モーサヤ書 25
戻る 次へ

第​25​章

ゼラヘムラ​の​ミュレク​の​そん​は​ニーファイじん​に​なる。かれら​は​アルマ​の​たみ​と​ゼニフ​の​たみ​の​こと​を​る。アルマ、リムハイ​と​かれ​の​たみ​の​ぜんいん​に​バプテスマ​を​ほどこす。モーサヤ、かみ​の​きょうかい​を​せつりつ​する​こと​を​アルマ​に​ゆるす。げんぜんやく​百二十​ねん

1 ​さて、モーサヤ​おう​は​すべて​の​ひと​を​あつめ​させた。

2 とう​ニーファイ​の​ら、すなわち​ニーファイ​の​そん​で​あった​人々ひとびと​は、​ミュレク​と、また​かれ​と​ともに​​へ​た​人々ひとびと​の​そん​で​ある、​ゼラヘムラ​の​たみ​ほど​おおく​は​なかった。

3 ​また、ニーファイ​の​たみ​と​ゼラヘムラ​の​たみ​を​わせて​も、レーマンじん​ほど​おおく​は​なかった。まことに、かれら​は​その​半分はんぶん​に​も​たなかった。

4 ​さて、ニーファイ​の​たみ​は​みなあつまり、ゼラヘムラ​の​たみ​も​みなあつまった。かれら​は​あつまって​二つ​の​しゅうだん​を​つくった。

5 ​そして、モーサヤ​おう​は​たみ​に​ゼニフ​の​ろく​を​みずから​んで​かせ、また​ひと​に​も​ませた。まことに、かれ​は、ゼニフ​の​たみ​が​ゼラヘムラ​の​​を​った​とき​から​ふたたび​かえって​る​まで​の、かれら​の​ろく​を​んで​かせた。

6 かれ​は​また、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​の​はなし​と、また​かれら​が​ゼラヘムラ​の​​を​った​とき​から​ふたたび​かえって​る​とき​まで​に​けた、あらゆる​なん​の​はなし​を​んで​かせた。

7 ​さて、モーサヤ​おう​が​これら​の​ろく​を​み​える​と、その​​に​とどまって​いた​かれ​の​たみ​は、​な​おもい​と​おどろき​に​たれた。

8 かれら​に​は​おもい​も​およばなかった​から​で​ある。かれら​が​れい​の​じょうたい​から​すくい​された​人々ひとびと​を​る​と、その​人々ひとびと​は​じょう​に​おおきな​よろこび​に​たされて​いた。

9 ​また​その​人々ひとびと​は、レーマンじん​に​ころされた​ぶん​たち​の​同胞はらから​の​こと​を​おもって​は、かなしみ​で​いっぱい​に​なり、あい​の​なみだ​を​ながした。

10 ​さらに​かれら​は、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​を​レーマンじん​の​​と​れい​の​じょうたい​から​すくい​して​くださった​かみ​の​直接ちょくせつ​の​いつくしみ​と​かみ​の​ちから​の​こと​を​おもって​は、こえ​を​げ、かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげた。

11 ​また​かれら​は、つみぶかく​けがれた​じょうたい​に​ある​ぶん​たち​の​同胞はらから​の​レーマンじん​の​こと​を​おもって​は、かれら​の​さいわい​を​あんじて​つう​と​のう​に​さいなまれた。

12 ​さて、レーマンじん​の​むすめ​たち​を​つま​と​した​アミュロン​と​かれ​の​なか​の​ども​たち​は、ぶん​の​ちち​たち​の​こう​を​こころよく​おもって​いなかった。そして、かれら​は​もはや​ちち​たち​の​​で​ばれる​こと​を​のぞまなかった​ので、ニーファイ​の​​を​けた。それ​は、ニーファイ​の​ら​と​ばれ、ニーファイじん​と​ばれる​人々ひとびと​の​なか​に​かぞえられる​よう​に​する​ため​で​あった。

