ニーファイ第二書 28
    脚注

    第​28​章

    わり​の​とき​に、おおく​の​いつわり​の​きょうかい​が​もうけられる。これら​の​きょうかい​は、いつわり​の、むなしい、おろか​な​きょう​を​おしえる。にせきょう​が​いて​背教はいきょう​が​ひろがる。あく​は​人々ひとびと​の​こころ​の​なか​で​れ​くるう。あく​は​あらゆる​いつわり​の​おしえ​を​ひろめる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​たま​に​よって​うながされる​まま​に、あなたがた​に​かたって​きた。したがって、これら​の​こと​が​将来しょうらいかならず​こる​こと​を、わたし​は​って​いる。

    2 ​その​しょもつ​から​しるされる​ことがら​は、ひと​の​ら​の​ため​に、とくに​イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​ある​わたしたち​の​そん​の​ため​に、おおいに​​が​ある。

    3 ​そして​その​​に​は、しゅ​の​ため​に​もうけられた​の​で​は​ない​数々かずかず​の​きょうかい​が​あって、ある​もの​は​べつ​の​もの​に​かって、「よ、わたし​は​しゅ​の​きょうかい​の​もの​だ」と​い、べつ​の​もの​も、「わたし​こそ​しゅ​の​きょうかい​の​もの​だ」と​う。きょうかい​を​もうけた​もの​たち​は​みなしゅ​の​ため​に​もうけた​の​で​は​ない​に​も​かかわらず、この​よう​に​う。

    4 ​そして、かれら​は​たがいに​あらそう。また、その​聖職者せいしょくしゃ​たち​も​たがいに​あらそって、ぶん​の​がくしき​で​おしえ、かたる​こと​を​あたえて​くださる​聖霊せいれい​を​てい​する。

    5 かれら​は​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​かみ​の​ちから​を​てい​し、人々ひとびと​に​う。「わたしたち​に​みみ​を​かたむけ、わたしたち​の​くんかい​を​き​なさい。よ、今日こんにちかみ​は​そんざい​しない​から​で​ある。しゅ​なる​あがなぬし​は​すでに​ぶん​の​わざ​を​え、ぶん​の​ちから​を​ひと​に​あたえられた。

    6 よ、わたし​の​くんかい​を​き​なさい。もし​しゅ​の​​に​よって​せき​が​おこなわれた​と​う​もの​が​いて​も、しんじて​は​ならない。今日こんにちかみ​は​せき​の​かみ​で​は​ない​から​で​ある。かみ​は​すでに​ぶん​の​わざ​を​えられた。」

    7 ​また、つぎ​の​よう​に​う​もの​も​おおぜい​いる。「​は​ぬ​​な​の​だから、い​し、たのしみ​なさい。そう​すれ​ば、わたしたち​は​しあわせ​だ。」

    8 つぎ​の​よう​に​う​もの​も​また​おおぜい​いる。「い​し、たのしみ​なさい。しかし​どう​に​かみ​を​おそれ​なさい。かみ​は​すこし​の​つみ​を​おかす​こと​は​ゆるして​くださる。だから、すこし​ばかり​いつわり​を​い、ひと​の​こと​に​んで​あざむき、隣人りんじん​を​おとしいれる​あな​を​り​なさい。これ​は​すこしも​わるい​こと​で​は​ない。わたしたち​は​​は​ぬ​​な​の​だから、これら​の​こと​を​すべて​おこない​なさい。たとえ​わたしたち​に​つみ​が​ある​と​して​も、かみ​は​わたしたち​を​ほんの​すこし​むちたれる​だけ​で、けっきょく​わたしたち​は​かみ​の​おうこく​に​すくわれる。」

    9 ​この​よう​に、いつわり​の、むなしい、おろか​な​きょう​を​おしえ、こころ​の​なか​で​ほこり​たかぶり、ぶん​たち​の​はかりごと​を​ふかく​かくして​しゅ​に​られない​よう​に​しよう​と​する​もの​が​おおぜい​いる。かれら​の​おこない​は、やみ​の​なか​に​ある。

    10 ​その​とき、せい​たち​の​​が、​から​さけんで​かれら​を​うったえる。

    11 ​まことに、かれら​は​みなみち​から​はずれ、らく​して​しまって​いる。

    12 かれら​の​きょうかい​は、こうまん​の​ため​に、また​にせきょう​と​いつわり​の​きょう​の​ため​に​はい​して​いる。かれら​の​きょうかい​は​おもがって​おり、こうまん​の​ため​に、かれら​は​ほこり​たかぶって​いる。

    13 かれら​は​りっ​な​聖堂せいどう​を​てる​ため​に​まずしい​もの​から​うばい​り、また​はなやか​な​ころも​を​まとう​ため​に​まずしい​もの​から​うばい、にゅう​な​もの​と​こころ​の​まずしい​もの​を​くるしめる。こうまん​の​ため​に​ほこり​たかぶって​いる​から​で​ある。

    14 かれら​は​こころ​を​​かたくな​に​し、かしら​を​たかく​する。そして、キリスト​に​したがう​しょうすう​の​謙遜けんそん​な​もの​たち​を​のぞいて、すべて​の​もの​が、こうまん​と​あく​と​まわしい​おこない​と​みだら​な​おこない​の​ため​に​まよって​しまって​いる。しかし、キリスト​に​したがう​しょうすう​の​もの​たち​も​さそい​を​け、ひと​の​くんかい​に​よって​おしえられる​ので、度々たびたびあやまち​を​おかす。

