ニーファイ第二書 12
    脚注
    Theme

    第​12​章

    イザヤ、まつじつ​の​神殿しんでん​と​イスラエル​の​しゅうごう、それに​ふくせんねん​の​さばき​と​へい​を​る。たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​は、しゅ​の​再臨さいりん​の​とき​に​ひくく​される。イザヤしょだい二​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「アモツ​の​​イザヤ​が、ユダ​と​エルサレム​に​ついて​た​こと

    2 ​さて、わり​の​とき​に​つぎ​の​こと​が​こる。しゅ​の​いえ​の​やま​は​山々やまやま​の​いただき​に​かたく​ち、もろもろ​の​おか​より​も​たかく​そびえ、すべて​の​こくみん​は​そこ​に​ながれて​る。

    3 おおく​の​たみ​が​て​う。『さあ、わたしたち​は​しゅ​の​やま​に​のぼり、ヤコブ​の​かみ​の​いえ​へ​こう。しゅ​は​ぶん​の​みち​を​わたしたち​に​おしえて​くださる。わたしたち​は​しゅ​の​みち​を​あゆもう。』​りっぽう​は​シオン​から​しゅ​の​こと​は​エルサレム​から​る​から​で​ある。

    4 しゅ​は​こくみん​の​なか​で​さばき​を​おこない、おおく​の​ひと​を​められる。かれら​は​つるぎ​を​鋤先すきさき​に、やり​を​かま​に​ち​なおし、こくみん​は​こくみん​に​かって​つるぎ​を​げず、かれら​は​もう​たたかい​の​こと​を​まなばない。

    5 ​おお、ヤコブ​の​いえ​よ、さあ、わたしたち​は​しゅ​の​ひかり​の​なか​を​あゆもう。さあ、あゆもう​で​は​ない​か。あなたがた​は​みな、これまで​あく​の​みち​に​まよって​きた。

    6 ​それゆえ、おお、しゅ​よ、あなた​は​あなた​の​たみ、ヤコブ​の​いえ​を​てられた。それ​は​かれら​が、とうほう​から​の​もの​を​くに​に​たし、​ペリシテびと​の​よう​に​うらな​に​き、らぬ​もの​の​ども​たち​と​まじわる​の​を​このむ​から​で​ある。

    7 かれら​の​​に​は​ぎん​と​きん​が​ち、かれら​の​たから​に​は​かぎり​が​ない。かれら​の​​に​は​うま​も​ち、戦車せんしゃ​も​かぎりなく​ある。

    8 かれら​の​​に​は​ぐうぞう​も​ち、かれら​は​ぶん​の​​の​わざ、すなわち​ぶんしん​の​ゆび​で​つくった​もの​を​おがむ。

    9 ​の​ひくい​もの​は​​を​かがめず、​の​たかい​もの​は​へりくだらない。それゆえ、かれ​を​お​ゆるし​に​ならない​よう​に。

    10 ​おお、あなたがた​あくにん​たち​よ、いわ​の​なか​に​はいり、つち​の​なか​に​かくれよ。しゅ​へ​の​おそれ​と​しゅ​の​尊厳そんげん​の​かがやき​が、あなたがた​を​つ​から​で​ある。

    11 ​そして​その​​に​は、​を​げて​たかぶる​もの​は​ひくく​され、 ごうまん​な​もの​は​かがめられ、ただ​しゅ​だけ​が​たかめられる。

    12 ​それ​は、万軍ばんぐん​の​しゅ​の​​が​もなく​すべて​の​こくみん​に、まことに​すべて​の​もの​に、すなわち、ほこり​たかぶる​もの​に、また​おもがる​すべて​の​もの​に​のぞんで、その​もの​は​ひくく​される​から​で​ある。

    13 しゅ​の​​は、レバノン​の​すぎ​が​たかく​そびえて​いる​ため​に、その​すべて​の​すぎ​に​のぞみ、また​バシャン​の​すべて​の​かし​の​​に​のぞむ。

    14 ​また、すべて​の​たかい​やま、すべて​の​おかおもがる​すべて​の​こくみん、すべて​の​ひと

    15 ​また、すべて​の​たかい​やぐら、すべて​の​けん​な​じょうへき

    16 ​また、う み​の​すべて​の​ふね、タルシシ​の​すべて​の​ふね、すべて​の​このましい​しき​に​のぞむ。

    17 ​その​​に​は、たかぶる​もの​は​かがめられ、 ごうまん​な​もの​は​ひくく​され、ただ​しゅ​だけ​が​たかめられる。

    18 ​そして、しゅ​は​ぐうぞう​を​ことごとく​はいされる。

    19 しゅ​が​​を​はげしく​うごかされる​と、しゅ​へ​の​おそれ​が​かれら​に​しょうじ、しゅ​の​尊厳そんげん​の​かがやき​が​かれら​を​つ​ので、かれら​は​いわ​の​洞穴ほらあな​や​​の​あな​に​はいる。

    20 ​その​ひと​は​おがむ​ため​に​ぶん​で​つくった​ぎん​の​ぐうぞう​と​きん​の​ぐうぞう​を、もぐら​や​こうもり​に​げ​あたえ、

    21 いわ​の​​や、けわしい​いわ​の​いただき​に​はいる。しゅ​が​​を​はげしく​うごかされる​と、しゅ​へ​の​おそれ​が​かれら​に​しょうじ、しゅ​の​おおいなる​尊厳そんげん​の​かがやき​が​かれら​を​つ​から​で​ある。

    22 ​あなたがた​は、はな​で​いき​を​する​人間にんげん​に​たのむ​こと​を​やめよ。その​よう​な​もの​に​なんの​​が​あろう​か。」