ニーファイ第二書 6
戻る 次へ

第​6​章

ヤコブ、ユダヤじん​の​れき​を​くわしく​べる。バビロニア​しゅう​と​かん。イスラエル​の​せいじゃ​の​つとめ​と​じゅう​の​けいほうじん​から​ける​たすけ。ユダヤじん​が​メシヤ​を​しんじる​とき​に​こる​まつじつ​の​ユダヤじん​の​回復かいふくげんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​ニーファイ​の​おとうと​ヤコブ​が​ニーファイ​の​たみ​に​かたった​こと

2 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​ヤコブ​は​かみ​から​され、かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがって​聖任せいにん​され、また​あなたがた​が​おう​すなわち​しゃ​として​たより、​の​安全あんぜん​の​よりどころ​と​して​いる​わたし​の​あに​ニーファイ​に​よって​にんじられた​ので、あなたがた​も​って​いる​よう​に、わたし​は​じょう​に​おおく​の​こと​を​あなたがた​に​かたって​きた。

3 ​に​も​かかわらず、わたし​は​あなたがた​の​さいわい​を​ねがって、あなたがた​に​ふたたび​はなし​を​する。まことに、わたし​は​あなたがた​の​こと​を​じょう​に​心配しんぱい​して​いる。また、あなたがた​も​って​いる​よう​に、わたし​は​これまで​も​心配しんぱい​して​きた。その​ため​に​わたし​は、ちから​の​かぎり​あなたがた​に​き​すすめ、ちち​の​こと​を​あなたがた​に​おしえ、また、かい​の​そうぞうらいしるされて​きた​すべて​の​ことがら​に​ついて、あなたがた​に​かたって​きた。

4 ​ところで、よ、わたし​は​あなたがた​に、現在げんざい​ある​こと​と​これから​こる​こと​に​ついて​はなしたい​と​おもう。それで、​イザヤ​の​こと​を​んで​かせよう。これら​の​こと​は、わたし​が​あなたがた​に​はなす​よう​に​と​あに​が​のぞんだ​もの​で​ある。わたし​は、あなたがた​が​かみ​の​​を​おぼえて​あがめる​よう​に、あなたがた​の​ため​を​おもって​これ​を​はなす。

5 ​さて、わたし​が​これから​む​こと​は、イザヤ​が​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​ついて​べた​もの​で​ある。したがって、あなたがた​は​イスラエル​の​いえ​の​もの​で​ある​ので、それら​を​あなたがた​に​たとえて​し​つかえ​ない。また、あなたがた​は​イスラエル​の​いえ​の​もの​で​ある​ので、イザヤ​が​べた​こと​の​なか​に​は、あなたがた​に​たとえて​し​つかえ​ない​もの​が​たくさん​ある。

6 ​ところで、イザヤ​の​べた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。「よ、わたし​は​ほうじん​に​かって​​を​げ、もろもろ​の​たみ​に​かって​わたし​の​はた​を​かかげよう。すると​かれら​は​あなた​の​むす​たち​を​うで​に​き、あなた​の​むすめ​たち​を​かた​に​せて​る。

7 おう​たち​は​あなた​の​よう​と​なり、おう​たち​は​あなた​の​よう​と​なる。かれら​は​かお​を​​に​けて​あなた​に​​を​かがめ、あなた​の​あし​の​ちり​を​なめる。こう​して​あなた​は、わたし​が​しゅ​で​ある​こと​を​る。わたし​を​のぞむ​もの​は​はじ​を​けない​から​で​ある。」』

8 ​わたし​ヤコブ​は、これら​の​こと​に​ついて​すこし​はなしたい。よ、わたしたち​は​​エルサレム​から​て​た​の​で​ある​が、しゅ​は、その​エルサレム​に​いた​人々ひとびと​が​すでに​ころされ、また​とらわれ​の​​と​なって​れ​られた​こと​を、わたし​に​しめされた。

