聖典
エゼキエル書33
戻る 次へ

第33章

1 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

2 ひとよ、あなたのたみ人々ひとびとかたってえ、わたしがつるぎを一つのくにのぞませるとき、そのくにたみかれらのうちからひとりをえらんで、これを自分じぶんたちの見守みまもものとする。

3 かれくににつるぎがのぞむのをて、ラッパをき、たみいましめる。

4 しかしひとがラッパのおといても、みずから警戒けいかいせず、ついにつるぎがて、そのひところしたなら、そのかれのこうべにする。

5 かれはラッパのおといて、みずから警戒けいかいしなかったのであるから、そのかれ自身じしんする。しかしそのひとが、みずから警戒けいかいしたなら、そのいのちすくわれる。

6 しかし見守みまもものが、つるぎののぞむのをても、ラッパをかず、そのためたみが、みずから警戒けいかいしないでいるうちに、つるぎがのぞみ、かれらのなかのひとりをうしなうならば、そのひとは、自分じぶんつみのためにころされるが、わたしはその責任せきにんを、見守みまもものもとめる。

7 それゆえ、ひとよ、わたしはあなたをてて、イスラエルのいえ見守みまもものとする。あなたはわたしのくちから言葉ことばき、わたしにかわってかれらをいましめよ。

8 わたしが悪人あくにんかって、悪人あくにんよ、あなたはかならぬととき、あなたが悪人あくにんいましめて、そのみちからはなれさせるようにかたらなかったら、悪人あくにん自分じぶんつみによってぬ。しかしわたしはそのを、あなたのもとめる。

9 しかしあなたが悪人あくにんに、そのみちはなれるようにいましめても、その悪人あくにんがそのみちはなれないなら、かれ自分じぶんつみによってぬ。しかしあなたのいのちすくわれる。

10 それゆえ、ひとよ、イスラエルのいええ、あなたがたはこうった、『われわれのとがと、つみはわれわれのうえにある。われわれはそのなかにあっておとろえはてる。どうしてきることができようか』と。

11 あなたはかれらにえ、しゅなるかみわれる、わたしはきている。わたしは悪人あくにんよろこばない。むしろ悪人あくにんが、そのみちはなれてきるのをよろこぶ。あなたがたはこころひるがえせ、こころひるがえしてそのしきみちはなれよ。イスラエルのいえよ、あなたはどうしてんでよかろうか。

12 ひとよ、あなたのたみ人々ひとびとえ、義人ぎじんは、かれつみおかときには、かれすくわない。悪人あくにんあくは、かれがそのあくはなれるとき、そのあくのためにたおれることはない。義人ぎじんかれつみおかとき、そののためにきることはできない。

13 わたしが義人ぎじんに、かれかならきるとっても、もしかれ自分じぶんをたのんで、つみおかすなら、かれのすべてのおぼえられない。かれはみずからおかしたつみのためにぬ。

14 また、わたしが悪人あくにんに『あなたはかならぬ』とっても、もしかれがそのつみはなれ、公道こうどう正義せいぎとをおこなうならば、

15 すなわちその悪人あくにん質物しちもつかえし、うばったものをもどし、いのちさだめにあゆみ、あくおこなわないならば、かれかならきる。けっしてなない。

16 かれおかしたすべてのつみかれたいしておぼえられない。かれ公道こうどう正義せいぎとをおこなったのであるから、かならきる。

17 あなたのたみ人々ひとびとは『しゅみち公平こうへいでない』とう。しかしかれらのみちこそ公平こうへいでないのである。

18 義人ぎじんがそのはなれて、つみおかすならば、かれはこれがためにぬ。

19 悪人あくにんがそのあくはなれて、公道こうどう正義せいぎとをおこなうならば、かれはこれによってきる。

20 それであるのに、あなたがたは『しゅみち公平こうへいでない』とう。イスラエルのいえよ、わたしは各自かくじのおこないにしたがって、あなたがたをさばく」。

21 わたしたちがとらうつされたのち、すなわちだい十二ねんの十がつに、エルサレムからのがれてものが、わたしのもとにった、「まちやぶられた」と。

22 そのものまえよるしゅがわたしにのぞんだ。つぎあさ、そのひとがわたしのもとにたころ、しゅはわたしのくちひらかれた。わたしのくちひらけたので、もはやわたしは沈黙ちんもくしなかった。

23 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

24 ひとよ、イスラエルのの、かのあと住民じゅうみんらは、かたつづけてう、『アブラハムはただひとりで、なおこの所有しょゆうした。しかしわたしたちのかずおおい。このはわれわれの所有しょゆうとしてあたえられている』と。

25 それゆえ、あなたはかれらにえ、しゅなるかみはこうわれる、あなたがたはにくのついたままでべ、おのが偶像ぐうぞうあおぎ、ながしていて、なおこの所有しょゆうすることができるか。

26 あなたがたはつるぎをたのみ、にくむべきことをおこない、おのおのとなびとつまけがして、なおこの所有しょゆうすることができるか。

27 あなたはかれらにいなさい。しゅなるかみはこうわれる、わたしはきている。かのあとにいるものかならずつるぎにたおれる。わたしはおもてにいるものを、けものあたえてわせ、要害ようがいとほらあなとにいるもの疫病えきびょうぬ。

28 わたしはこのくにまったあらす。かれほこちからはうせ、イスラエルの山々やまやまれてとおものもなくなる。

29 かれらがおこなったすべてのにくむべきことのために、わたしがこのくにまったあらときかれらはわたしがしゅであることをさとる。

30 ひとよ、あなたのたみ人々ひとびとは、かきのかたわら、いえ入口いりぐちで、あなたのことろんじ、たがいにかたりあってう、『さあ、われわれは、どんな言葉ことばしゅからるかをこう』と。

31 かれらはたみるようにあなたのところ、わたしのたみのようにあなたのまえして、あなたの言葉ことばく。しかしかれらはそれをおこなわない。彼等かれら口先くちさきではおおくのあいあらわすが、そのこころにおもむいている。

32 よ、あなたはかれらには、うつくしいこえあいうたをうたうもののように、また楽器がっきをよくそうするもののようにおもわれる。かれらはあなたの言葉ことばくが、それをおこなおうとはしない。

33 このことおことき——これはかならおこる——そのときかれらのなかにひとりの預言者よげんしゃがいたことをかれらはさとる」。