ニーファイ第二書1
戻る 次へ

ニーファイだいしょ

リーハイの。ニーファイのあにたち,ニーファイにそむく。しゅ,ニーファイにるようにけいこくされる。でのたびなど。

第1章

リーハイ,ゆうについてげんする。リーハイのそんは,イスラエルのせいじゃこばむならばらされ,たれる。リーハイ,けるようにむすたちにすすめる。げんぜんやく五百八十八ねんから五百七十ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイがあにたちにおしえてから,ちちのリーハイもまたおおくのことをあにたちにはなし,しゅかれらをエルサレムのからすにたり,どれほどおおいなることをなさったかをかれらにかたった。

2 ちちはまた,かれらがうみうえそむいたことや,かみかれらをあわれんで,うみにのみまれないようにいのちたすけてくださったことについて,かれらにかたった。

3 さらにちちは,かれらがやくそくについてはなし,また,エルサレムのからのがれるようにけいこくしてくださったしゅがいかにあわれみぶかかたであるかを,かれらにかたった。

4 よ,ちちった。「わたしはげんけ,エルサレムがすでにほろびてしまったことをっている。エルサレムにのこっていたら,わたしたちもまたほろびていたであろう。」

5 ちちった。「しかし,わたしたちはいろいろななんったにもかかわらず,やくそくれた。これはほかのあらゆるまさったえりであって,しゅなるかみがわたしのそんぎのとしてわたしにせいやくしてくださったである。まことに,しゅはこのを,わたしやわたしのそんにとこしえにくださるとせいやくされ,またしゅによってほかのくにぐにからみちびかれてるすべてのひとにもあたえるとせいやくされた。

6 それでわたしリーハイは,わたしのうちにあるたまはたらきによってげんする。すなわち,しゅによってみちびかれてるのでなければ,だれもこのることはない。

7 したがって,このしゅれてられるもののためにせいべつされている。もしこのひとびとしゅからあたえられたいましめにしたがってしゅつかえるならば,ここはかれらにとってゆうとなり,かれらはけっしてとらわれのおちいることがないであろう。もしとらわれのおちいるならば,それはざいあくのためである。ざいあくがはびこるとき,ざいあくおかひとびとのためにのろわれるが,じんのためにはとこしえにしゅくふくされるからである。

8 よ,このいまなおほかのこくみんられないようにしておくのは,かしこいことである。よ,おおくのこくみんむらがってて,ぎのがなくなってしまうからである。

9 それで,わたしリーハイはやくそくけている。すなわち,しゅなるかみによってエルサレムのかられてられるひとびとは,しゅめいれいまもるかぎりこのおもてさか,またほかのすべてのこくみんからもはなされて,このぶんのものとしてしょゆうする。そしてかれらは,しゅめいれいまもならばこのしゅくふくけ,かれらをくるしめるものはなく,またそのぎのげるものもなく,とこしえにあんぜんらせるのである。

10 しかしよ,かれらがしゅからじょうおおきなしゅくふくけたのち,すなわち,かれらがとすべてのひとそうぞうについてのしきそうぞうらいしゅおおいなるおどろくべきわざり,しんこうによってすべてのことをおこなちからあたえられ,はじめからのいましめをことごとくさずかり,しかもしゅかぎりないいつくしみによってこのとうとやくそくれてられたのちに,しんこうおちいときると,よ,わたしはうが,もしかれらがまことのメシヤかれらのあがなぬしかれらのかみであるイスラエルのせいじゃこばれば,よ,こうせいかみさばきがかれらにとどまるであろう。

11 まことにしゅは,かれらのもとにほかのこくみんれてちからさずけられる。そして,かれらはしょゆうしているげられ,らされたれる。

12 まことに,だいうつるにつれて,かれらのなかりゅうけつがあり,おおきなけいばつくだる。だからむすたちよ,おぼえておいてほしい。まことに,わたしのことしたがってほしい。

13 おお,あなたがたはましていてもらいたい。ふかねむりから,すなわちごくねむりからめて,あなたがたをしばっているおそろしいくさりはらいなさい。そのくさりひとらをしばって,こうわざわいのえいえんふちくさりである。

14 ましなさい。そしてからがり,おののくちちこときなさい。あなたがたはもなくちちからだつめたいごんはかよこたえなければならない。そこからはどんなたびびとけっしてもどってることができない。あとわずかで,わたしはのすべてのひとのたどるみちく。

