エレミヤ書51
    脚注
    Theme

    第51章

    1 しゅはこうわれる、「よ、わたしは、ほろぼすものこころふるおこして、バビロンをめ、カルデヤにものめさせる。

    2 わたしはバビロンに、あおぎけるものをつかわす。かれらは、そのわざわいに、四方しほうからこれをめ、それをあおぎけて、そのをむなしくする。

    3 射手いてにはそのゆみらせることなく、よろいをがらせるな。そのわかものをあわれむことなく、その軍勢ぐんぜいをことごとくほろぼせ。

    4 かれらはカルデヤびとのころされてたおれ、そのちまたにきずついてたおれる。

    5 イスラエルとユダはそのかみ万軍ばんぐんしゅてられてはいないが、しかしカルデヤびとのにはイスラエルの聖者せいじゃかっておかしたつみちている。

    6 バビロンのうちからのがれて、おのおのそのいのちすくえ。そのばつにまきこまれてほろぼされてはならない。いましゅがあだをかえされるときだから、それに報復ほうふくをされるのである。

    7 バビロンはしゅのうちにあるきんさかずきであって、すべてのわせた。国々くにぐにはそのさけんだので、国々くにぐにくるった。

    8 バビロンはたちまちたおれてやぶれた。これがためになげけ。そのきずのために乳香にゅうこうれ。あるいは、いえるかもれない。

    9 われわれはバビロンをいやそうとしたが、これはいえなかった。われわれはこれをてて、おのおの自分じぶんくにかえろう。そのばつてんたっし、くもにまでおよんでいるからだ。

    10 しゅはわれわれのただしいことをあきらかにされた。さあ、われわれはシオンで、われわれのかみしゅのみわざをしめそう。

    11 をとぎ、たてれ。しゅはメデアびとのおうたちのこころてられる。しゅのバビロンにおもはかることは、これをほろぼすことであり、しゅがあだをかえし、そのみやのあだをかえされるのである。

    12 バビロンの城壁じょうへきかってはたて、見張みはりを強固きょうこにし、番兵ばんぺいき、伏兵ふくへいそなえよ。しゅがバビロンにものめようとはかり、そのわれたことを、いまおこなわれるからだ。

    13 おおくのみずのほとりにみ、おおくの財宝ざいほうものよ、あなたのおわりがて、そのいのちいとたれる。

    14 万軍ばんぐんしゅはみずからをさしてちかい、われる、わたしはかならずあなたのうちに、ひとをいなごのようにたす。かれらはあなたにかって、かちどきのこえをあげる。

    15 しゅはそのちからをもってつくり、その知恵ちえをもって世界せかいて、そのさとりをもっててんをのべられた。

    16 かれこえされると、てんおおくのみずのざわめきがあり、またはてからきりちあがらせられる。かれあめのためにいなびかりをおこし、そのくらからかぜされる。

    17 すべてのひとおろかで知恵ちえがなく、すべてのきん細工人ざいくにんはそのつくった偶像ぐうぞうのためにはじをこうむる。その偶像ぐうぞういつわもので、そのうちにいきがないからだ。

    18 それらは、むなしいもの、まよいのわざである。ばっせられるときになればほろびるものである。

    19 ヤコブのぶんであるかれはこのようなものではない、かれ万物ばんぶつつくぬしだからである。イスラエルはかれぎょうとしての部族ぶぞくである。かれ万軍ばんぐんしゅという。

    20 おまえはわたしのつちであり、たたかいの武器ぶきである。わたしはおまえをもってすべてのくにくだき、おまえをもって万国ばんこくほろぼす。

    21 おまえをもってわたしはうまと、その騎手きしゅとをくだき、おまえをもって戦車せんしゃとそれにものとをくだく。

    22 わたしはおまえをもっておとこおんなとをくだき、おまえをもっていたものおさなものとをくだき、おまえをもってわかものと、おとめとをくだく。

    23 わたしはおまえをもって、羊飼ひつじかいと、そのれとをくだき、おまえをもって農夫のうふと、くびきを家畜かちくとをくだき、おまえをもっておさたちと、つかさたちとをくだく。

    24 わたしはバビロンとカルデヤにむすべてのものとに、かれらがシオンでったもろもろのしきことのために、あなたがたのまえむくいをすると、しゅわれる。

    25 しゅわれる、ぜんほろぼしつくほろぼしのやまよ、よ、わたしはおまえのてきとなる、わたしはをおまえのうえべて、おまえをいわからころばし、おまえをやまにする。

    26 しゅわれる、ひとがおまえからいしって、すみいしとすることなく、またいしずえとすることもない。おまえはいつまでもとなっている。

    27 はたて、国々くにぐにのうちにラッパをき、国々くにぐにたみあつめてそれをめ、アララテ、ミンニ、アシケナズの国々くにぐにをまねいてそれをめ、ぐんちょうててそれをめ、むらがるいなごのようにうまのぼかせよ。

    28 国々くにぐにたみあつめてそれをめ、メデアびとのおうたちと、そのおさたち、つかさたち、およびすべての領地りょうち人々ひとびとあつめてこれをめよ。

    29 そのふるい、かつもだえくるしむ、しゅがそのおもはかることをバビロンにおこない、バビロンのを、ひとなきとされるからだ。

    30 バビロンの勇士ゆうしたちはたたかいをやめて、そのしろにこもり、ちからはうせて、おんなのようになる。そのいえけ、そのかんくだかれる。

    31 飛脚ひきゃくはしって飛脚ひきゃくい、使者ししゃはしって使者ししゃい、バビロンのおうげて、まちはことごとくられ、

    32 わたうばわれ、とりではかれ、兵士へいしはおびえているとう。

    33 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、バビロンのむすめは、のようだ、そのまれるときたのだ。しばらくしてそのられるときる」。

