ニーファイ第二書 31
    脚注

    第​31​章

    ニーファイ、キリスト​が​バプテスマ​を​けられた​わけ​を​げる。すくい​を​る​ため​に​は、ひと​は​キリスト​に​ならって​バプテスマ​を​け、聖霊せいれい​を​さずかり、さい​まで​しのばなければ​ならない。あらため​と​バプテスマ​は、ほそくて​せまい​みち​に​いたる​もん​で​ある。永遠えいえん​の​いのち​は、バプテスマ​を​けた​のち​も​いましめ​を​まもる​人々ひとびと​に​あたえられる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​は、あなたがた​あいする​同胞はらから​に​げん​する​こと​を​これ​で​える。わたし​は​将来しょうらいかならず​こる​と​って​いる​こと​を、すこし​しか​しるせない。また、おとうと​の​ヤコブ​の​こと​も​すこし​しか​しるせない。

    2 ​しかし、これまで​しるして​きた​こと​で​十分じゅうぶん​で​ある。ただ、キリスト​の​きょう​に​ついて​は​すこし​べて​おか​なければ​ならない。それで、わたし​の​かり​やすい​げん​の​かた​で、あなたがた​に​かり​やすく​べて​おく。

    3 ​わたし​は、かり​やすい​こと​を​よろこび​と​する。しゅ​なる​かみ​は​かり​やすい​ほうほう​で、ひと​の​ら​の​なか​で​わざ​を​おこなわれる​から​で​ある。しゅ​なる​かみ​は​かいりょく​に​ひかり​を​お​あたえ​に​なる。しゅ​なる​かみ​は、人々ひとびと​が​かい​できる​よう​に​かれら​の​こと​に​ならって​かたられる。

    4 ​そこで、しゅ​が​わたし​に​しめされた​あの​げんしゃ、すなわち​​の​つみ​を​のぞかれる​かみ​の​ひつじ​に​バプテスマ​を​ほどこす​げんしゃ​に​ついて、わたし​が​まえ​に​べた​こと​を​おもこして​もらいたい。

    5 ​さて、かみ​の​ひつじ​が​せい​なる​かた​で​あって​も、あらゆる​​を​たす​ため​に​みず​で​​バプテスマ​を​お​け​に​なる​ひつよう​が​ある​と​すれ​ば、おお、きよくない​わたしたち​が​バプテスマ​を、すなわち​みず​で​バプテスマ​を​ける​こと​は、なおさら​ひつよう​で​は​ない​だろう​か。

    6 ​そこで、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、かみ​の​ひつじ​は​みず​で​バプテスマ​を​お​け​に​なる​こと​に​よって、どの​よう​に​あらゆる​​を​たされた​の​か、わたし​は​あなたがた​に​たずねたい。

    7 ​あなたがた​は​ひつじ​が​きよく​あられた​こと​を​らない​の​か。しかし​ひつじ​は、きよい​に​も​かかわらず、にく​に​おいて​は​御父おんちち​の​まえ​に​へりくだる​こと​を​ひと​の​ら​に​しめされる。そして、御父おんちち​の​いましめ​を​まもる​こと​に​ついて​御父おんちち​に​従順じゅうじゅん​で​ある​こと​を、御父おんちち​に​しょうめい​される​の​で​ある。

    8 ​それゆえ、ひつじ​が​みず​で​バプテスマ​を​お​け​に​なる​と、聖霊せいれい​が​はと​の​かたち​を​って​ひつじ​の​うえ​に​くだって​られた。

    9 ​そして​また、それ​は​ひと​の​ら​に、みち​が​ほそくて​かれら​の​はいる​もん​が​せまい​こと​を​しめして​おり、ひつじ​は​かれら​の​まえ​に​はん​を​しめされた​の​で​ある。

    10 ひつじ​は、「わたし​に​したがい​なさい」と​ひと​の​ら​に​われた。それゆえ、あいする​同胞はらから​よ、すすんで​御父おんちち​の​いましめ​に​したがわないで、わたしたち​は​イエス​に​したがう​こと​が​できる​だろう​か。

    11 御父おんちち​は​われた。「あらためよ。あらためよ。わたし​の​あいする​​の​​に​よって​バプテスマ​を​けよ。」

    12 ​また、おん​の​こえ​が​わたし​に​こえて​われた。「ちち​は、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​もの​に、わたし​に​さずけて​くださった​と​おなじ​よう​に​聖霊せいれい​を​さずけて​くださる。それゆえ、わたし​に​したがい、わたし​が​おこなう​の​を​た​その​こと​を、あなたがた​も​おこない​なさい。」

