみきずをいやし、平安へいあんがないのに、『平安へいあん平安へいあん』とっている。

    12 かれらはにくむべきことをして、じたであろうか。すこしもずかしいとはおもわず、またじることをらなかった。それゆえかれらはたおれるものともたおれる。わたしがかれらをばっするとき、かれらはたおれると、しゅわれる。

    13 しゅわれる、わたしがあつめようとおもうとき、ぶどうのにぶどうはなく、いちじくのに、いちじくはなく、さえ、しぼんでいる。わたしがかれらにあたえたものも、かれらをはなれて、うせった」。

    14 どうしてわれわれはなすこともなくしているのか。あつまって、堅固けんごまちにはいり、そこでわれわれはほろびよう。われわれがしゅつみおかしたので、われわれのかみしゅがわれわれをほろぼそうとして、どくみずませられるのだ。

    15 われわれは平安へいあんのぞんだが、ことはこなかった。いやされるときのぞんだが、かえって恐怖きょうふた。

    16 かれらのうまのいななきはダンからきこえてくる。かれらのつようまこえによってぜんふるう。かれらはて、このと、ここにあるすべてのもの、まちと、そのうちにものとをほろぼす。

    17 よ、魔法まほうをもってならすことのできない、へびや、まむしをあなたがたのうちにつかわす。それはあなたがたをかむ」としゅわれる。

    18 わがなげきはいやしがたく、わがこころはうちになやむ。

    19 け、全面ぜんめんから、わがたみむすめこえがあがるのを。「しゅはシオンにおられないのか、シオンのおうはそのうちにおられないのか」。「なぜかれらはその彫像ちょうぞうと、異邦いほう偶像ぐうぞうとをもって、わたしをいからせたのか」。

    20 刈入かりいれのときぎ、なつもはやおわった、しかしわれわれはまだすくわれない」。

    21 わがたみむすめきずによって、わがこころいたむ。わたしはなげき、うろたえる。

    22 ギレアデに乳香にゅうこうがあるではないか。そのところ医者いしゃがいるではないか。それにどうしてわがたみむすめはいやされることがないのか。