聖典
エレミヤ書1

エレミヤしょ

第1章

1 ベニヤミンのアナトテの祭司さいしのひとりである、ヒルキヤのエレミヤの言葉ことば

2 アモンの、ユダのおうヨシヤのとき、すなわちその治世ちせいの十三ねんに、しゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ。

3 その言葉ことばはまたヨシヤの、ユダのおうエホヤキムのときにものぞんで、ヨシヤの、ユダのおうゼデキヤの十一ねんおわり、すなわちそのねんの五がつにエルサレムのたみとらうつされたときにまでおよんだ。

4 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんでう、

5 「わたしはあなたをまだははたいにつくらないさきに、あなたをり、あなたがまだうまれないさきに、あなたを聖別せいべつし、あなたをてて万国ばんこく預言者よげんしゃとした」。

6 そのときわたしはった、「ああ、しゅなるかみよ、わたしはただ若者わかものにすぎず、どのようにかたってよいかりません」。

7 しかししゅはわたしにわれた、「あなたはただ若者わかものにすぎないとってはならない。だれにでも、すべてわたしがつかわすひとき、あなたにめいじることをみなかたらなければならない。

8 かれらをおそれてはならない、わたしがあなたとともにいて、あなたをすくうからである」としゅおおせられる。

9 そしてしゅはみべて、わたしのくちにつけ、しゅはわたしにわれた、「よ、わたしの言葉ことばをあなたのくちれた。

10 よ、わたしはきょう、あなたを万民ばんみんうえと、万国ばんこくうえて、あなたに、あるいはき、あるいはこわし、あるいはほろぼし、あるいはたおし、あるいはて、あるいはえさせる」。

11 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんでう、「エレミヤよ、あなたはなにるか」。わたしはこたえた、「あめんどうのえだます」。

12 しゅはわたしにわれた、「あなたのたとおりだ。わたしは自分じぶん言葉ことばおこなおうとして見張みはっているのだ」。

13 しゅ言葉ことばがふたたびわたしにのぞんでう、「あなたはなにるか」。わたしはこたえた、「っているなべをます。きたからこちらにかっています」。

14 しゅはわたしにわれた、「わざわいきたからって、このむすべてのものうえのぞむ」。

15 しゅわれる、「よ、わたしはきた国々くにぐにのすべてのたみぶ。かれらはて、エルサレムのもん入口いりぐちと、周囲しゅういのすべての城壁じょうへき、およびユダのすべての町々まちまちかって、おのおのそのもうける。

16 わたしは、かれらがわたしをてて、すべての悪事あくじおこなったゆえに、わたしのさばきをかれらにげる。かれらは神々かみがみこうをたき、自分じぶんつくったものはいしたのである。

17 しかしあなたはこしおびしてち、わたしがめいじるすべてのことかれらにげよ。かれらをおそれてはならない。さもないと、わたしはかれらのまえであなたをあわてさせる。

18 よ、わたしはきょう、この全国ぜんこくと、ユダのおうと、そのつかさと、その祭司さいしと、そのたみまえに、あなたをかたしろてつはしら青銅せいどう城壁じょうへきとする。

19 かれらはあなたとたたかうが、あなたにつことはできない。わたしがあなたとともにいて、あなたをすくうからである」としゅわれる。