15 しかしよ,しゅはわたしをごくからあがなってくださった。わたしはしゅえいこうた。そして,しゅあいうでえいえんかれている。

16 わたしは,あなたがたがしゅおきてさいけつわすれずにまもることをねがっているが,よ,これは,はじめからわたしのしんぱいしていたところである。

17 わたしのこころときどきかなしみにしつぶされるようであった。それは,あなたがたのこころがかたくななために,しゅなるあなたがたのかみちみちるはげしいいかくだされて,あなたがたがたれ,とこしえにほろぼされてしまうのではないかとおそれてきたからである。

18 あるいは,おおくのにわたってのろいがあなたがたにおよび,つるぎきんわれ,きらわれ,またあくまどわされ,らえられはしないかとおそれてきたからである。

19 おお,むすたちよ,これらのことがあなたがたにおよぶことなく,あなたがたがしゅえらばれたあいされるたみとなるようにねがっている。しかしよ,しゅみちはとこしえにであるから,こころおこなわれるように。

20 しゅは『あなたがたはわたしのめいれいまもるかぎりさかえる。しかし,わたしのめいれいまもらなければ,わたしのまえからたれる』とわれた。

21 さて,わたしのれいがあなたがたにあってよろこびをて,あなたがたのことをよろこびながらこのることができるように,また,わたしのこころうれいやかなしみをいだいてはかはいることのないように,むすたちよ,からがって,おとこらしくありなさい。そしておもを一つにし,こころを一つにしてけつかため,あらゆることにけっそくしなさい。これはあなたがたがとらわれのおちいらないためである。

22 また,ひどいのろいをもってのろわれないためであり,こうせいかみきょうぶんまねいて,ほろびを,まことにれいからだりょうほうえいえんほろびをけることのないようにするためである。

23 ましなさい,むすたちよ。けなさい。あなたがたをしばっているくさりはらい,くらやみて,からがりなさい。

24 これからはもう,あなたがたのおとうとそむかないようにしなさい。かれげんそうごんなものであって,かれはわたしたちがエルサレムをたときからかみめいれいまもり,かみ使つかわれるものとしてわたしたちをやくそくみちびいてた。もしかれがいなかったなら,わたしたちはきっとしていたであろう。にもかかわらず,あなたがたはかれいのちうばおうとした。そして,かれはあなたがたのためにひどくうれかなしんだ。

25 わたしは,こののちまたニーファイがくるしむのではないかと,よ,あなたがたのことでじょうおそれおののいている。それはあなたがたが,かれがあなたがたをはいするけんりょくけんのうもとめたとってかれをひどくめてきたからである。しかしニーファイは,あなたがたをはいするけんりょくけんのうもとめたのではなく,かみえいこうとあなたがたしんえいえんさいわいをもとめてきたのである。わたしはそのことをっている。

26 あなたがたは,かれがはっきりったのでつぶやいた。あなたがたは,かれきびしかったぶんたちにたいしていかったなどとう。しかしよ,かれきびしさは,かれうちにあるかみことちからきびしさであって,またあなたがたのいかりとは,かみうちにあるしんにほかならない。それをニーファイはみずかおさえることができなくて,あなたがたのざいあくについてだいたんあきらかにしたのである。

27 かみちからかれとともにあるのはひつようなことであって,かれめいじたことにあなたがたはしたがわなければならない。しかしよ,かれくちをつぐむことができないほどかれくちひらいてかたらせたのは,かれしんではなく,かれうちにあるしゅたまであった。

28 さて,わたしのむすレーマン,それにレムエル,サム,ならびにイシマエルのむすであるわたしのむすたちよ。よ,あなたがたがニーファイのこえしたがうならば,ほろびないであろう。そしてかれしたがうならば,わたしはあなたがたにしゅくふくを,それもだい一のしゅくふくのこそう。

29 しかし,もしあなたがたがかれしたがわないならば,わたしはだい一のしゅくふく,まことにわたしのしゅくふくげて,それをニーファイにさずけよう。

30 さて,ゾーラムよ,わたしはあなたにげる。よ,あなたはラバンのしもべであったが,エルサレムのかられてられた。わたしはあなたがむすニーファイにとって,とこしえにしんともであることをっている。

31 したがって,あなたがちゅうじつであったので,あなたのそんはニーファイのそんともにしゅくふくけて,ながくこのおもてんでさかえるであろう。そしてあなたのそんなかざいあくおこなわれないかぎり,このおもてさかえるのをそこなったりがいしたりするものは,とこしえにないであろう。

32 それで,あなたがたがしゅめいれいしたがうならば,しゅはこのせいべつし,あなたのそんをわたしのむすそんとともに,あんぜんまもってくださるであろう。」