ニーファイ第二書 13
    脚注
    Theme

    第​13​章

    ユダ​と​エルサレム、従順じゅうじゅん​の​ため​に​ばっせられる。しゅぶん​の​たみ​を​べん​し、また​さばかれる。シオン​の​むすめ​たち、ぞく​に​つかって、のろい​と​くるしみ​を​ける。イザヤしょだい三​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 よ、万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​しゅ​は、エルサレム​と​ユダ​から​はしら​と​つえ、すなわち、つえ​と​たのむ​すべて​の​パン​と、はしら​と​たのむ​すべて​の​みず​を​られる。

    2 ​また​ゆうせん、さばきつかさ、げんしゃ賢者けんじゃ長老ちょうろう

    3 ​五十​にん​の​ちょうこうかんかん熟練じゅくれん​した​職人しょくにん雄弁ゆうべん​な​えんぜつ​を​られる。

    4 『わたし​は​ども​たち​を​かれら​の​きみ​と​し、みどりご​が​かれら​を​おさめる。』

    5 たみ​は​たがいに​しいたげ​い、隣人りんじんどう​が​しいたげ​い、ども​は​長老ちょうろう​に​かって​たかぶり、​の​ひくい​もの​は​こう​な​もの​に​かって​たかぶる。

    6 ​その​とき、ひと​は​ぶん​の​ちち​の​いえ​に​いる​きょうだい​に​りすがって​う。『あなた​に​は​ころも​が​あり​ます。わたしたち​を​おさめる​もの​に​なって、あなた​の​​で​この​めつ​が​こらない​よう​に​して​ください。』

    7 ​その​かれ​は​ちかって​う。『わたし​の​いえ​に​は​パン​も​る​もの​も​ない​ので、わたし​は​いやす​もの​に​は​なれ​ません。わたし​を​たみ​を​おさめる​もの​に​しないで​ください。』

    8 たみ​の​した​と​おこない​が​しゅ​に​そむいて、しゅ​の​えいこう​の​​を​いからせた​ため​に、エルサレム​は​ほろび、ユダ​は​たおれた​の​で​ある。

    9 かれら​の​かおつき​は​かれら​に​ついて​​な​証言しょうげん​を​し、かれら​の​つみ​が​あたかも​​ソドム​の​よう​で​ある​こと​を​あらわして​おり、かれら​は​それ​を​かくす​こと​が​できない。かれら​は​わざわい​で​ある。かれら​は​みずから​あく​の​むくい​を​けた​の​で​ある。

    10 じん​に、かれら​は​さいわい​で​ある​こと​を​げ​なさい。かれら​は​ぶん​の​おこない​の​​を​べる​から​で​ある。

    11 あくにん​は​ほろびる​ので​わざわい​で​ある。かれら​の​​の​むくい​が​かれら​に​およぶ​から​で​ある。

    12 ​わたし​の​たみ​は​ども​たち​に​しいたげられ、おんな​たち​に​おさめられる。おお、わたし​の​たみ​よ、あなた​を​みちびく​もの​たち​は​あなた​を​あやまらせ、あなた​の​あゆむ​みち​を​やす。

    13 しゅ​は​べん​する​ため​に​がり、たみ​を​さばく​ため​に​たれる。

    14 しゅ​は​ぶん​の​たみ​の​長老ちょうろう​たち​と​きみ​たち​に​ついて​さばき​を​おこなわれる。あなたがた​は​​ぶどう​えん​を​い​くし、あなたがた​の​いえ​に​は​まずしい​もの​から​うばった​もの​が​ある。

    15 『どう​いう​つもり​な​の​か。あなたがた​は​わたし​の​たみ​を​くだき、まずしい​もの​の​かお​を​すりつぶす。』​万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​かみ​は​そう​われる。

    16 ​さらに​しゅ​は​われる。『シオン​の​むすめ​たち​は​たかぶり、くび​を​ばして​​で​こび​を​り​ながら​あるき、また​で​あるき​ながら、その​あし​で​すず​の​​を​す。』

    17 ​それゆえ、しゅ​は​シオン​の​むすめ​たち​の​あたま​の​いただき​を​って​かさぶた​で​おおい、また​しゅ​は​彼女かのじょ​たち​の​かくし​どころ​を​​あらわ​に​される。

    18 ​その​しゅ​は​彼女かのじょ​たち​の​すず​の​​を​す​かざものかみ​に​かぶせる​あみ月形つきがた​の​かざもの

    19 くさりうでかおおおい、

    20 あたまかざり、すね​かざり、わえ​ひも、こう​の​ものみみかざり、

    21 ゆびはなかざり、

    22 礼服れいふく外套がいとうきんかみ​を​ちぢらす​もの、

    23 かがみ、こまやか​に​った​ぬの​の​ふく、ターバン​ふう​の​ぼう、かぶり​もの​など​の​よそおい​を​のぞかれる。

    24 ​そして、ほうこう​は​わって​あくしゅう​と​なり、おび​は​わって​けた​ぬの​と​なり、うつくしく​ととのえた​かみ​は​わって​​かぶろ​と​なり、きょう​は​わって​粗布あらぬの​の​おび​と​なり、うつくしさ​は​わって​け​きず​と​なる。

    25 ​あなた​の​おとこ​たち​は​つるぎ​に​たおれ、あなた​の​ゆう​たち​は​たたかい​で​たおれる。

    26 ​シオン​の​もん​は​なげき​かなしみ、シオン​は​れ​すたれて、​に​する。」