ニーファイ第二書3
戻る 次へ

第3章

エジプトにおいてヨセフはげんでニーファイじんた。ヨセフは,まつじつせいけんしゃジョセフ・スミスと,イスラエルをすくすモーセと,る『モルモンしょ』についてげんした。げんぜんやく五百八十八ねんから五百七十ねんいたる。

1 「わたしのすえであるヨセフよ,わたしはあなたにげる。あなたはわたしがなんったまれた。まことに,わたしがおおいになげくるしんでいたころに,あなたのはははあなたをんだ。

2 あなたとあなたのそんがイスラエルのせいじゃいましめをまもることにより,しゅがあなたのぎとして,またあなたの同胞はらからとともにあなたのそんとして,またとこしえにあんぜんとして,もっととうとであるこのせいべつしてくださるように。

3 さて,わたしがなんったかられてすえヨセフよ,しゅがとこしえにあなたをしゅくふくしてくださるように。あなたのそんがことごとくほろびてしまうことはないであろう。

4 よ,あなたはわたしのこしからものであり,またとらわれとなってエジプトへれてかれたヨセフそんだからである。しゅがヨセフにてられたせいやくだいである。

5 すなわち,ヨセフはまことにわたしたちのだい。そしてヨセフは,しゅなるかみがイスラエルのいえのために,ヨセフのこしからものなかから一ぽんにかなったえだこされるという,しゅやくそくけた。そのえだというのはメシヤではなく,られる一ぽんえだのことである。このえだは,られるにもかかわらず,しゅせいやくなかおもこされる。そのせいやくとは,かれらをくらやみからひかりすために,まことにかくれたくらやみそくばくからゆうすために,メシヤちかられいによってまつじつにその姿すがたかれらにあらわされるというものである。

6 ヨセフはまことにあかししてった。『しゅなるわたしのかみは,一人ひとりせいけんしゃてられる。それは,わたしのこしからもののためのえりきのせいけんしゃである。』

7 まことに,ヨセフはまたった。『しゅはわたしにこうわれた。「わたしはあなたのこしからものなかから,一人ひとりのえりきのせいけんしゃてよう。かれはあなたのこしからものなかおおいにとうとばれるであろう。わたしはそのせいけんしゃに,かれ同胞はらからであるあなたのこしからもののために一つのわざおこなうようにめいじよう。そのわざは,かれらにとっておおいにのあるものであり,わたしがあなたのせんわしたせいやくをあなたのこしからものらせるものである。

8 わたしはそのせいけんしゃに,わたしがめいじるわざのほかにはなんわざおこなわないようにめいじよう。かれはわたしのわざおこなうので,わたしはかれを,わたしのにかなっただいものとしよう。

9 そのせいけんしゃモーセのようにだいである。モーセとは,わたしのたみすくために,おお,イスラエルのいえよ,わたしがあなたのためにてるとっておいたものである。

10 わたしはモーセをてて,あなたのたみをエジプトのからすくそう。

11 しかし,わたしはあなたのこしからものなかから一人ひとりせいけんしゃて,わたしのことをあなたのこしからそんつたえるちからかれさずけよう。また,わたしのことつたえるだけでなく,すでにかれらのなかつたわっているわたしのことかくしんさせるちからさずけよう。

12 そのために,あなたのこしからものしる。またユダこしからものしる。そして,あなたのこしからものしるすものと,ユダのこしからものしるすものは一つにわされて,いつわりのきょうやぶあらそいをしずめ,あなたのこしからものなかへいかくりつし,またまつじつせんについてのしきかれらにあた,そしてまた,わたしのせいやくについてもらせる。」しゅはそうわれる。

13 「おお,イスラエルのいえよ,あなたをもとどおりにするために,わたしのわざがわたしのすべてのたみなかはじまるその,そのせいけんしゃよわさをつよくされる」としゅわれる。』

14 またヨセフはつぎのようにげんした。『よ,しゅはそのせいけんしゃしゅくふくされる。わたしがわたしのこしからものについてしゅからいただいたこのやくそくは,かならたされるので,そのせいけんしゃほろぼそうとするものやぶられる。よ,わたしは,このやくそくたされることをかくしんしている。

15 そのせいけんしゃはわたしにちなんでけられ,またそのかれちちってけられる。そして,かれはわたしのようである。しゅかれにより,しゅちからによってもたらされるものが,わたしのたみすくいにいたらせるからである。』

16 まことにヨセフは,つぎのようにげんした。『わたしは,モーセについてのやくそくかくしんしているように,このこともかくしんしている。それはしゅが,「あなたのそんをとこしえにまもろう」とわたしにわれたからである。

17 また,しゅわれた。「わたしはモーセをてよう。そして,つえをもってかれちからあたえ,まためいりょうしるちからかれあたえよう。しかしわたしは,かれしたゆるめて,かれがよくかたれるようにはしない。わたしはかれを,かたるにちからあるものとはしないからである。しかしわたしは,ぶんゆびでわたしのりっぽうかれあた,またかれのために一人ひとりだいべんしゃそなえよう。」

18 しゅはまたわたしにわれた。「わたしはあなたのこしからもののためにせいけんしゃて,またかれのために一人ひとりだいべんしゃそなえよう。そしてよ,わたしはそのせいけんしゃに,あなたのこしからものしるしたものをあなたのこしからものつたえさせる。また,あなたのそんだいべんしゃがそれをらせる。

19 そのせいけんしゃしることは,わたしのにかなって,あなたのこしからものつたわることである。それはあたかも,あなたのこしからものが,からさけんでいるかのようである。わたしは,かれらのしんこうっているからである。

20 あなたのこしからものは,からさけ。すなわち,おおくのだいぎてから,かれらの同胞はらからあらためをさけぶ。そして,かれらのさけびはかりやすいことつたわる。

21 かれらのしんこうのゆえに,かれらのことはわたしのくちからて,あなたのこしからものであるかれらの同胞はらからつたわる。わたしはかれらのことよわいところを,かれらのしんこうのゆえにつよくし,わたしがあなたのせんわしたせいやくおもこさせよう。」』

22 さてよ,わたしのむすヨセフよ,わたしのとおせんはこのようにげんした。

23 したがって,あなたはこのせいやくによってしゅくふくされている。あなたのそんはそのしょもつことしたがうので,ほろぼされないからである。

24 あなたのそんなかに,一人ひとりちからあるものあらわれる。そのものかみ使つかわれるものとして,あつしんこうをもって,ことにもおこないにもおおいにぜんをなし,だいきょうたんすべきことをおこない,またかみおおいなることをおこない,イスラエルのいえとあなたのあにたちのそんたいしてじゅうぶんかいふくをもたらす。

25 さて,ヨセフよ,あなたはさいわいである。よ,あなたはまだわかいので,あにのニーファイのことしたがいなさい。そうすれば,わたしのかたったことのとおりになるであろう。もうすぐこのろうとするちちことおぼえておきなさい。アーメン。」