モーサヤ書 1
戻る 次へ

モーサヤしょ

第​1​章

ベニヤミン​おうむす​たち​に​かれら​の​せん​の​こと​と​げん​を​おしえる。いろいろ​な​はん​に​き​がれた​ろく​の​おかげ​で、かれら​の​宗教しゅうきょう​と​文明ぶんめい​が​のこされる。モーサヤ、おう​として​えらばれ、また、ろく​と​ほか​の​品々しなじな​を​かん​する​責任せきにん​が​あたえられる。げんぜんやく​百三十​ねん​から​百二十四​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ゼラヘムラ​の​ぜん​で​は、ベニヤミン​おう​に​したがった​すべて​の​たみ​の​なか​に、もはや​あらそい​が​こらなかった​ので、ベニヤミン​おう​は​のこる​生涯しょうがい​を​つづき​やすらか​に​おくった。

2 ​さて、かれ​に​は​三にん​の​むす​が​あって、それぞれ​モーサヤ、ヒローラム、ヒラマン​と​けられた。かれ​は、せん​の​すべて​の​こと​に​よって​かれら​が​教育きょういく​を​けられる​よう​に​し、それに​よって​かれら​が​りょ分別ふんべつ​の​ある​もの​と​なる​よう​に、また​せん​の​くち​を​とおして​かたられ、しゅ​の​​に​よって​もたらされた​数々かずかず​の​げん​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に​した。

3 ​また​かれ​は、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​に​ついて​も​かれら​に​おしえ、つぎ​の​よう​に​った。「むす​たち​よ、これら​の​ろく​と​これら​の​いましめ​が​って​いる​この​はん​が​なかった​なら​ば、わたしたち​は​いま​で​も​かみ​の​おく​を​らず​に​​の​まま​で​いた​に​ちがいない。あなたがた​は、この​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。

4 ​この​はん​の​たすけ​が​なければ、せん​の​リーハイ​は、これら​の​ことがら​を​すべて​おもして​ども​たち​に​おしえる​こと​など​できなかった​で​あろう。かれ​は​​エジプトじん​の​こと​を​おしえられて​いた​ので、これら​の​きざまれた​もの​を​み、それ​を​ども​たち​に​おしえる​こと​が​できた。そして、ども​たち​も​また​その​ども​たち​に​おしえ、その​よう​に​して​現在げんざい​に​いたる​まで、かみ​の​命令めいれい​が​たされて​きた​の​で​ある。

5 むす​たち​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。これら​の​もの​が​かみ​の​​に​よって​き​がれ、そして​のこされた​の​は、わたしたち​が​これ​を​んで​かみ​の​おく​を​かい​し、かみ​の​いましめ​を​つねに​​の​まえ​に​いて​おける​よう​に​する​ため​で​あって、もし​これら​の​もの​が​なかった​なら​ば、わたしたち​の​せん​で​さえ​も​しんこう​に​おちいって​いた​で​あろう。そして​わたしたち​は、同胞はらから​の​レーマンじん​の​よう​に​なって​いた​に​ちがいない。レーマンじん​は​これら​の​こと​に​ついて​まったく​らず、たとえ​おしえられて​も、かれら​の​せん​の​ただしくない​つたえ​が​ある​ため​に​しんじない​の​で​ある。

6 ​おお、むす​たち​よ、わたし​が​のぞむ​の​は、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​あり、これら​の​ろく​も​真実しんじつ​で​ある​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい​と​いう​こと​で​ある。そして​よ、エルサレム​を​た​とき​から​いまに​いたる​まで​の​せん​の​ろく​と​こと​が​って​いる​ニーファイ​の​はん​も​真実しんじつ​で​ある。これ​が​いま​わたし​の​​の​まえ​に​ある​ので、これ​が​たしか​で​ある​こと​が​かる。

7 ​さて、むす​たち​よ、あなたがた​は​これら​の​ろく​を​つとめて​丁寧ていねい​に​調しらべる​こと​を​わすれず、それ​に​よって​えき​を​る​よう​に​して​ほしい。また、かみ​の​いましめ​を​まもり、しゅ​が​わたしたち​の​せん​に​てられた​やくそく​どおり​に、この​​で​さかえる​こと​が​できる​よう​に​して​ほしい。」

