聖典
エレミヤ書39
戻る 次へ

第39章

1 ユダのおうゼデキヤの九ねんがつ、バビロンのおうネブカデレザルはそのぜんぐんひきい、エルサレムにてこれをかこんだが、

2 ゼデキヤの十一ねんがつになってまち一角いっかくやぶれた。

3 エルサレムがられたので、バビロンのおうのつかさたち、すなわちネルガル・シャレゼル、サムガル・ネボ、ラブサリスのサルセキム、ラブマグのネルガル・シャレゼルおよびバビロンのおうのそののつかさたちはみなともになかもんした。

4 ユダのおうゼデキヤとすべての兵士へいしたちはこれをげ、よるのうちに、おう庭園ていえんみちとおって、二つの城壁じょうへきあいだもんからまちて、アラバのほうったが、

5 カルデヤびとの軍勢ぐんぜいはこれをって、エリコの平地へいちでゼデキヤにいつき、これをとらえて、ハマテのリブラにいるバビロンのおうネブカデレザルのもとにいてったので、おうはそこでかれつみをさだめた。

6 バビロンのおうはリブラで、ゼデキヤのたちをかれまえころした。バビロンのおうはまたユダのすべての貴族きぞくたちをころした。

7 おうはまたゼデキヤのをつぶさせ、かれをバビロンにいてくために、くさりにつないだ。

8 またカルデヤびとは王宮おうきゅう民家みんかき、エルサレムの城壁じょうへき破壊はかいした。

9 そして侍衛じえいちょうネブザラダンはまちのうちにのこっているたみと、自分じぶん降伏こうふくしたもの、およびそののこっているたみをバビロンにとらうつした。

10 しかし侍衛じえいちょうネブザラダンは、たみまずしい無産むさんものをユダののこし、同時どうじにぶどうはたけ田地でんちをこれにあたえた。

11 さてバビロンのおうネブカデレザルはエレミヤのことについて侍衛じえいちょうネブザラダンにめいじてった、

12 かれをとり、よく世話せわをせよ。がいくわえることなく、かれがあなたにうようにしてやりなさい」。

13 そこで侍衛じえいちょうネブザラダン、ラブサリスのネブシャズバン、ラブマグのネルガル・シャレゼル、およびバビロンのおうのつかさたちは、

14 ひとをつかわして、エレミヤを監視かんしにわかられてこさせ、シャパンのアヒカムのであるゲダリヤにたくして、いえにつれてかせた。こうしてかれたみのうちにいた。

15 エレミヤが監視かんしにわじこめられていたときしゅ言葉ことばかれのぞんだ、

16 って、エチオピヤびとエベデメレクにげなさい、『万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、わたしのったわざわいをわたしはこのまちくだす、さいわいをこれにくだすのではない。その、このことがあなたのまえ成就じょうじゅする。

17 しゅわれる、そのわたしはあなたをすくう。あなたは自分じぶんおそれている人々ひとびとわたされることはない。

18 わたしがかならずあなたをすくい、つるぎにたおれることのないようにするからである。あなたのいのちはあなたのぶんどりものとなる。あなたがわたしにたよんだからであるとしゅわれる』」。