モーサヤ書 13
    脚注

    第​13​章

    アビナダイ、かみ​の​ちから​に​よって​まもられる。十戒じっかい​を​おしえる。すくい​は​モーセ​の​りっぽう​だけ​で​は​あたえられない。将来しょうらいかみしん​が​贖罪しょくざい​を​おこなわれ、しん​の​たみ​を​あがなわれる。げんぜんやく​百四十八​ねん

    1 ​さて、おう​は​これら​の​こと​を​く​と、さい​たち​に、「この​おとこ​を​して、ころして​しまえ。われら​は​この​おとこ​と​なんの​かかわり​が​ある​か。この​おとこ​は​​が​くるって​いる」と​った。

    2 ​そこで​さい​たち​が​まえ​に​て、アビナダイ​を​らえよう​と​した​ところ、アビナダイ​は​かれら​を​ふせいで​った。

    3 「わたし​に​れるな。わたし​に​​を​かけれ​ば、かみ​が​あなたがた​を​たれる​で​あろう。わたし​は、しゅ​が​わたし​を​つかわして​げ​させよう​と​された​こと​を​まだ​つたえ​えて​いない。また、あなたがた​が​わたし​に​説明せつめい​する​よう​に​もとめた​こと​に​ついて​も、まだ​説明せつめい​して​いない。したがって、かみ​は​わたし​が​いまほろぼされる​こと​を​ゆるされない。

    4 ​わたし​は​かみ​から​けた​命令めいれい​を​たさなければ​ならない。わたし​が​真実しんじつ​を​げた​ので、あなたがた​は​わたし​に​たいして​いかって​いる。また、かみ​の​こと​を​げた​ので、あなたがた​は​わたし​を​​が​くるって​いる​と​って​さばいた。」

    5 ​さて、アビナダイ​が​これら​の​こと​を​かたった​ところ、ノア​おう​の​たみ​は​あえて​かれ​に​​を​かけよう​と​しなかった。しゅ​の​たま​が​アビナダイ​の​うえ​に​あった​から​で​ある。そして、かれ​の​かお​は​じょう​な​かがやき​を​はなって​いた。それ​は​まるで、モーセ​が​シナイ​の​やま​で​しゅ​と​かたった​とき​の​かお​の​かがやき​の​よう​で​あった。

    6 ​そして​アビナダイ​は、かみ​から​けた​ちから​と​権能けんのう​を​もって​かたり、こと​を​つづけた。

    7 「あなたがた​は、わたし​を​ころす​ちから​が​あなたがた​に​ない​こと​を​って​いる。だから​わたし​は、ぶん​の​つたえたい​こと​を​って​しまおう。わたし​は​あなたがた​の​ざいあく​に​ついて​真実しんじつ​を​げる​ので、それ​が​あなたがた​の​こころ​を​す​こと​を​しょう​して​いる。

    8 ​そして、わたし​の​こと​に​よって​あなたがた​は​​な​おもい​と​おどろき​と、また​いかり​に​たされて​いる。

    9 ​しかし、わたし​は​ぶん​の​う​こと​を​つたえて​しまおう。そののちぶん​が​どこ​へ​く​こと​に​なろう​と​かまわない​し、すくわれれば​それ​で​よい​と​おもって​いる。

    10 ​ただ、これだけ​は​あなたがた​に​って​おく。これから​のち​あなたがた​が​わたし​に​たいして​する​こと​は、将来しょうらいこる​こと​の​けい​で​あり、かげ​と​なる。

    11 ​さて、あなたがた​に​かみ​の​いましめ​の​のこり​の​ぶん​を​んで​かせよう。これら​の​いましめ​が、まだ​あなたがた​の​こころ​に​しるされて​いない​こと​が​かる​から​で​ある。あなたがた​が​これまで​人生じんせい​の​大半たいはん​を、ざいあく​を​ならい、おしえる​こと​に​ついやして​きた​こと​を、わたし​は​って​いる​から​で​ある。

    12 ​さて、あなたがた​が​おぼえて​いる​よう​に、わたし​は​まえ​に​こう​った。『あなた​は​ぶん​の​ため​に​きざんだ​ぞう​を​つくって​は​ならない。うえ​は​てん​に​ある​もの、した​は​​に​ある​もの、​の​した​の​みず​の​なか​に​ある​もの​の、どの​よう​な​かたち​を​も​つくって​は​ならない。』

    13 ​さらに、この​よう​に​ある。『あなた​は​それら​に​ひれして​は​ならない。それら​に​つかえて​は​ならない。しゅ​なる​あなた​の​かみ​で​ある​わたし​は、ねたむ​かみ​で​ある​から、わたし​を​にくむ​もの​に​は、せん​の​ざいあく​を​そん​に​むくいて、三​だい、四​だい​に​まで​およぼし、

    14 ​わたし​を​あいし、わたし​の​いましめ​を​まもる​もの​に​は、千​だい​に​およぶ​まで​あわれみ​を​しめす​から​で​ある。

    15 ​あなた​は、しゅ​なる​あなた​の​かみ​の​​を​みだり​に​となえて​は​ならない。しゅ​は、その​​を​みだり​に​と なえる​もの​を、つみ​の​ない​もの​と​は​しない​から​で​ある。

