ニーファイ第二書 10
    脚注

    第​10​章

    ユダヤじん​は​将来しょうらいぶん​たち​の​かみ​を​じゅう​に​つける。ユダヤじん​は、しゅ​を​しんじる​よう​に​なる​とき​まで​らされる。アメリカ​は​将来しょうらいはい​する​おう​の​いない​ゆう​の​​と​なる。ひと​は​かみ​と​かい​し、かみ​の​めぐみ​に​よって​すくい​を​る​よう​に​しなければ​ならない。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​ヤコブ​は、さき​に​わたし​が​かたった​この​​に​かなった​えだ​に​ついて、もう​いち​あなたがた​に​はなそう。

    2 よ、わたしたち​が​た​やくそく​は、にく​に​おける​わたしたち​へ​の​やくそく​で​ある。だから​わたし​に​しめされた​よう​に、わたしたち​の​そん​の​なか​に​は、しんこう​の​ため​に​にく​に​おいて​ほろびる​もの​が​おおい。しかし、それでも​かみ​は​おおく​の​もの​に​あわれみ​を​かけられる。それで、わたしたち​の​そん​は​もと​に​もどされ、ぶん​たち​の​あがなぬし​に​ついて​真実しんじつ​の​しき​を​あたえる​もの​を​る。

    3 ​それゆえ、わたし​が​さき​に​あなたがた​に​かたった​よう​に、キリスト​は(この​​こそ​が​あがなぬし​の​​で​ある​と​わたし​は​さくばんてん使​から​げられた​が)ユダヤじん​の​なか​に、すなわち​​の​人々ひとびと​の​なか​で​いちばん​じゃあく​な​もの​たち​の​なか​に​られる​ひつよう​が​ある。そして、かれら​は​キリスト​を​じゅう​に​つける。それ​が​わたしたち​の​かみ​に​とって​ひつよう​だから​で​ある。かれら​の​ほか​に​は、ぶん​たち​の​かみ​を​じゅう​に​つける​よう​な​こくみん​は、じょう​の​どこ​に​も​いない。

    4 ​もし​おおきな​せき​が​ほか​の​こくみん​の​なか​で​おこなわれた​なら​ば、その​たみ​は​あらため、その​せき​を​おこなわれた​かた​が​ぶん​たち​の​かみ​で​あられる​こと​に​づく​から​で​ある。

    5 ​しかし、エルサレム​に​いる​人々ひとびと​は、ぜんばいきょう​と​ざいあく​の​ため​に、キリスト​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​して、キリスト​を​じゅう​に​つける。

    6 ​それゆえ、かれら​の​ざいあく​の​ため​に、めつぼう​と​きんえきびょうりゅうけつ​が​かれら​を​おそう。また​ほろぼされなかった​もの​は、すべて​の​こくみん​の​なか​に​らされる。

    7 ​しかし​よ、しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。『かれら​が​わたし​を​キリスト​で​ある​と​しんじる​​が​る​と、わたし​が​かれら​の​せん​と​せいやく​した​よう​に、かれら​は​にく​に​あって、じょう​で​かれら​の​ぎ​の​​に​もどされる。

    8 ​そして​かれら​は、長年ながねん​の​さん​から、すなわち​う み​の​島々しまじま​から、また​​の​ほう​から​あつめられる。また​ほうじん​の​こくみん​は、かれら​を​ぎ​の​​に​れ​もどす​こと​に​よって、わたし​の​​に​おおいなる​もの​と​なる。』​かみ​は​こう​われる。

    9 ​まことに​ほうじん​の​おう​たち​は、かれら​に​とって​よう​と​なり、おう​たち​は​よう​と​なる。したがって​しゅ​の​やくそく​は、ほうじん​に​とって​だい​で​ある。しゅ​が​そう​われた​から​で​あって、だれ​が​これ​に​反駁はんばく​できよう​か。

    10 ​しかし​よ、かみ​は​われた。『この​​は​あなた​の​ぎ​の​​と​なる。また、ほうじん​は​この​​で​しゅくふく​される。

    11 ​そして、この​​は​ほうじん​に​とって​ゆう​の​​と​なり、将来しょうらいほうじん​の​ため​に​つ​おう​は、この​​に​ひと​も​いない。

    12 ​わたし​は、ほか​の​すべて​の​こくみん​に​たいして​この​​を​ふせぎ​かためよう。

    13 ​シオン​と​たたかう​もの​は​ほろびる。

    14 ​わたし​に​さからって​おう​を​てる​もの​は​ほろびる。しゅ​で​あり​てん​の​おう​で​ある​わたし​が​かれら​の​おう​と​なり、わたし​の​こと​を​く​かれら​に​とって、わたし​は​とこしえ​に​かれら​の​ひかり​と​なる​から​で​ある。

