エレミヤ書23
    脚注
    Theme

    第23章

    1 しゅわれる、「わが牧場まきばひつじほろぼしらす牧者ぼくしゃはわざわいである」。

    2 それゆえイスラエルのかみしゅはわがたみやしな牧者ぼくしゃについてこうわれる、「あなたがたはわたしのれをらし、これをいやってかえりみなかった。よ、わたしはあなたがたのしきおこないによってあなたがたにむくいると、しゅわれる。

    3 わたしのれののこったものを、いやったすべてのからあつめ、ふたたびこれをそのおりにかえらせよう。かれらはんでそのかずおおくなる。

    4 わたしはこれをやしな牧者ぼくしゃをそのうえてる、かれらはふたたおそれることなく、またおののくことなく、いなくなることもないと、しゅわれる。

    5 しゅおおせられる、よ、わたしがダビデのために一つのただしいえだおこがくる。かれおうとなっておさめ、さかえて、公平こうへい正義せいぎおこなう。

    6 そのユダはすくい、イスラエルはやすらかにおる。そのは『しゅはわれわれの正義せいぎ』ととなえられる。

    7 しゅわれる、それゆえよ、人々ひとびとは『イスラエルのたみをエジプトのからみちびされたしゅきておられる』とまたわないで、

    8 『イスラエルのいえ子孫しそんきたと、そのすべていやられたからみちびされたかみきておられる』というがくる。そのときかれらは自分じぶんんでいる」。

    9 預言者よげんしゃたちについて。わがこころはわたしのうちにやぶれ、わがほねはみなふるう。しゅとそのせいなる言葉ことばのために、わたしはっているひとのよう、さけかされたひとのようである。

    10 この姦淫かんいんおこなうものがちているからだ。のろいによってなげき、荒野あらの牧場まきばはかわく。かれらのみちわるく、そのちからただしくない。

    11 預言者よげんしゃ祭司さいしとはともかみけがものである。わたしのいえにおいてすらかれらのあくたと、しゅわれる。

    12 それゆえ、かれらのみちは、おのずから暗黒あんこくなかにあるなめらかなみちのようになり、かれらはされてそのみちたおれる。わたしがかれらのばっせられるとしに、わざわいをそのうえのぞませるからであると、しゅわれる。

    13 わたしはサマリヤの預言者よげんしゃのうちに不快ふかいことのあるのをた。かれらはバアルによって預言よげんし、わがたみイスラエルをまどわした。

    14 しかしエルサレムの預言者よげんしゃのうちには、おそろしいことのあるのをた。かれらは姦淫かんいんおこない、いつわりにあゆみ、悪人あくにんつよくし、ひとをそのあくからはなれさせない。かれらはみなわたしにはソドムのようであり、そのたみはゴモラのようである」。

    15 それゆえ万軍ばんぐんしゅ預言者よげんしゃについてこうわれる、「よ、わたしはかれらに、にがよもぎをべさせ、どくみずませる。かみけがすことがエルサレムの預言者よげんしゃからて、ぜんおよんでいるからである」。

    16 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「あなたがたに預言よげんする預言者よげんしゃ言葉ことばいてはならない。かれらはあなたがたに、むなしいのぞみをいだかせ、しゅくちからたのでない、自分じぶんこころ黙示もくしかたるのである。

    17 かれらはしゅ言葉ことばかるんじるものかってえず、『あなたがたは平安へいあんる』とい、また自分じぶん強情ごうじょうこころにしたがってあゆむすべてのひとかって、『あなたがたにわざわいはこない』とう」。

    18 かれらのうちだれかしゅ議会ぎかいって、その言葉ことば見聞みききしたものがあろうか。だれかみみかたむけてその言葉ことばいたものがあろうか。

    19 よ、しゅ暴風ぼうふうがくる。いきどおりと、つむじかぜて、悪人あくにんのこうべをうつ。

    20 しゅいかりは、みこころおもさだめられたことをなしげられるまで退しりぞくことはない。すえにあなたがたはそれをあきらかにさとる。

    21 預言者よげんしゃたちはわたしがつかわさなかったのに、かれらははしった。わたしが、かれらにげなかったのに、かれらは預言よげんした。

    22 もしかれらがわたしの議会ぎかいったのであれば、わたしのたみにわが言葉ことばしめして、そのわるみちわるおこないから、はなれさせたであろうに。

    23 しゅわれる、わたしはただちかくのかみであって、とおくのかみではないのであるか。

    24 しゅわれる、ひとは、ひそかなところかくして、わたしにられないようにすることができようか。しゅわれる、わたしはてんとにちているではないか。

    25 わがによっていつわりを預言よげんする預言者よげんしゃたちが、『わたしはゆめた、わたしはゆめた』とうのをいた。

    26 いつわりを預言よげんする預言者よげんしゃたちのこころに、いつまでいつわりがあるのであるか。かれらはそのこころあざむきを預言よげんする。

    27 かれらはその先祖せんぞがバアルにしたがってわがわすれたように、たがいゆめかたって、わたしのたみにわがわすれさせようとする。

    28 ゆめをみた預言者よげんしゃゆめかたるがよい。しかし、わたしの言葉ことばけたもの誠実せいじつにわたしの言葉ことばかたらなければならない。わらとむぎとをくらべることができようかと、しゅわれる。

    29 しゅおおせられる、わたしの言葉ことばのようではないか。またいわくだつちのようではないか。

    30 それゆえよ、わたしはわたしの言葉ことばたがいぬす預言者よげんしゃてきとなると、しゅわれる。

    31 よ、わたしは、『しゅいたもう』としたをもってかた預言者よげんしゃてきとなると、しゅわれる。

    32 しゅおおせられる、よ、わたしはいつわりのゆめ預言よげんするものてきとなる。かれらはそれをかたり、またそのいつわりと大言たいげんをもってわたしのたみまどわす。わたしがかれらをつかわしたのではなく、またかれらにめいじたのでもない。それでかれらはこのたみにすこしもえきにならないと、しゅわれる。

    33 このたみのひとり、または預言者よげんしゃ、または祭司さいしがあなたに、『しゅ重荷おもにはなんですか』とうならば、かれらにこたえなさい、『あなたがたがその重荷おもにです。そしてしゅは、あなたがたをてるとっておられます』と。

    34 そして、『しゅ重荷おもに』とうその預言者よげんしゃ祭司さいし、またはたみのひとりを、その家族かぞくともにわたしはばっする。

    35 あなたがたは、みなたがいに、となびとに、また兄弟きょうだいに、こうわなければならない、『しゅはなんとこたえられましたか』、『しゅはなんとわれましたか』と。

    36 しかしかさねて『しゅ重荷おもに』とってはならない。重荷おもにひとおのおのの自分じぶん言葉ことばだからである。あなたがたはけるかみ万軍ばんぐんしゅなるわれわれのかみ言葉ことばげるものである。

    37 あなたは預言者よげんしゃにこうわなければならない、『しゅはあなたになんとこたえられましたか』、『しゅはなんとわれましたか』と。

    38 もしあなたがたが『しゅ重荷おもに』とうならば、しゅはこうおおせられる、『わたしがひとをあなたがたにつかわして、あなたがたは「しゅ重荷おもに」とってはならないとわせたのに、あなたがたは「しゅ重荷おもに」という言葉ことばったので、

    39 わたしはかならずあなたがたをとらうつさせ、あなたがたとあなたがたの先祖せんぞとにあたえたこのまちと、あなたがたとを、わたしのまえからる。

    40 そして、わすれられることのない永遠えいえんのはずかしめと永遠えいえんはじを、あなたがたにこうむらせる』」。