ニーファイ第二書27
戻る 次へ

第27章

わりのときあんこくはいきょうおおう。『モルモンしょ』がる。そのしょもつについて三にんしょうにんあかしする。がくしゃはそのふうじられたしょもつむことはできないとう。しゅおどろくべきわざおこなわれる。イザヤしょだい二十九しょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 しかしよ,わりのとき,すなわちほうじんだいになると,よ,ほうじんとユダヤじんのすべてのこくみんは,このものもほかのにいるものも,すなわちぜんものみなよ,ざいあくとあらゆるまわしいおこないでう。

2 そのると,ばんぐんしゅは,かみなりしんだいおんきょうあらしぼうふうくすほのおかれらにくだされる。

3 そして,シオンとたたか,シオンをなやますすべてのこくみんは,よるまぼろしのようになる。すなわち,えたものゆめるようである。よ,えたものゆめなかべても,ませばくうふくである。あるいは,のどのかわいたものゆめるようである。よ,のどのかわいたものゆめなかんでも,ませば,よ,からだよわっており,かわきはつづいている。まことに,シオンのやまたたかうすべてのこくみんれも,そのようになる。

4 よ,ざいあくおこなものたちよ,あなたがたはみなくしてきょうたんせよ。あなたがたはおおごえさけび,わめくであろう。まことに,あなたがたはうが,ぶどうしゅによるのではない。ふるえるが,つよさけによるのではない。

5 よ,しゅはあなたがたのうえに,ふかねむりのれいそそがれた。それはよ,あなたがたがじ,げんしゃたちをこばんだからである。それで,しゅはあなたがたのざいあくのために,とうしゃせいけんしゃかくしてしまわれたのである。

6 そしてしゅなるかみは,あるしょもつことあなたがたにもたらされる。それはねむりにいたものたちのことである。

7 よ,そのしょもつふうじられており,そのなかには,はじめからわりまでのかみからのけいっている。

8 また,ふうじられているものがあるので,ふうじられているものは,たみあくまわしいおこないにふけっているだいにはさずけられない。したがって,そのしょもつひとびとからかくされる。

9 しかしそのしょもつは,やがて一人ひとりおとこさずけられる。そしてかれは,そのしょもつなかこと,すなわちなかねむりにいているものたちのことを,べつおとこさずける。

10 しかしかれは,ふうじられていることさずけないし,そのしょもつわたさない。そのしょもつかみちからによってふうじられており,また,ふうじられているけいは,しゅがふさわしいとおもわれるときるまで,そのしょもつなかたもたれるからである。よ,それらのけいはじめからわりまで,すべてのことをしめすものである。

11 こうして,ふうじられたしょもつことうえげられ,またキリストのちからによってまれるる。そして,かつてひとらのなかにあったことと,またこれからわりまでにこることがすべて,ひとらにしめされる

12 それゆえ,わたしがまえべたおとこにそのしょもつさずけられるに,そのしょもつひとびとにつかないようにかくされる。そして,そのしょもつさずけられるおとこのほかに,にんしょうにんかみちからによってそれをるが,そのほかにはだれもない。そしてこの三にんは,そのしょもつとそのなかいてあることがしんじつであることをあかしする。

13 このほかにそれをものは,ただかみこころしたがってひとらにかみことについてあかしべるしょうすうものだけで,だれもほかにいない。しゅなるかみは,ちゅうじつものことはあたかもしゃからるかのようにかたる,とわれた。

14 それゆえ,しゅなるかみはそのしょもつことをもたらし,またてきせつであるとなされるにんずうしょうにんくちとおして,ぶんことたしかなものとされる。したがって,かみことこばものわざわいである。

15 しかしよ,そこでしゅなるかみはそのしょもつおとこにこうわれる。「ふうじられていないこれらのことってべつおとこわたし,かれがくしゃにそれをせて,『どうぞ,これをんでください』とうようにしなさい。するとそのがくしゃは,『そのしょもつをここにっててください。そうすればみましょう』とう。