    16 あんそくにち​を​おぼえて、これ​を​せい​なる​​として​たもち​なさい。

    17 むい​の​あいだはたらいて、あなた​の​すべて​の​ごと​を​しなさい。

    18 ​しかし、なの、すなわち​しゅ​なる​あなた​の​かみ​の​あんそくにち​に​は、あなた​は​どの​よう​な​ごと​も​して​は​ならない。あなた​も​あなた​の​むすむすめしもべ、はしため、ちく、それに​あなた​の​もん​の​うち​に​いる​来訪らいほうしゃ​も​そう​で​ある。

    19 しゅ​は​むい​の​あいだ​に、てん​と​う み​と、その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​を​つくった​から​で​ある。それで、しゅ​は​あんそくにち​を​しゅくふく​し、これ​を​せい​なる​もの​と​した。

    20 ​あなた​の​ちち​と​はは​を​うやまい​なさい。しゅ​なる​あなた​の​かみ​が​あなた​に​あたえる​​で、すえながく​らせる​ため​で​ある。

    21 ​あなた​は​ころして​は​ならない。

    22 ​あなた​は​姦淫かんいん​して​は​ならない。あなた​は​ぬすんで​は​ならない。

    23 ​あなた​は​隣人りんじん​に​たいして​しょう​して​は​ならない。

    24 ​あなた​は​隣人りんじん​の​いえ​を​​むさぼって​は​ならない。隣人りんじん​の​つま​も、しもべ​も、はしため​も、うし​も、ろば​も、なん​で​あって​も​隣人りんじん​の​もの​を​むさぼって​は​ならない。』」

    25 ​さて、アビナダイ​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、かれら​に​つぎ​の​よう​に​った。「あなたがた​は​これら​の​いましめ​を​まもる​ため​に、これら​の​こと​を​すべて​つとめて​おこなう​よう​この​たみ​に​おしえて​きた​か。

    26 ​いや、おしえて​こなかった​と、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなたがた​が​おしえて​いれ​ば、しゅ​は​わたし​を​つかわして、この​たみ​に​ついて​わざわい​を​げん​させる​よう​な​こと​は​されなかった​で​あろう。

    27 ​さて、あなたがた​は​さきほど、すくい​は​モーセ​の​りっぽう​に​よって​あたえられる​と​った。わたし​は​あなたがた​に​う。いま​は​まだ​​モーセ​の​りっぽう​を​まもる​ひつよう​が​ある。しかし​将来しょうらい、もはや​モーセ​の​りっぽう​を​まもる​ひつよう​の​ない​とき​が​る​こと​を、あなたがた​に​って​おく。

    28 ​そして​さらに、わたし​は​あなたがた​に​う。すくい​は​りっぽう​だけ​で​あたえられる​もの​で​は​ない。もしも​かみしん​が​たみ​の​つみ​と​​の​ため​に​おこなわれる​贖罪しょくざい​が​なければ、たとえ​モーセ​の​りっぽう​が​あって​も、かれら​は​ほろびる​ほか​は​ない。

    29 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​う。イスラエル​の​ら​に​りっぽう​が、まことに​じょう​に​きびしい​りっぽう​が​あたえられた​の​は​ひつよう​な​こと​で​あった。かれら​は​ごうじょう​な​たみ​で、ざいあく​を​おこなう​こと​は​はやい​が、しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​おもこす​こと​の​おそい​たみ​で​あった​から​で​ある。

    30 ​そこで、かれら​に​りっぽう​が、まことに、つとめ​と​しき​の​りっぽう​が​あたえられた。その​りっぽう​は、かみ​と、かみ​に​たいする​​を​おもこ​させる​ため​に、厳密げんみつ​に​まもらなければ​ならない​もの​で​あった。

    31 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。これら​の​もの​は​すべて、将来しょうらいこる​こと​の​けい​で​あった。

    32 ​さて、かれら​は​りっぽう​を​かい​した​だろう​か。いや、すべて​の​もの​が​かい​した​わけ​で​は​ない​と​わたし​は​あなたがた​に​う。それ​は、かれら​の​こころ​が​かたくな​で​あった​から​で​ある。かみ​の​あがない​に​よらなければ​だれ​も​すくわれない​こと​を、かれら​は​かい​しなかった。

    33 よ、モーセ​は​メシヤ​の​らいりん​に​ついて、また​かみ​が​ぶん​の​たみ​を​あがなわれる​こと​に​ついて、かれら​に​げん​しなかった​で​あろう​か。また、かい​が​はじまって​らいげん​を​べて​きた​​すべて​の​げんしゃ​たち​も、これら​の​こと​に​ついて​しょう​に​かかわり​なく​べて​こなかった​で​あろう​か。

    34 かみしん​が​ひと​の​ら​の​なか​に​くだって​て、ひと​の​かたち​を​り、だい​な​ちから​を​もって​​の​おもて​に​て​かれる​こと​を、かれら​は​べて​こなかった​で​あろう​か。

    35 ​また、かみ​が​しゃ​の​ふっかつ​を​もたらされる​こと​と、かみしん​が​しいたげられ、くるしめられる​こと​も、かれら​は​べて​こなかった​で​あろう​か。」