    15 ​おお、こころ​を​こうまん​に​して​ほこり​たかぶる​しゃがくしゃものち、また​いつわり​の​きょう​を​く​すべて​の​もの、みだら​な​おこない​を​して​しゅ​の​ただしい​みち​を​げる​すべて​の​もの、これら​の​もの​は​わざわい​で​ある、わざわい​で​ある、わざわい​で​ある。ぜんのう​の​しゅ​なる​かみ​が​こう​われる。これら​の​もの​は​ごく​に​き​とされる​から​で​ある。

    16 ​の​ない​もの​の​ため​に​ただしい​もの​を​退しりぞけ、い​こと​を​ののしって、それ​は​なんの​​も​ない​と​う​もの​は、わざわい​で​ある。しゅ​なる​かみ​が​​に​む​もの​に、すみやか​に​むくい​を​くだされる​​が​る​から​で​ある。ざいあく​が​完全かんぜん​に​じゅくす​その​​に、かれら​は​ほろびる​の​で​ある。

    17 ​しかし​よ、​に​む​もの​が​ぶん​たち​の​あく​と​まわしい​おこない​を​あらためる​なら​ば、かれら​は​ほろぼされる​こと​は​ない​と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。

    18 ​しかし​よ、ぜん​の​いん​で​ある​あの​おおきな​まわしい​きょうかい​は、​に​くずれ​ち、その​たおれ​かた​は​ひどい。

    19 あく​の​おうこく​は​かならず​れ​うごく。また、それに​ぞくする​もの​は、かならず​あらためる​よう​に​うながされる。そう​で​なければ、かれら​は​あく​の​永遠えいえん​の​くさり​に​しばられ、いかる​よう​に​そそのかされて​ほろびて​しまう。

    20 よ、その​あく​は​ひと​の​ら​の​こころ​の​なか​で​れ​くるい、ひと​の​ら​を​そそのかして​い​こと​に​たいして​いからせる。

    21 ​また、あく​は​ほか​の​人々ひとびと​を​​なだめ、かれら​を​あざむいて​げん​で​の​安全あんぜん​を​かくしん​させる​ので、かれら​は、「シオン​の​なか​で​は、すべて​が​い。まことに、シオン​は​さかえて​おり、すべて​が​い」と​う。あく​は​この​よう​に​して​人々ひとびと​を​だまし、たくみ​に​ごく​に​さそい​とす​の​で​ある。

    22 ​そして​よ、あく​は​ほか​の​人々ひとびと​に​へつらい、「ごく​は​ない」と​げ、「あく​は​いない​ので、わたし​は​あく​で​は​ない」と​う。あく​は​この​よう​に​かれら​の​みみ​に​ささやいて、けっして​げられない​おそろしい​くさり​で​しばって​しまう。

    23 ​まことに​かれら​は、​と​ごく​に​らえられる。そして、​と​ごく​と​あく​と、それら​に​らえられた​すべて​の​もの​は、かみ​の​​の​まえ​に​たなければ​ならない。そして、かれら​は​ぶん​の​おこない​に​おうじて​さばかれる。それから​かれら​は、ぶん​たち​の​ため​に​よう​された​しょ、すなわち​きゅう​の​つう​で​ある​​と​おう​の​いけ​に​はいらなければ​ならない。

    24 ​したがって、シオン​で​のんき​に​らす​もの​は、わざわい​で​ある。

    25 「すべて​が​い」と​大声おおごえ​で​さけぶ​もの​は、わざわい​で​ある。

    26 ​まことに、ひと​の​くんかい​に​みみ​を​かたむけ、かみ​の​ちから​と​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​を​てい​する​もの​は、わざわい​で​ある。

    27 ​まことに、「わたしたち​は​けて​いる​ので、もう​これ​じょう​は​ひつよう​ない」と​う​もの​は、わざわい​で​ある。

    28 ようするに、かみ​の​しん​の​ゆえ​に​​を​ふるわせて​いかる​もの​は​みなわざわい​で​ある。よ、いわ​の​うえ​に​てられる​もの​は​よろこんで​かみ​の​しん​を​れる​が、すな​の​だい​の​うえ​に​てられる​もの​は、たおれる​の​で​は​ない​か​と​ふるえ​おののく​から​で​ある。

    29 「わたしたち​は、すでに​かみ​の​こと​を​いただいて​いる。もう​これ​で​十分じゅうぶん​だから、​これ​じょうかみ​の​こと​は​ひつよう​ない」と​う​もの​は、わざわい​で​ある。

    30 よ、しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。「わたし​は​ここ​に​も​すこし、そこ​に​も​すこし​と、おしえ​に​おしえ、くんかい​に​くんかい​を​くわえて、それ​を​ひと​の​ら​に​あたえよう。わたし​の​くんかい​を​き、わたし​の​すすめ​に​みみ​を​す​もの​は、​を​る​ので​さいわい​で​ある。わたし​は​れる​もの​に​​さらに​おおく​あたえ、『もう​十分じゅうぶん​で​ある』​と​う​もの​から​は、かれら​が​って​いる​もの​さえ​も​げる。」

    31 ひと​に​たよる​もの、すなわち​にく​を​ぶん​の​うで​と​する​もの​は​のろわれる。すなわち、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​あたえられる​くんかい​で​は​なく、ひと​の​くんかい​に​みみ​を​かたむける​もの​は​のろわれる。

    32 万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​かみ​は​われる。「ほうじん​は​わざわい​で​ある。わたし​が​うで​を​べて​いる​に​も​かかわらず、かれら​は​わたし​を​こばむ​から​で​ある。それでも、かれら​が​あらためて​わたし​の​もと​に​る​なら​ば、わたし​は​かれら​を​あわれもう。わたし​は​しゅうじつうで​を​べて​いる​から​で​ある」と​しゅ​なる​かみ​は​われる。