13 いまや​ゼラヘムラ​の​たみ​は​すべて、ニーファイじん​と​ともに​かぞえられた。それ​は、ニーファイ​の​そん​で​ある​人々ひとびと​の​ほか​に、だれ​に​も​おう​が​さずけられなかった​から​で​ある。

14 ​さて、モーサヤ​おう​は​たみ​に​かたり​え、み​える​と、アルマ​に​も​たみ​に​かたって​もらいたい​と​おもった。

15 ​そこで​アルマ​は、たみ​が​いくつ​も​の​おおきな​しゅうだん​を​して​あつまって​いる​とき​に、かれら​に​かたった。かれ​は​一つ​の​しゅうだん​から​つぎ​の​しゅうだん​へ​と​めぐって、あらため​と​しゅ​を​しんじる​しんこう​を​たみ​に​べ​つたえた。

16 ​また​かれ​は、リムハイ​と​かれ​の​同胞はらから​から​る​たみ、すなわち​れい​の​じょうたい​から​すくい​された​すべて​の​ひと​に、かれら​を​すくい​して​くださった​の​が​しゅ​で​ある​こと​を​おぼえて​おく​よう​に​すすめた。

17 ​さて、アルマ​が​たみ​に​おおく​の​こと​を​おしえ、かれら​に​かたり​える​と、リムハイ​おう​は​バプテスマ​を​けたい​と​ねがった。また、かれ​の​たみ​も​みな、バプテスマ​を​けたい​と​ねがった。

18 ​そこで​アルマ​は​みず​の​なか​に​はいって​き、かれら​に​​バプテスマ​を​ほどこした。まことに、かれ​は​​モルモン​の​いずみ​で​同胞はらから​に​さずけた​ほうほう​で、かれら​に​バプテスマ​を​ほどこした。そして、かれ​が​バプテスマ​を​ほどこした​人々ひとびと​は​みなかみ​の​きょうかい​に​ぞくした。それ​は​かれら​が​アルマ​の​こと​を​しんじた​から​で​ある。

19 ​さて、モーサヤ​おう​は​ゼラヘムラ​の​ぜん​に​きょうかい​を​せつりつ​する​こと​を​アルマ​に​ゆるし、また​それぞれ​の​きょうかい​を​つかさどる​さい​と​きょう​を​聖任せいにん​する​ちから​を​かれ​に​さずけた。

20 ​さて、この​よう​に​おこなわれた​の​は、人々ひとびと​の​かず​が​じょう​に​おおく、ひと​の​きょう​で​すべて​の​ひと​を​つかさどる​こと​が​できなかった​から​で​あり、また​一つ​の​集会しゅうかい​で​すべて​の​ひと​に​かみ​の​こと​を​かせる​こと​も​できなかった​から​で​ある。

21 ​それで​かれら​は、きょうかい​と​ばれた​別々べつべつ​の​しゅうだん​に​あつまった。それぞれ​の​きょうかい​に​さい​と​きょう​が​いて、さい​は​みな、アルマ​の​くち​に​より​つたえられた​とおり​の​こと​を​べ​つたえた。

22 ​この​よう​に、おおく​の​きょうかい​が​あった​に​も​かかわらず、それら​は​すべて​一つ​の​きょうかい、すなわち​かみ​の​きょうかい​で​あった。どの​きょうかい​で​も、あらため​と​かみ​を​しんじる​しんこうがい​に、どの​よう​な​こと​も​かれなかった​から​で​ある。

23 ​さて、ゼラヘムラ​の​​に​は​七つ​の​きょうかい​が​あった。そして、キリスト​すなわち​かみ​の​​を​ける​こと​を​のぞんだ​もの​は​だれでも​みなかみ​の​きょうかい​に​くわわった。

24 ​そして、かれら​は​かみ​の​たみ​と​ばれた。しゅ​は​かれら​に​しゅ​の​たま​を​そそがれ、かれら​は​しゅくふく​され、その​​で​さかえた。