モーサヤ書28
戻る 次へ

第28章

モーサヤのむすたち,レーマンじんつたえにく。モーサヤ,二つのせいけんしゃいし使つかってヤレドじんはんほんやくする。げんぜんやく九十二ねん

1 さて,モーサヤのむすたちはこれらのことをすべてえたのちしょうすうひとびとれて,ぶんたちのちちであるおうのもとにかえった。そして,ぶんたちのえらんだこれらのひとびととともにニーファイき,同胞はらからであるレーマンじんぶんたちのいたことをつたえ,かみことげることができるように,きょあたえてほしいとねがった。

2 それは,このようにすれば,レーマンじんしゅなるかれらのかみのことをさとらせ,かれらのせんざいあくりっしょうし,ニーファイじんたいするぞうをなくさせ,しゅなるかれらのかみしんじてよろこばせ,たがいにゆうこうふかめさせて,またニーファイじんとレーマンじんりょうほうたいしてしゅなるかれらのかみあたえてくださったぜんに,もはやあらそいがないようにすることができるとおもったからである。

3 さて,モーサヤのむすたちは,すくいがすべてのつくられたものにらされることをねがった。かれらは,だれであろうとひとほろびるのにえられなかったからである。まことに,きゅうつうけるひとがいるとかんがえただけで,かれらはふるえおののいた。

4 このように,しゅたまかれらにはたらきかけた。かれらはかつて罪人つみびとなかでももっとつみぶかものであった。しかししゅは,そのかぎりないあわれみにより,かれらをすくうのがこころにかなうとされた。それでもかれらは,ぶんたちのざいあくのためにこころにひどいくるしみをけ,とこしえにてられてしまうのではないかとじょうなやみ,しんぱいした。

5 そしてかれらは,ニーファイのくことができるように,いくにちちちこんがんした。

6 そこでモーサヤおうは,むすたちをレーマンじんなかかせてことつたえさせるべきかどうか,しゅたずねた。

7 すると,しゅはモーサヤにわれた。「かれらをかせなさい。おおくのものかれらのことしんじるからである。そして,かれらはえいえんいのちるであろう。また,わたしはあなたのむすたちをレーマンじんからすくそう。」

8 そこでモーサヤは,かれらのねがいどおりにすることをゆるした。

9 そして,かれらはたび,レーマンじんなかことつたえるためにかけてった。かれらがおこなったことについてのはなしのちしるす。

10 さて,モーサヤおうにはおうもの一人ひとりもいなかった。おうむすたちのなかに,おうけたいとおもものがだれもいなかったからである。

11 そこでモーサヤおうは,リムハイのたみはっけんし,リムハイのからおうわたされたきんはんろくほんやくし,らせたのちしんちゅうはんきざまれたろくと,ニーファイのはんと,かみめいれいしたがっておうしんまもり,ぞんしてきたすべてのものをりまとめた。

12 かれがそうしたのは,かれたみがそれをせつぼうしたからである。かれらはすでにほろびてしまったひとびとのことをじょうりたいとおもった。

13 さて,かれは,ゆみがたのもののりょうはしにしっかりけられたあの二つのいしもちいて,それらをほんやくした。

14 これらのものははじめからようされ,げんかいやくするためにつたえられたものであり,

15 また,このしょゆうするすべてのものに,ぶんたみざいあくまわしいおこないをあきらかにするために,しゅぶんによりまもり,ぞんしてこられたものである。

16 そして,これらのものをものは,むかしわれたようにせいけんしゃわれる。

17 さて,モーサヤがこのろくほんやくしたところ,よ,それはすでにほろびたたみについてのはなしであった。かれらがほろびたときからさかのぼって,しゅたみことみだされてたみぜんおもてひろらされただいおおきなとうけんせついたるまでのこと,さらにそのだいからさかのぼって,アダムのそうぞういたるまでのことがしるされていた。

18 さて,モーサヤのたみはこのはなしいてじょうなげき,まことに,かなしみでいっぱいになった。しかし,それでもかれらはこのはなしからおおくのことをり,よろこびもた。

19 そして,このはなしなかしるされていることをるのは,よ,すべてのひとにとってのぞましいので,このはなしのちしるすことにする。

20 さて,まえにあなたがたにべたように,モーサヤおうはこれらのことをおこなったのちしんちゅうはんと,ぶんぞんしてきたすべてのものをりまとめ,これらのものをアルマのであるアルマにたくした。まことに,すべてのろくかいやくってかれあたえ,これらのものをまもり,ぞんすること,またたみろくつづけること,そして,リーハイがエルサレムをたときからつたえられてきたように,こんこれらのものをつたえることをかれめいじた。