    15 ​さて、わたし​は​この​もくてき​の​ため​に、すなわち、ひと​の​ら​が​にく​に​ある​あいだ​に​わたし​が​かれら​に​おこなう​と​やくそく​した​せいやく​を​たす​ため​に、かくれた​やみ​の​わざ​と​さつじん​と​まわしい​おこない​を​やさなければ​ならない。

    16 ​その​ため​に、​シオン​に​いどむ​もの​は、ユダヤじん​も​ほうじん​も、そくばく​された​もの​も​ゆう​な​もの​も、おとこ​も​おんな​も​すべて​ほろびる。​これら​の​もの​は​ぜん​の​いん​だから​で​ある。わたし​に​かた​しない​もの​は、わたし​に​反対はんたい​する​もの​だから​で​ある。』​わたしたち​の​かみ​は​こう​われる。

    17 『わたし​は​ひと​の​ら​に​てた​やくそく、すなわち、かれら​が​にく​に​ある​あいだ​に​わたし​が​かれら​に​おこなう​と​やくそく​した​こと​を​たす。』

    18 ​それで​あいする​同胞はらから​よ、かみ​は​こう​われる。『わたし​は​ほうじん​の​​に​よって、あなた​の​そん​を​くるしめ​なやます。それでも、わたし​は​ほうじん​の​こころ​を​やわらげる​ので、かれら​は​あなた​の​そん​に​とって​父親ちちおや​の​よう​に​なる。それで、ほうじん​は​しゅくふく​されて、イスラエル​の​いえ​の​なか​に​かぞえられる。

    19 ​さて、わたし​は​あなた​の​そん​と、あなた​の​そん​に​かぞえられる​もの​の​ため​に、この​​を​ぎ​の​​として​とこしえ​に​聖別せいべつ​しよう。』​かみ​は​わたし​に​そう​われる。『この​​は​わたし​に​とって、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​で​ある。それゆえ​わたし​は、ここ​に​む​すべて​の​もの​が​わたし​を​れいはい​する​こと​を​のぞむ。』​かみ​は​そう​われる。

    20 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたしたち​の​あわれみ​ぶかい​かみ​は、これら​の​こと​に​ついて、この​よう​に​おおく​の​しき​を​あたえて​くださった​ので、わたしたち​は​かみ​を​おぼえて、つみ​を​てよう​で​は​ない​か。わたしたち​は​てられて​は​いない​ので、うなだれる​の​は​やめよう。わたしたち​は​ぎ​の​​から​された​が、しゅ​が​う み​を​わたしたち​の​みち​と​された​ので、わたしたち​は​​もっと​い​​に​みちびかれて​た。そして、わたしたち​は​いまう み​の​しま​に​いる。

    21 ​しかし、う み​の​島々しまじま​に​いる​もの​たち​に​たいする​しゅ​の​やくそく​は​だい​で​ある。また、島々しまじま​と​いう​から​に​は、この​ほか​に​も​もっと​ある​に​ちがいない。そこ​に​も​わたしたち​の​同胞はらから​が​んで​いる。

    22 ​それ​は​よ、しゅ​なる​かみ​が​ぶん​の​​の​まま、おもい​の​まま​に、ときどき​イスラエル​の​いえ​から​人々ひとびと​を​された​から​で​ある。そして​よ、しゅ​は、り​られた​もの​を​すべて​おぼえて​おられる​ので、わたしたち​の​こと​も​おぼえて​おられる。

    23 ​それゆえ、こころ​を​よろこばせ​なさい。そして​あなたがた​は、ぶん​の​おもう​とおり​に​こうどう​する​こと、すなわち​永遠えいえん​の​​の​みち​を​えらぶ​こと​も、永遠えいえん​の​いのち​の​みち​を​えらぶ​こと​も​ゆう​で​ある​の​を​おぼえて​おき​なさい。

    24 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、かみ​の​こころ​と​かい​しなさい。あく​の​​と​にく​の​おもい​に​みずから​を​したがわせて​は​ならない。また、かみ​と​かい​した​のち​に​あなたがた​が​すくわれる​の​は、ただ​かみ​の​めぐみ​に​よる​こと、また​かみ​の​めぐみ​を​つうじて​で​ある​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

    25 ​そして、かみ​が​ふっかつ​の​ちから​に​よって、あなたがた​を​​から​よみがえらせ、また​贖罪しょくざい​の​ちから​に​よって、永遠えいえん​の​​から​も​よみがえらせて​くださって、あなたがた​が​かみ​の​永遠えいえん​の​おうこく​に​むかえ​れられ、かみ​の​めぐみ​に​よって​かみ​を​ほめ​たたえる​こと​が​できる​よう​に。アーメン。」