    13 ​したがって、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、もし​あなたがた​が​十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​おん​に​したがい、かみ​の​まえ​に​けっして​ぜん​と​あざむき​を​おこなう​こと​なく​せい​を​もって​こうどう​し、つみ​を​あらため、​バプテスマ​に​よって、まことに、あなたがた​の​しゅ​で​あり​すくぬし​で​ある​かた​に​したがい、しゅ​の​こと​の​とおり​に​みず​に​はいり、バプテスマ​を​ける​こと​に​よって、キリスト​の​​を​よろこんで​ける​こと​を​御父おんちち​に​しょうめい​する​なら​ば、よ、その​とき、あなたがた​は​聖霊せいれい​を​ける。すなわち、その​とき​​と​聖霊せいれい​に​よる​バプテスマ​を​ける。すると​あなたがた​は​てん使​の​こと​で​かたり、イスラエル​の​せいじゃ​に​さん​の​こえ​を​げる​こと​が​できる​の​で​ある。わたし​は​それ​を​って​いる。

    14 ​しかし​よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、おん​の​こえ​が​つぎ​の​よう​に​こえて​わたし​に​われた。「あなたがた​は​つみ​を​あらため、みず​に​よる​バプテスマ​を​ける​こと​に​よって​わたし​の​いましめ​を​すすんで​まもる​こと​を​御父おんちち​に​しょうめい​し、​と​聖霊せいれい​に​よる​バプテスマ​を​け、あたらしい​こと、すなわち​てん使​の​こと​で​かたれる​よう​に​なった​のち​に、わたし​を​てい​する​の​で​あれ​ば、わたし​を​らなかった​ほう​が​あなたがた​の​ため​に​よかった​で​あろう。」

    15 ​わたし​は​また、御父おんちち​が​こう​われる​こえ​を​いた。「まことに、わたし​の​あいする​もの​の​こと​は​真実しんじつ​で​あり、たしか​で​ある。さい​まで​しのぶ​もの​は​すくわれる。」

    16 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、この​こと​から、ひと​は​ける​かみ​の​おん​の​はん​に​ならって、さい​まで​しのばなければ​すくわれない​こと​が​かる。

    17 ​したがって、わたし​が​あなたがた​の​しゅ​で​あり​あがなぬし​で​ある​かた​の​おこなわれる​こと​を​先見せんけん​して、これまで​かたって​きた​こと​を、あなたがた​も​おこない​なさい。これら​の​こと​が​わたし​に​しめされた​の​は、あなたがた​が​はいらなければ​ならない​もん​を​る​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。あなたがた​が​はいらなければ​ならない​もん​と​は、あらため​と、みず​に​よる​​バプテスマ​で​ある。そう​すれ​ば、​と​聖霊せいれい​に​よって​つみ​の​ゆるし​が​あたえられる。

    18 ​その​とき、あなたがた​は、永遠えいえん​の​いのち​に​いたる​ほそくて​せまい​みち​に​いる​こと​に​なる。まことに、あなたがた​は​その​もん​から​はいって​いる。あなたがた​は​御父おんちち​と​おん​の​いましめ​に​したがって​この​よう​に​おこなって​いる。また​あなたがた​は、御父おんちち​と​おん​に​ついて​あかし​を​される​聖霊せいれい​を​けて​いる。こう​して、その​ほうほう​に​よって​はいる​なら​ば​ける​と​しゅ​が​やくそく​された、その​やくそく​が​たされた​の​で​ある。

    19 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​たずねたい。あなたがた​が​この​ほそくて​せまい​みち​に​はいった​なら​ば、それで​すべて​わり​で​あろう​か。よ、わたし​は​そう​で​は​ない​と​う。もし​キリスト​を​しんじる​かっ​と​した​しんこう​を​もって​キリスト​の​こと​に​したがい、ひと​を​すくう​ちから​を​そなえて​おられる​この​かた​の​どく​に​ひたすら​たよらなかった​なら​ば、あなたがた​は、ここ​まで​すすんで​る​こと​さえ​できなかった​から​で​ある。

    20 ​したがって、あなたがた​は​これから​も​キリスト​を​かっ​と​して​しんじ、完全かんぜん​な​ぼう​の​かがやき​を​ち、かみ​と​すべて​の​ひと​を​あいして​ちからづよく​すすまなければ​ならない。そして、キリスト​の​こと​を​よく​あじわい​ながら​ちからづよく​すすみ、さい​まで​しのぶ​なら​ば、よ、御父おんちち​は、「あなたがた​は​永遠えいえん​の​いのち​を​ける」と​われる。

    21 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、これ​が​みち​で​ある。そして、​この​ほか​に​は​ひと​を​かみ​の​おうこく​に​すくう​みち​も​​も​てん​に​あたえられて​いない。よ、これ​が​キリスト​の​きょう​で​あって、かぎりなく​​一つ​の​かみ​で​ある​御父おんちち​と​おん​と​聖霊せいれい​の​唯一ゆいいつ​の​真正しんせい​な​おしえ​で​ある。アーメン。