8 ​そして​ベニヤミン​おう​は、ほか​に​も​この​しょ​に​しるされて​いない​おおく​の​こと​を​むす​たち​に​おしえた。

9 ​そして、むす​たち​に​おしえ​えた​のち、ベニヤミン​おう​は​としいて、ぶん​も​もう​すぐに​​の​すべて​の​ひと​が​く​みち​を​かなければ​ならない​こと​を​って​いた​ので、おう​を​むす​の​ひと​に​ゆずる​ほう​が​のぞましい​と​かんがえた。

10 ​そこで、おう​は​モーサヤ​を​ぶん​の​まえ​に​れてさせた。おう​が​モーサヤ​に​かたった​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「むす​よ、ぜん​の​すべて​の​たみ​に、すなわち​この​​に​んで​いる​​ゼラヘムラ​の​たみ​と​モーサヤ​の​たみ​に、みなあつまる​よう​に​こく​を​して​もらいたい。それ​は​、わたし​の​くち​から、あなた​が、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​が​たくして​くださった、たみ​を​おさめる​おう​で​あり​とうしゃ​で​ある​こと​を、たみ​に​宣言せんげん​する​ため​で​ある。

11 ​そして​さらに、わたし​は​この​たみ​に​一つ​の​​を​あたえ、しゅ​なる​かみ​が​エルサレム​の​​から​れてられた​ほか​の​すべて​の​たみ​と​べつ​できる​よう​に​しよう。わたし​が​こう​する​の​は、かれら​が​しゅ​の​いましめ​を​熱心ねっしん​に​まもる​たみ​で​あった​から​で​ある。

12 ​そして​わたし​は、かれら​に​​を​あたえる​が、それ​は​いましめ​に​そむかなければ​けっして​される​こと​は​ない。

13 ​また、わたし​は​さらに​あなた​に​って​おく。しゅ​の​あつい​めぐみ​を​けて​いる​この​たみ​が、いましめ​に​そむく​よう​に​なり、じゃあく​で​​な​たみ​と​なる​なら​ば、しゅ​は​かれら​を​わたされる。その​けっかれら​は​同胞はらから​の​よう​に​よわく​なる​で​あろう。そして​しゅ​は、これまで​わたしたち​の​せん​を​のこして​こられた​よう​に、もはや​その​たぐい​ない​おどろく​べき​ちから​で​この​たみ​を​のこす​こと​は​なさらない。

14 ​わたし​は​あなた​に​う​が、もしも​しゅ​が​うで​を​べて​わたしたち​の​せん​を​のこして​くださらなかった​なら​ば、せん​は​レーマンじん​の​​に​ちて、かれら​の​ぞう​の​せい​に​なって​いた​に​ちがいない。」

15 ​そして、ベニヤミン​おう​は​むす​に​これら​の​こと​を​かたり​える​と、おうこく​の​せい​の​すべて​に​かんする​責任せきにん​を​むす​に​ゆだねた。

16 ​そして​さらに、かれ​は​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​と、ニーファイ​の​はん​と、​ラバン​の​つるぎ​と、​の​なか​で​せん​を​みちびいた​たま、すなわち​​に​ついて​も​むす​に​責任せきにん​を​ゆだねた。この​​は、せん​が​それぞれ​しゅ​に​けた​ちゅうりょく​と​ねつ​に​おうじて​みちびかれる​よう​に、しゅ​の​​に​よって​そなえられた​もの​で​ある。

17 ​したがって、かれら​が​ちゅうじつ​で​ない​とき​に​は、たび​は​順調じゅんちょう​に​すすまず、また​はかどらず、かえって​もどされて、かみ​の​きょう​を​まねいた。そして​また​かれら​は、ぶん​たち​の​​を​おもす​よう​に​うながす​きん​と、ひどい​艱難かんなん​に​なやまされた​の​で​あった。

18 ​さて、モーサヤ​は​ちち​から​めいじられた​とおり​に​おこない、ゼラヘムラ​の​​に​いる​すべて​の​ひと​に、みなって​モーサヤ​の​ちち​の​かたる​こと​を​く​ため​に​神殿しんでん​に​あつまる​よう​に​こく​を​した。