エレミヤ書一五
    脚注

    第一五章

    しゅはわたしにわれた、「たといモーセとサムエルとがわたしのまえっても、わたしのこころはこのたみかえりみない。かれらをわたしのまえからし、ここをらせよ。

    もしかれらが、『われわれはどこにけばよいのか』とあなたにたずねるならば、かれらにいなさい、『しゅはこうおおせられる、疫病えきびょうさだめられたもの疫病えきびょうに、つるぎにさだめられたものはつるぎに、ききんにさだめられたものはききんに、とりこにさだめられたものはとりこにく』。

    しゅおおせられる、わたしは四つのものをもってかれらをばっする。すなわち、つるぎをもってころし、いぬをもってかませ、そらとりけものをもってほろぼさせる。

    またユダのおうヒゼキヤのマナセが、エルサレムでしたおこないのゆえに、わたしはかれらをのすべてのくにおそれおののくものとする。

    エルサレムよ、だれがあなたをあわれむであろうか。だれがあなたのためになげくであろうか。だれがふりかえって、あなたの安否あんぴうであろうか。

    しゅわれる、あなたはわたしをてた。そしてますます退しりぞいてく。それゆえ、わたしはべてあなたをほろぼした。わたしはあわれむことにはきた。

    わたしはこのもんで、みのかれらをあおぎけた。かれらがそのみちはなれなかったので、わたしはかれらのうばい、わがたみほろぼした。

    わたしはかれらの寡婦かふかずはまべのすなよりもおおくした。わたしは真昼まひるに、ほろぼすものれてきて、若者わかものらのははたちをせめ、おどろきとおそれを、にわかにははたちにおこした。

    にんんだおんなは、よわおとろえて、いきえ、まだひるであったが、彼女かのじょぼっした。彼女かのじょじ、うろたえた。そののこりのものは、これをてきのつるぎにわたすとしゅわれる」。

    一〇 ああ、わたしはわざわいだ。わがははよ、あなたは、なぜ、わたしをんだのか。全国ぜんこくひとはわたしとあらそい、わたしをめる。わたしはひとしたこともなく、ひとりたこともないのに、みなわたしをのろう。

    一一 しゅよ、もしわたしがかれらの幸福こうふくをあなたにいのもとめず、またてきのため、そのなやみのときと、わざわいのときに、わたしがあなたにとりなしをしなかったのであれば、かれらののろいも、やむをえないでしょう。

    一二 ひとてつを、きたからくるてつ青銅せいどうくだくことができましょうか。

    一三 「わたしはあなたのとみたからを、ぶんどりものとしてほかあたえる。代価だいかけることはできない。それはあなたのすべてのつみによるので、領域りょういきないのいたるところにこのことがおこる。

    一四 わたしはあなたのらないで、あなたのてきつかえさせる。わたしのいかりによっててんじられ、いつまでもつづけるからである」。

    一五 しゅよ、あなたはっておられます。わたしをおぼえ、わたしをかえりみてください。わたしを迫害はくがいするものに、あだをかえし、あなたの寛容かんようによって、わたしをらないでください。わたしがあなたのために、はずかしめをけるのをってください。

    一六 わたしはみ言葉ことばあたえられて、それをべました。み言葉ことばは、わたしによろこびとなり、こころたのしみとなりました。万軍ばんぐんかみしゅよ、わたしは、あなたのをもってとなえられているものです。

    一七 わたしはわらいさざめくひとのつどいにすわることなく、またよろこぶことをせず、ただひとりですわっていました。あなたのがわたしのうえにあり、あなたがいきどおりをもってわたしをたされたからです。

    一八 どうしてわたしのいたみはまらず、きずおもくて、なおらないのですか。あなたはわたしにとって、みずがなくてひとあざむ谷川たにがわのようになられるのですか。

    一九 それゆえしゅはこうおおせられる、「もしあなたがかえってくるならば、もとのようにして、わたしのまえたせよう。もしあなたが、つまらないことをうのをやめて、貴重きちょうなことをうならば、わたしのくちのようになる。かれらはあなたのところかえってくる。しかしあなたがかれらのところかえるのではない。

    二〇 わたしはあなたをこのたみまえに、堅固けんご青銅せいどう城壁じょうへきにする。かれらがあなたをめても、あなたにつことはできない。わたしがあなたとともにいて、あなたをたすけ、あなたをすくうからであると、しゅわれる。

    二一 わたしはあなたを悪人あくにんからすくい、無慈悲むじひひとからあがなう」。