聖典
エレミヤ書52
戻る 次へ

第52章

1 ゼデキヤはおうとなったとき二十一さいであったが、エルサレムで十一ねんおさめた。はははハムタルといい、リブナのエレミヤのむすめである。

2 ゼデキヤはエホヤキムがすべてったように、しゅまえ悪事あくじおこなった。

3 たしかに、しゅいかりによって、エルサレムとユダとは、そのみまえからられるようなことになった。そしてゼデキヤはバビロンのおうにそむいた。

4 そこでかれ治世ちせいの九ねんがつに、バビロンのおうネブカデレザルはその軍勢ぐんぜいひきい、エルサレムにきて、これを包囲ほういし、周囲しゅういるいきずいてこれをめた。

5 こうしてこのまちかこまれて、ゼデキヤおうの十一ねんにまでおよんだが、

6 その四がつになって、まちなか食糧しょくりょうは、はなはだしく欠乏けつぼうし、そのたみ食物しょくもつることができなくなった。

7 そしてまち城壁じょうへきはついにやぶられたので、兵士へいしたちはみなげ、よるのうちに、おうそのちかくの、二つの城壁じょうへきあいだもんからまちをのがれて、カルデヤびとが、まちかこんでいるうちに、アラバのほうちてった。

8 しかしカルデヤびとの軍勢ぐんぜいおうってって、エリコの平地へいちでゼデキヤにいついたが、かれ軍勢ぐんぜいがみなってかれのそばをはなれたので、

9 カルデヤびとはおうとらえ、ハマテののリブラにいるバビロンのおうのもとにいていったので、おうかれつみさだめた。

10 すなわちバビロンのおうはゼデキヤのたちをそのまえころさせ、ユダのつかさたちをことごとくリブラでころさせ、

11 またゼデキヤのをつぶさせた。そしてバビロンのおうかれくさりにつないでバビロンへれてき、そのまで獄屋ごくやれていた。

12 がつに、——それはバビロンのおうネブカデレザルのの十九ねんであった——バビロンのおうつかえる侍衛じえいちょうネブザラダンはエルサレムに、はいって、

13 しゅみやおう宮殿きゅうでんき、エルサレムのすべてのいえいた。かれおおきないえをみなきはらった。

14 また侍衛じえいちょうともにいたカルデヤびとの軍勢ぐんぜいは、エルサレムの周囲しゅうい城壁じょうへきをみなりこわした。

15 そして侍衛じえいちょうネブザラダンはたみのうちのもっとまずしいもの若干じゃっかん、そのほかまちのうちにのこったもの、およびバビロンのおうにくだったひと、その工匠こうしょうたちをとらうつした。

16 しかし侍衛じえいちょうネブザラダンはそのもっとまずしいもの若干じゃっかんのこして、ぶどうをつくものとし、農夫のうふとした。

17 カルデヤびとはまたしゅみや青銅せいどうはしらと、洗盤せんばんだいと、青銅せいどううみくだいて、その青銅せいどうをことごとくバビロンへはこび、

18 また、つぼと、十能じゅうのうと、心切しんきりばさみと、はちと、こうさらおよびみやつとめにもちいる青銅せいどううつわをことごとくってった。

19 またかれらは小鉢こばちと、心取しんとざらと、はちと、つぼと、燭台しょくだいと、こうさらと、灌祭かんさいはちった。きんつくったものきんとして、ぎんつくったものぎんとして、侍衛じえいちょうはこった。

20 ソロモンおうしゅみやつくった二ほんはしらと、一つのうみと、うみしたの十二の青銅せいどううしと、だいなど、このすべてのもの青銅せいどうおもさははかることもできなかった。

21 この一ぽんはしらたかさは十八キュビト、周囲しゅういは十二キュビトで、ゆびほんあつさがあり、なかは、うつろであった。

22 そのうえ青銅せいどう柱頭ちゅうとうがあり、柱頭ちゅうとうたかさは五キュビト、柱頭ちゅうとう周囲しゅういあみ細工ざいくと、ざくろとでかざり、これらもみな青銅せいどうであった。はしらもそのざくろも、これとおなじであった。

23 その四方しほうに九十六のざくろがあり、周囲しゅういあみ細工ざいくうえにあるざくろのかずは百であった。

24 侍衛じえいちょう祭司さいしちょうセラヤと次席じせき祭司さいしゼパニヤと三にんもんまもものとらえ、

25 また兵士へいしをつかさどるひとりの役人やくにんと、まちにいたおう側近そっきんものにんと、そのたみつの軍勢ぐんぜいちょう書記官しょきかんと、まちなかにいた六十にんものまちからとらった。

26 侍衛じえいちょうネブザラダンは、これらのひととらえて、リブラにいるバビロンのおうのもとにれてった。

27 バビロンのおうは、ハマテののリブラでかれらをころした。こうして、ユダは自分じぶんからとらうつされた。

28 ネブカデレザルがとらうつしたたみかずつぎのとおりである。だいねんにはユダヤひと三千二十三にん

29 またネブカデレザルはそのだい十八ねんにエルサレムから八百三十二にんとらうつした。

30 ネブカデレザルの二十三ねん侍衛じえいちょうネブザラダンは、ユダヤひと七百四十五にんとらうつした。この総数そうすうは四千六百にんであった。

31 ユダのおうエホヤキンがとらうつされてのち三十七ねんの十二がつ二十五にちに、バビロンのおうエビルメロダクはその即位そくいねんに、ユダのおうエホヤキンを獄屋ごくやからし、そのこうべをげさせ、

32 親切しんせつかれなぐさめ、そのくらいを、バビロンでともにいるおうたちのくらいよりもたかくした。

33 こうしてエホヤキンは獄屋ごくやふくいだ。そしてきているあいだ毎日まいにちおう食卓しょくたく食事しょくじし、

34 かれ給与きゅうよとしては、そのまで一生いっしょうあいだ、たえず日々ひび必要ひつようにしたがって、バビロンのおうから給与きゅうよたまわった。