聖典
エレミヤ書17

第17章

1 「ユダのつみは、てつふで金剛石こんごうせきのとがりをもってしるされ、かれらのこころいしぶみと、祭壇さいだんつのりつけられている。

2 かれらの子供こどもたちはあおしたと、たかおかうえやまうえにある祭壇さいだんとアシラのことをおぼえている。

3 わたしはあなたのとみとすべてのたからとを、あなたのぜん領域りょういきうちおかしたつみ代価だいかとして、ぶんどりものとならせる。

4 わたしがあなたにあたえたぎょうからあなたはをはなすようになる。またわたしは、あなたのらないで、あなたのてきつかえさせる。わたしのいかりによって、てんじられ、いつまでもつづけるからである」。

5 しゅはこうわれる、「おおよそひとたのみとしにくなるもの自分じぶんうでとし、そのこころしゅはなれているひとは、のろわれる。

6 かれ荒野あらのそだちいさいのように、なにいことのるのをない。荒野あらのの、干上ひあがったところみ、ひとまないしおにいる。

7 おおよそしゅにたより、しゅたのみとするひとはさいわいである。

8 かれみずのほとりにえたのようで、そのかわにのばし、あつさにあってもおそれることはない。そのつねあおく、ひでりのねんにもうれえることなく、えずむすぶ」。

9 こころはよろずのものよりもいつわるもので、はなはだしくあくまっている。だれがこれを、よくることができようか。

10 しゅであるわたしはこころさぐり、おもいをこころみる。おのおのに、そのみちにしたがい、そのおこないのによってむくいをするためである」。

11 しゃこが自分じぶんんだのではないたまごくように、不正ふせい財産ざいさんものがある。そのひと一生いっしょうなかばにそれからはなれて、そのおわりにはおろかなものとなる。

12 はじめからたかくあげられたさかえあるみは、われわれの聖所せいじょのあるところである。

13 またイスラエルののぞみであるしゅよ、あなたをてるものはみなはじをかき、あなたをはなれるものつちをしるされます。それはけるみずみなもとであるしゅてたからです。

14 しゅよ、わたしをいやしてください、そうすれば、わたしはいえます。わたしをおすくいください、そうすれば、わたしはすくわれます。あなたはわたしのほめたたえるものだからです。

15 かれらはわたしにいます、「しゅ言葉ことばはどこにあるのか。いま、それをしてせよ」と。

16 あくをつかわされるようにとは、わたしはたってもとめませんでした。またわざわいねがわなかったのを、あなたはごぞんじです。わたしのくちびるからたことは、みまえにあります。

17 どうか、わたしをおそれさせないでください。わざわいのときに、あなたはわたしののがれです。

18 わたしをなやますものをはずかしめてください。しかしわたしをはずかしめないでください。かれらをおそれさせてください。しかしわたしをおそれさせないでください。わざわいかれらにきたらせ、ほろびをばいにしてかれらをほろぼしてください。

19 しゅはわたしにこうわれた、「って、ユダのおうたちの出入でいりするベニヤミンのもん、およびエルサレムのすべてのもんって、

20 いなさい、『これらのもんからはいるユダのおうたち、およびユダのすべてのたみとエルサレムにむすべてのものよ、しゅ言葉ことばきなさい。

21 しゅはこうわれる、いのちしいならばをつけるがよい。安息日あんそくにちをたずさえ、またはそれをってエルサレムのもんにはいってはならない。

22 また安息日あんそくにちにあなたがたのいえからはこしてはならない。なんのわざをもしてはならない。わたしがあなたがたの先祖せんぞめいじたように安息日あんそくにち聖別せいべつしてまもりなさい。

23 しかしかれらはしたがわずみみかたむけず、くことも、いましめをうけることをも強情ごうじょうこばんだ。

24 しゅわれる、もしあなたがたがわたしにしたがい、安息日あんそくにちをたずさえてこのまちもんにはいらず、安息日あんそくにち聖別せいべつして、なんのわざをもしないならば、

25 ダビデのくらいするおうたち、つかさたち、ユダの人々ひとびと、エルサレムにものは、くるまうまってこのまちもんからはいることができる。そしてこのまちにはながひとむようになる。

26 また人々ひとびとはユダの町々まちまちやエルサレムの周囲しゅうい、ベニヤミンの平地へいち山地さんちおよびネゲブから燔祭はんさい犠牲ぎせい素祭そさい乳香にゅうこう感謝祭かんしゃさいをたずさえてしゅいえにはいる。

27 しかし、もしあなたがたがわたしにしたがわないで、安息日あんそくにち聖別せいべつしてまもることをせず、安息日あんそくにちをたずさえてエルサレムのもんにはいるならば、わたしはをそのもんなかやして、エルサレムのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす。そのえることがない』」。