16 ところで,かれらがそううのは,ほまれのため,またえきるためであって,かみえいこうのためではない。

17 それでさきおとこは,『そのしょもつふうじられているので,ってることはできません』とう。

18 すると,がくしゃは,『それでは,わたしにはめない』とう。」

19 そこで,しゅなるかみはそのしょもつとそのなかことをもういちがくしきのないものさずけられる。するとがくしきのないものは,「わたしはがくです」とう。

20 そのとき,しゅなるかみわれる。「がくしゃは,これらのことれなかったので,めない。しかし,わたしにはわたししんわざおこなのうりょくがあるので,あなたはわたしがさずけることむであろう。

21 ふうじられているぶんれてはならない。わたしは,ぶんがふさわしいとおもうときにそれらをもたらすからである。そして,わたしにはわたししんわざおこなのうりょくがあることを,ひとらにしめそう。

22 それゆえ,あなたはわたしのめいじたことみ,またわたしがあなたにやくそくしたしょうにんたちたら,そののち,あなたはふたたびそのしょもつふうじて,わたしにたくしてかくすようにしなさい。そうすればわたしは,ひとらにすべてのことをあきらかにするのがわたしのにかなうとおもうときまで,あなたのまだんでいないことたもっておくことができる。

23 さてよ,わたしはかみである。せきかみである。わたしは,昨日きのうも,今日きょうも,またとこしえにわらないこと,また,わたしはひとらのしんこうおうじてでなければかれらのなかわざおこなわないことを,ひとびとしめそう。」

24 そしてまた,しゅことさずけられて,それをさきおとこわれる。

25 このたみくちではわたしにちかづき,くちびるではわたしをあがめるが,かれらのこころはわたしからとおはなれている。かれらがわたしをおそうやまうのは,ひとくんかいによっておしえられているからである。

26 それゆえ,わたしはこのたみなかおどろくべきわざを,まことにおどろくべきわざおこなう。しゃがくしゃうしなわれ,けんじゃしきかくされる。」

27 ぶんたちのはかりごとをおくふかかくして,しゅられないようにしようとするものは,わざわいである。かれらのおこないはやみなかにあり,かれらは,「だれがわたしたちをていようか。だれがわたしたちをっていようか」とう。かれらはまた,「たしかに,あなたがたがものごとてんとうしてかんがえていることは,とうねんのようなものだ」とう。しかしよ,ばんぐんしゅわれる。「わたしはかれらのあらゆるおこないをっていることをかれらにしめそう。つくられたものがそれをつくったものについて,『かれはわたしをつくらなかった』とえるだろうか。かたちづくられたものがかたちづくったものについて,『かれにはふんべつがない』とえるだろうか。」

28 しかしよ,ばんぐんしゅわれる。「わたしはひとらに,もうしばらくするとレバノンがよくえたはたけわり,そのよくえたはたけもりのようにおもわれるときることをしめそう。」

29 そしてそのみみこえないものもそのしょもつことき,えないものくらやみから,またあんこくからえるようになる。

30 また,にゅうものたちもえてしゅにあってよろこひとびとなかまずしいものたちは,イスラエルのせいじゃによってよろこびをあじわうようになる。

31 あらあらしいものはいなくなり,あざけるものくされ,ざいあくをうかがうものたれることを,しゅきておられるようにたしかに,かれらはるからである。

32 たったひとことのためにひとわるものもんでとがめるものたいしてわなをけるもの,またのないもののためにただしいもの退しりぞけるもの,これらのものたれる。

33 さて,アブラハムをあがなわれたしゅは,ヤコブのいえについてこうわれる。「それゆえ,ヤコブはもはやはじけることなく,また,もはやかおいろうしなうこともない。

34 かれぶんなかにわたしのわざであるぶんそんとき,かれらはわたしのしんせいであるとたたえ,ヤコブのせいじゃしんせいかたとしてたたえ,イスラエルのかみおそうやまう。

35 こころかいしょうじていたものかいするようになり,つぶやいていたものきょうようになる。」