ニーファイ第二書 11
戻る 次へ

第​11​章

ヤコブ、あがなぬし​に​まみえる。モーセ​の​りっぽう​は​キリスト​の​けい​で​あり、キリスト​が​られる​こと​を​りっしょう​する。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​ところで、​ヤコブ​は​その​とき​に、もっと​おおく​の​こと​を​わたし​の​たみ​に​かたった​が、わたし​は​じょう​の​こと​だけ​を​しるす​に​とどめた。わたし​が​しるして​きた​こと​で​十分じゅうぶん​だから​で​ある。

2 ​さて、わたし​ニーファイ​は​​イザヤ​の​こと​に​よろこび​を​かんじる​ので、もっと​かれ​の​こと​を​しるそう。わたし​は​かれ​の​こと​を​わたし​の​たみ​に​てはめ、また​かれ​の​こと​を​わたし​の​そん​に​つたえよう。わたし​が​あがなぬし​に​まみえた​と​おなじ​よう​に、まことに​かれ​も​あがなぬし​に​まみえた​から​で​ある。

3 ​わたし​の​おとうと​の​ヤコブ​も​また、わたし​が​あがなぬし​に​まみえた​と​おなじ​よう​に、すでに​あがなぬし​に​​まみえて​いる。それで、わたし​は​ぶん​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​わたし​の​そん​に​りっしょう​する​ため​に、この​ふた​の​こと​を​そん​に​つたえよう。かみ​は​かつて、「わたし​は​​三にん​の​こと​を​もって、わたし​の​こと​を​たしか​な​もの​と​する」と​われた。に​も​かかわらず、かみ​は​さらに​おおく​の​しょうにん​を​つかわして、ぶん​の​こと​を​ことごとく​りっしょう​される。

4 よ、わたし​は、キリスト​の​らいりん​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、わたし​の​たみ​に​りっしょう​する​こと​に​よろこび​を​かんじる。​モーセ​の​りっぽう​は、まさに​その​ため​に​あたえられた​の​で​ある。​の​はじめ​から​かみ​が​ひと​に​あたえて​こられた​すべて​の​もの​は、キリスト​の​けい​で​ある。

5 ​わたし​は​また、しゅ​が​わたしたち​の​せん​に​てられた​せいやく​を​よろこんで​いる。まことに、​から​人々ひとびと​を​かいほう​する、だい​な​永遠えいえん​の​けいかく​に​られる​しゅ​の​めぐみ​と​こうせいちからあわれみ​を​よろこんで​いる。

6 ​また​わたし​は、キリスト​が​られ​なければ​すべて​の​ひと​が​かならず​ほろびる​と​いう​こと​を、わたし​の​たみ​に​りっしょう​する​こと​を​よろこぶ。

7 ​と​いう​の​は、もし​キリスト​が​じつざい​しなければ​かみ​は​じつざい​せず、かみ​が​じつざい​しなければ​そうぞう​は​ありない​ので、わたしたち​の​そんざい​も​ない​から​で​ある。しかしながら、かみ​は​じつざい​して​おられ、その​かみ​は​キリスト​で​あって、しん​の​さだめられた​とき​が​ちる​と​られる​の​で​ある。

8 ​さて、わたし​は​イザヤ​の​こと​を​すこし​しるして、わたし​の​たみ​の​なか​で​これら​の​こと​を​る​もの​が​こころ​を​たかめて、すべて​の​ひと​の​ため​に​よろこべる​よう​に​しよう。さあ、その​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。あなたがた​は​これら​を、ぶんしん​と​すべて​の​ひと​に​てはめて​みる​が​よい。