エレミヤ書14
    脚注

    第14章

    1 ひでりのことについてエレミヤにのぞんだしゅ言葉ことば

    2 「ユダはかなしみ、その町々まちまちもんかたむき、たみしてなげき、エルサレムのさけびはあがる。

    3 そのきみたちは、しもべをつかわしてみずをくませる。かれらが井戸いどところにきても、みずつからず、むなしいうつわをもってかえり、じ、かつ当惑とうわくして、そのあたまをおおう。

    4 あめらず、つちが、かわいてれたため、農夫のうふじて、そのあたまをおおう。

    5 にいるじかでさえもんで、これをてる。くさがないからである。

    6 ろばは、はげやまうえって、山犬やまいぬのようにあえぎ、くさのないために、そのはくらむ。

    7 しゅよ、われわれのつみがわれわれをうったえて不利ふり証言しょうげんをしても、あなたののために、ことをなしてください。われわれの背信はいしんかずおおく、あなたにかってつみおかしました。

    8 イスラエルののぞみなるしゅよ、なやみのとき救主すくいぬしよ、なぜ、あなたはこの異邦いほうひとのようにし、また一夜いちや宿やどりのためにたびびとのようになさらねばならないのですか。

    9 なぜ、あなたは、うろたえているひとのようにし、またひとすくいえない勇士ゆうしのようになさらねばならないのですか。しゅよ、あなたはわれわれのうちにいらせられます。われわれは、みによってばれているものです。われわれを見捨みすてないでください」。

    10 このたみについてしゅはこうわれる、「かれらはこのようにこのんで、さまよい、そのあしをとどめることをしなかったので、しゅかれらをよろこばず、いまそのとがをおぼえ、そのつみばっするのだ」。

    11 しゅはわたしにわれた、「このたみのためにめぐみをいのってはならない。

    12 かれらが断食だんじきしても、わたしはかれらのぶのをかない。燔祭はんさい素祭そさいをささげても、わたしはそれをけない。かえって、つるぎと、ききん、および疫病えきびょうをもって、かれらをほろぼしてしまう」。

    13 わたしはった、「ああ、しゅなるかみよ、預言者よげんしゃたちはこのたみかい、『あなたがたは、つるぎをることはない。ききんもこない。わたしはこのところたしかな平安へいあんをあなたがたにあたえる』とっています」。

    14 しゅはわたしにわれた、「預言者よげんしゃらはわたしのによっていつわりの預言よげんをしている。わたしはかれらをつかわさなかった。またかれらにめいじたこともなく、はなしたこともない。かれらはいつわりの黙示もくしと、やくたないうらない、および自分じぶんこころでつくりあげたあざむきをあなたがたに預言よげんしているのだ。

    15 それゆえ、わたしがつかわさないのに、わたしのによって預言よげんして、『つるぎとききんは、このにこない』とっているあの預言者よげんしゃについて、しゅはこうおおせられる、この預言者よげんしゃらは、つるぎとききんにほろぼされる。

    16 またかれらの預言よげんたみは、ききんとつるぎとによって、エルサレムのちまたにてられる。だれもこれをほうむものはない。かれらとそのつま、およびそのむすこむすめ同様どうようである。わたしがかれらのあくをそのうえそそぐからである。

    17 この言葉ことばかれらにかたれ、『わたしのよるひるえずなみだながす。わがたみむすめであるおとめがおおきなきずおも打撃だげきによってほろぼされるからである。

    18 わたしがはたけくと、つるぎでころされたものがある。まちにはいると、ききんでんでいるものがある。預言者よげんしゃ祭司さいしともにそのにさまよって、るところがない』」。

    19 あなたはまったくユダをてられたのですか。あなたのこころはシオンをきらわれるのですか。あなたはわれわれをったのに、どうしていやしてはくださらないのですか。われわれは平安へいあんのぞんだが、ことはこなかった。いやされるときのぞんだが、かえって恐怖きょうふた。

    20 しゅよ、われわれは自分じぶんあくと、先祖せんぞのとがとをみとめています。われわれはあなたにつみおかしました。

    21 のために、われわれをてないでください。あなたのさかえあるみくらいをはずかしめないでください。あなたがわれわれにおてになった契約けいやくおぼえて、それをやぶらないでください。

    22 異邦いほういつわりの神々かみがみのうちに、あめらせうるものがあるであろうか。てん自分じぶん夕立ゆうだちをらすことができようか。われわれのかみしゅよ、あなたこそ、これをなさるかたではありませんか。われわれののぞむのはあなたです。あなたがこれらすべてのことをなさるからです。