モーサヤ書 28
    脚注

    第​28​章

    モーサヤ​の​むす​たち、レーマンじん​に​べ​つたえ​に​く。モーサヤ、二つ​の​せいけんしゃ​の​いし​を​使つかって​ヤレドじん​の​はん​を​ほんやく​する。げんぜんやく​九十二​ねん

    1 ​さて、​モーサヤ​の​むす​たち​は​これら​の​こと​を​すべて​えた​のちしょうすう​の​人々ひとびと​を​れて、ぶん​たち​の​ちち​で​ある​おう​の​もと​に​かえった。そして、ぶん​たち​の​えらんだ​これら​の​人々ひとびと​と​ともに​​ニーファイ​の​​へ​き、同胞はらから​で​ある​レーマンじん​に​ぶん​たち​の​いた​こと​を​べ​つたえ、かみ​の​こと​を​げる​こと​が​できる​よう​に、きょ​を​あたえて​ほしい​と​ねがった。

    2 ​それ​は、この​よう​に​すれ​ば、レーマンじん​に​しゅ​なる​かれら​の​かみ​の​こと​を​さとらせ、かれら​の​せん​の​ざいあく​を​りっしょう​し、ニーファイじん​に​たいする​ぞう​を​なく​させ、しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​しんじて​よろこばせ、たがいに​友好ゆうこう​を​ふかめ​させて、また​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​両方りょうほう​に​たいして​しゅ​なる​かれら​の​かみ​が​あたえて​くださった​ぜん​に、もはや​あらそい​が​ない​よう​に​する​こと​が​できる​と​おもった​から​で​ある。

    3 ​さて、モーサヤ​の​むす​たち​は、すくい​が​すべて​の​つくられた​もの​に​げ​らされる​こと​を​ねがった。かれら​は、だれ​で​あろう​と​ひと​が​ほろびる​の​に​えられなかった​から​で​ある。まことに、きゅう​の​つう​を​ける​ひと​が​いる​と​かんがえた​だけ​で、かれら​は​ふるえ​おののいた。

    4 ​この​よう​に、しゅ​の​たま​が​かれら​に​はたらきかけた。かれら​は​かつて​罪人つみびと​の​なか​で​も​もっとも​つみぶかい​もの​で​あった。しかし​しゅ​は、その​かぎりない​あわれみ​に​より、かれら​を​すくう​の​が​こころ​に​かなう​と​された。それでも​かれら​は、ぶん​たち​の​ざいあく​の​ため​に​こころ​に​ひどい​くるしみ​を​け、とこしえ​に​てられて​しまう​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​なやみ、心配しんぱい​した。

    5 ​そして​かれら​は、ニーファイ​の​​へ​く​こと​が​できる​よう​に、いくにち​も​ちち​に​懇願こんがん​した。

    6 ​そこで​モーサヤ​おう​は、むす​たち​を​レーマンじん​の​なか​へ​かせて​こと​を​べ​つたえ​させる​べき​か​どう​か、しゅ​に​たずねた。

    7 ​すると、しゅ​は​モーサヤ​に​われた。「かれら​を​かせ​なさい。おおく​の​もの​が​かれら​の​こと​を​しんじる​から​で​ある。そして、かれら​は​永遠えいえん​の​いのち​を​る​で​あろう。また、わたし​は​あなた​の​むす​たち​を​レーマンじん​の​​から​すくい​そう。」

    8 ​そこで​モーサヤ​は、かれら​の​ねがい​どおり​に​する​こと​を​ゆるした。

    9 ​そして、かれら​は​​に​たびち、レーマンじん​の​なか​で​こと​を​つたえる​ため​に​かけて​った。かれら​が​おこなった​こと​に​ついて​の​はなし​は​のち​に​しるす。

    10 ​さて、モーサヤ​おう​に​は​おう​を​ぐ​もの​が​ひと​も​いなかった。おう​の​むす​たち​の​なか​に、おう​を​けたい​と​おもう​もの​が​だれ​も​いなかった​から​で​ある。

    11 ​そこで​モーサヤ​おう​は、リムハイ​の​たみ​が​はっけん​し、リムハイ​の​​から​おう​に​わたされた​きん​の​はん​の​ろく​を​ほんやく​し、らせた​のち真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​と、ニーファイ​の​はん​と、かみ​の​命令めいれい​に​したがって​おうしん​が​まもり、ぞん​して​きた​すべて​の​もの​を​りまとめた。

    12 かれ​が​そう​した​の​は、かれ​の​たみ​が​それ​を​切望せつぼう​した​から​で​ある。かれら​は​すでに​ほろびて​しまった​人々ひとびと​の​こと​を​じょう​に​りたい​と​おもった。

    13 ​さて、かれ​は、弓形ゆみがた​の​もの​の​両端りょうはし​に​しっかり​けられた​あの​二つ​の​いし​を​もちいて、それら​を​ほんやく​した。

    14 ​これら​の​もの​は​​の​はじめ​から​よう​され、げん​を​かいやく​する​ため​に​つたえられた​もの​で​あり、

    15 ​また、この​​を​しょゆう​する​すべて​の​もの​に、ぶん​の​たみ​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​を​あきらか​に​する​ため​に、しゅ​が​ぶん​の​​に​より​まもり、ぞん​して​こられた​もの​で​ある。

    16 ​そして、これら​の​もの​を​つ​もの​は、むかしわれた​よう​に​せいけんしゃ​と​われる。

    17 ​さて、モーサヤ​が​この​ろく​を​ほんやく​した​ところ、よ、それ​は​すでに​ほろびた​たみ​に​ついて​の​はなし​で​あった。かれら​が​ほろびた​とき​から​さかのぼって、しゅ​が​たみ​の​こと​を​みだされて、たみ​が​ぜん​の​おもて​に​ひろく​らされた​だい​の​おおきな​とう​の​建設けんせつ​に​いたる​まで​の​こと、さらに​その​だい​から​さかのぼって、アダム​の​そうぞう​に​いたる​まで​の​こと​が​しるされて​いた。

    18 ​さて、モーサヤ​の​たみ​は​この​はなし​を​いて​じょう​に​なげき、まことに、かなしみ​で​いっぱい​に​なった。しかし、それでも​かれら​は​この​はなし​から​おおく​の​こと​を​り、よろこび​も​た。

    19 ​そして、この​はなし​の​なか​に​しるされて​いる​こと​を​る​の​は、よ、すべて​の​ひと​に​とって​のぞましい​ので、この​はなし​は​のち​に​しるす​こと​に​する。

    20 ​さて、まえ​に​あなたがた​に​べた​よう​に、モーサヤ​おう​は​これら​の​こと​を​おこなった​のち真鍮しんちゅう​の​はん​と、ぶん​が​ぞん​して​きた​すべて​の​もの​を​りまとめ、これら​の​もの​を​アルマ​の​​で​ある​アルマ​に​たくした。まことに、すべて​の​ろく​と​かいやく​を​って​かれ​に​あたえ、これら​の​もの​を​まもり、ぞん​する​こと、また​たみ​の​ろく​を​き​つづける​こと、そして、リーハイ​が​エルサレム​を​た​とき​から​つたえられて​きた​よう​に、こん​も​​これら​の​もの​を​つたえる​こと​を​かれ​に​めいじた。