9 ​しかしながら、しゅ​は、かれら​が​ふたたび​かえって​る​こと​を​わたし​に​しめして​くださった。また​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​しゅ​なる​かみ​が、にく​に​あって​かれら​に​しん​を​あらわされる​こと​と、しゅ​が​しん​を​あらわされた​のち、わたし​に​かたった​てん使​の​こと​の​とおり​に、かれら​が​しゅ​を​むちって​じゅう​に​つける​こと​も、しゅ​は​わたし​に​お​しめし​に​なった。

10 かれら​が​イスラエル​の​せいじゃ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​し、ごうじょう​に​なった​のちよ、イスラエル​の​せいじゃ​の​さばき​が​くだる。そして​かれら​が​たれ、くるしめられる​​が​る。

11 ​したがって​かれら​は、あちら​こちら​に​てられた​のちてん使​が​う​よう​に、おおく​の​もの​が​にく​に​あって​くるしみ​を​ける。しかし、ちゅうじつ​な​もの​の​いのり​の​おかげ​で、かれら​は​ほろびる​こと​は​ない。かれら​は​らされ、たれ、きらわれる​が、しゅ​が​かれら​に​あわれみ​を​かけられる​ので、かれら​は​ぶん​たち​の​あがなぬし​を​る​よう​に​なる​とき、ふたたび​ぎ​の​​に​あつめられる。

12 ​この​げんしゃ​が​しるして​いる​ほうじん​は、さいわい​で​ある。よ、かれら​は​あらためて​シオン​と​たたかわず、あの​おおきな​まわしい​きょうかい​に​くわわらなければ​すくわれる​から​で​ある。しゅ​なる​かみ​は​ぶん​の​ども​たち​と​わされた​せいやく​を​たされる​から​で​ある。げんしゃ​が​これら​の​ことがら​を​しるした​の​は​この​ため​で​ある。

13 ​したがって、シオン​と、また​しゅ​の​せいやく​の​たみ​と​たたかう​もの​たち​は、これら​の​人々ひとびと​の​あし​の​ちり​を​なめる​で​あろう。しかし、しゅ​の​たみ​は​はじ​を​ける​こと​は​ない。しゅ​の​たみ​は​しゅ​を​のぞむ​もの​で​あり、いま​なお​メシヤ​の​らいりん​を​のぞんで​いる​から​で​ある。

14 よ、この​げんしゃ​の​こと​に​よれ​ば、メシヤ​は​かれら​を​ふたたび​もと​に​もどす​わざ​を​はじめられる。それで、かれら​が​メシヤ​を​しんじる​​が​る​と、メシヤ​は​ちから​と​おおいなる​えいこう​と​を​もって、かれら​に​しん​を​あらわし、かれら​の​てき​を​ほろぼされる。また​メシヤ​は、ぶん​を​しんじる​もの​を​ひと​も​ほろぼされない。

15 ​メシヤ​を​しんじない​もの​は、​と​あらし​と​しん​と​りゅうけつ​と​えきびょう​と​きん​に​よって​ほろぼされる。そして​かれら​は、しゅ​が​イスラエル​の​せいじゃ​なる​かみ​で​あられる​こと​を​る​の​で​ある。

16 ゆう​から​もの​を​​どうして​かえせよう​か。また​せいとう​な​りょ​を​どうして​すくい​せよう​か。』

17 ​しかし​しゅ​は​この​よう​に​われる。『ゆう​の​らえた​りょ​さえ​かえされ、荒々あらあらしい​もの​に​うばわれた​もの​さえ​うばい​かえされる。』​ちから​の​かみ​が​ぶん​の​せいやく​の​たみ​を​すくい​される​から​で​ある。しゅ​は​こう​われる。『わたし​は​あなた​と​あらそう​もの​と​あらそう。

18 ​わたし​は​あなた​を​しいたげる​もの​に、かれら​しん​の​にく​を​わせる。かれら​は​あまい​ぶどう​しゅ​に​う​よう​に​ぶん​の​​に​う。こう​して​すべて​の​もの​は、しゅ​なる​わたし​が​あなた​の​すくぬし、あなた​の​あがなぬし​ヤコブ​の​ちから​ある​もの​で​ある​こと​を​る​よう​に​なる。』」