    34 「バビロンのおうネブカデレザルはわたしをつくし、わたしをほろぼし、わたしを、からのうつわのようにし、りゅうのようにわたしをみ、わたしのうまいものでそのはらたし、わたしをあらいざらいにした。

    35 わたしとわたしの肉親にくしんにおこなった暴虐ぼうぎゃくは、バビロンにふりかかる」とシオンにものわなければならない。「わたしのはカルデヤにものにふりかかる」とエルサレムはわなければならない。

    36 それゆえしゅはこうわれる、「よ、わたしはあなたのうったえをただし、あなたのためにあだをかえす。わたしはバビロンのうみをかわかし、そのいずみをかわかす。

    37 バビロンは荒塚あれづかとなり、山犬やまいぬのすまいとなり、おどろきとなり、わらいとなり、ひとのないところとなる。

    38 かれらはししのようにともにほえ、わかいししのようにほえる。

    39 かれらのよくえているとき、わたしはうたげもうけてかれらをわせ、かれらがついにうしなって、ながいねむりにいり、もはやをさますことのないようにしようとしゅわれる。

    40 わたしはかれらを小羊こひつじのように、また雄羊おひつじやぎのように、ほふりくだらせよう。

    41 ああ、バビロンはついにられた、ぜんひとの、ほめたたえたものとらえられた。ああ、バビロンはついに国々くにぐにのうちにおどろきとなった。

    42 うみはバビロンにあふれかかり、どよめくなみにおおわれた。

    43 その町々まちまちれて、かわいたとなり、砂原すなはらとなり、ひとのないとなる。ひとはひとりとしてそこをぎることはない。

    44 わたしはバビロンでベルをばっし、そののみこんだものをくちからす。国々くにぐにかわのようにかれながることはなくなる。バビロンの城壁じょうへきたおれた。

    45 わがたみよ、あなたがたはそのなかからて、おのおのしゅはげしいいかりをまぬかれ、そのいのちすくえ。

    46 こころよわくしてはならない、このくうわさをおそれてはならない。うわさはこのとしにもくれば、またつぎとしにもくる。この暴虐ぼうぎゃくがあり、つかさとつかさとがめあうことがある。

    47 それゆえよ、わたしがバビロンの偶像ぐうぞうばっするる。そのぜんははずかしめられ、そのころされるものはみなそのなかたおれる。

    48 てんとそのうちにあるすべてのものはバビロンのことよろこうたう。ほろぼすものきたほうからここにるからであるとしゅわれる。

    49 イスラエルのころされたものたちのために、バビロンはたおれなければならない、バビロンのためにぜんころされたものたおれたのだ。

    50 つるぎをのがれてきたあなたがたは、け、ちとどまってはならない。とおくからしゅおぼえ、エルサレムをこころにとめよ。

    51 『われわれはののしりをいたので、じている。異邦人いほうじんしゅみや聖所せいじょにはいったので、はじがわれわれのかおをおおった』。

    52 しゅわれる、それゆえよ、わたしがその偶像ぐうぞうばっするる、きずつけられたものが、その全国ぜんこくにうめくようになる。

    53 たといバビロンがてんのぼっても、そのしろたかくしてかためても、ほろぼすものはわたしからて、これにのぞむとしゅわれる。

    54 け、バビロンのさけびを、カルデヤびとのおこおおいなるほろびのさわこえを。

    55 しゅがバビロンをほろぼし、そのおおいなるこえやされるのだ。そのなみ大水おおみずのようにりとどろき、そのこえはひびきわたる。

    56 ほろぼすものがこれにのぞみ、バビロンにた。その勇士ゆうしたちはとらえられ、そのゆみられる。しゅむくいをするかみであるからかならむくいられるのだ。

    57 わたしはそのきみたちと知者ちしゃたち、おさたち、つかさたち、および勇士ゆうしたちをわせる。かれらは、ながいねむりにいり、をさますことはない。万軍ばんぐんしゅばれるおうがこれをわせる。

    58 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、バビロンのひろ城壁じょうへきにくずされ、そのたかもんかれる。こうしてたみ労苦ろうくはむなしくなり、国民こくみんはただのためにつかれる」。

    59 マアセヤのであるネリヤのセラヤが、ユダのおうゼデキヤとともに、その治世ちせいの四ねんにバビロンへくとき、預言者よげんしゃエレミヤがセラヤにめいじた言葉ことば。セラヤは宿営しゅくえいちょうであった。

    60 エレミヤはバビロンにのぞもうとするすべてのわざわい巻物まきものにしるした。これはすなわちバビロンのことについてしるしたすべての言葉ことばである。

    61 エレミヤはセラヤにった、「あなたはバビロンへったならば、わすれることなくこのすべての言葉ことばみ、

    62 そしていなさい、『しゅよ、あなたはこのところほろぼし、ひとけものとをわず、すべてここにもののないようにし、永久えいきゅうにここをとしようと、このところについてかたられました』と。

    63 あなたがこの巻物まきものおわったならば、これにいしをむすびつけてユフラテかわなかげこみ、

    64 そしていなさい、『バビロンはこのようにしずんで、二がってこない。わたしがこれにわざわいくだすからである』と」。ここまではエレミヤの言葉ことばである。