モーサヤ書 8
    脚注

    第​8​章

    アンモン、リムハイ​の​たみ​を​おしえる。アンモン、ヤレドじん​の​二十四​まい​の​はん​の​こと​を​る。せいけんしゃ​は​むかし​の​ろく​を​ほんやく​する​こと​が​できる。せいけんしゃ​の​賜物たまもの​より​おおいなる​賜物たまもの​は​ない。げんぜんやく​百二十一​ねん

    1 ​さて、リムハイ​おう​は​たみ​に​おおく​の​こと​を​かたった​が、わたし​は​その​なか​から​わずか​な​ことがら​だけ​を​この​しょ​に​しるした。おう​は​たみ​に​かたり​える​と、ゼラヘムラ​の​​に​いる​同胞はらから​に​ついて​も、すべて​の​こと​を​かれら​に​げた。

    2 ​そして​かれ​は​アンモン​を​群衆ぐんしゅう​の​まえ​に​たせて、ゼニフ​が​ゼラヘムラ​を​った​とき​から​アンモン​しん​が​ゼラヘムラ​を​る​とき​まで​に​同胞はらから​に​こった​こと​を、すべて​くわしく​かたらせた。

    3 ​そこで​アンモン​は​リムハイ​おう​の​たみ​に、ベニヤミン​おう​が​ゼラヘムラ​の​たみ​に​おしえた​さい​の​こと​に​ついて​も​くわしく​かたり、また​リムハイ​おう​の​たみ​が​ベニヤミン​おう​の​かたった​こと​を​すべて​かい​できる​よう​に、その​こと​を​解説かいせつ​した。

    4 ​そして、アンモン​が​これ​を​すべて​える​と、リムハイ​おう​は​群衆ぐんしゅう​を​解散かいさん​させ、ひとのこらず​かく​の​いえ​に​かえらせた。

    5 ​そして​おう​は、かれ​の​たみ​が​ゼラヘムラ​の​​を​た​とき​から​の​ろく​が​って​いる​はん​を​アンモン​の​まえ​に​って​させ、かれ​が​それ​を​める​よう​に​した。

    6 ​さて、アンモン​が​その​ろく​を​み​える​と​すぐに、おう​は​かれ​に​がいこく​の​こと​を​ほんやく​できる​か​どう​か​たずねた。アンモン​は​できない​こと​を​おう​に​げた。

    7 ​そこで​おう​は​アンモン​に​った。「わたし​は​たみ​の​なん​を​て​かなしく​おもい、たみ​の​なか​から​四十三​にん​の​もの​を​​へ​たびたせた。かれら​が​ゼラヘムラ​の​​を​つけ、われら​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​して​くれる​よう​に​同胞はらから​に​たのめる​と​おもった​から​で​ある。

    8 ​ところが​かれら​は、いくにち​も​の​あいだ​の​なか​で​まよって​しまった。それでも​かれら​は​熱心ねっしん​に​さがした​ので、ゼラヘムラ​の​​は​つからなかった​もの​の、また​この​​に​もどって​た。その​あいだかれら​は​おおく​の​みず​の​ある​ほう​を​たび​し、人間にんげん​と​けもの​の​ほね​が​あたり​一帯いったい​に​散乱さんらん​して​おり、また​あらゆる​建物たてもの​の​はいきょ​が​一面いちめん​に​散在さんざい​して​いる​​を​はっけん​した。すなわち、イスラエル​の​大群たいぐん​ほど​に​かずおおく​の​ひと​が​んで​いた​​を​はっけん​した。

    9 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​の​かたる​こと​が​真実しんじつ​で​ある​と​いう​しょう​として、​が​一面いちめん​に​きざんで​ある​​二十四​まい​の​はん​を​ち​かえった。その​はん​は​じゅんきん​で​できて​いる。

    10 ​また​よ、かれら​は​いくつ​か​の​おおきな​むねて​も​ち​かえった​が、それら​は​真鍮しんちゅう​と​どう​で​できて​おり、まったく​いたんで​いない。

    11 ​さらに​かれら​は、つるぎ​も​なんぼん​か​ち​かえった​が、その​つか​は​ち、やいば​は​さび​で​しょく​して​いた。ところで、その​こと、すなわち​その​はん​に​きざまれて​いる​ことがら​を​解釈かいしゃく​できる​もの​は​この​​に​ひと​も​いない。だから​あなた​に、ほんやく​できる​か​と​たずねた​の​で​ある。

    12 ​わたし​は​もう​いちう​が、あなた​は​ほんやく​の​できる​ひと​を​だれか​って​いる​か。わたし​は​この​ろく​を​わたしたち​の​こと​に​ほんやく​して​もらいたい。そう​すれ​ば​この​ろく​から、この​ろく​を​のこして​ほろびた​たみ​の​のこり​の​もの​の​こと​が​おそらく​かる​で​あろう。あるいは、ほろびて​しまった​この​たみ​その​もの​に​ついて、かる​かも​しれない。わたし​は、かれら​が​ほろびた​わけ​を​りたい。」

    13 ​そこで​アンモン​は​おう​に​った。「おうさま、わたし​は​その​ろく​を​ほんやく​できる​ひと​を​たしか​に​お​おしえ​でき​ます。その​かた​は、ある​もの​を​って​いて、それ​を​使つかって​れば、むかし​の​ろく​で​も​すべて​ほんやく​する​こと​が​でき​ます。それ​は​かみ​から​さずけられた​賜物たまもの​です。それ​は​かいやく​と​ばれて​おり、かみ​から​めいじられない​かぎり、だれ​も​それ​を​のぞいて​る​こと​は​でき​ません。もとめて​は​ならない​もの​を​もとめて​ほろびる​こと​の​ない​ため​です。また、それ​を​のぞいて​る​よう​に​めいじられる​ひと​は、せいけんしゃ​と​ばれ​ます。

    14 ​まことに、ゼラヘムラ​の​​に​いる​たみ​の​おう​が、これら​の​こと​を​おこなう​よう​に​めいじられた​かた​で、かみ​から​この​とうとい​賜物たまもの​を​さずかって​います。」

    15 ​すると​おう​は、「せいけんしゃ​は​げんしゃ​より​も​だい​で​ある」と​った。

    16 ​そこで​アンモン​は​った。「せいけんしゃ​は​けいしゃ​で​あり、げんしゃ​で​も​あり​ます。だれ​ひと​として​つ​こと​の​できない​この​かみ​の​ちから​を​そなえて​い​なければ、これ​より​おおいなる​賜物たまもの​を​だれ​も​つ​こと​は​でき​ません。しかし、おおきな​ちから​が​かみ​から​さずけられる​こと​も​あり​ます。

    17 せいけんしゃ​は​​の​こと​も​将来しょうらい​の​こと​も​る​こと​が​でき​ます。かいやく​に​よって​すべて​の​こと​が​しめされる​の​です。と​いう​より​むしろ、みつ​の​こと​が​あきらか​に​され、かくれた​こと​が​あかるみ​に​る​の​です。られて​いない​こと​が​かいやく​に​よって​られる​よう​に​なり、また​ほか​の​ほうほう​で​は​る​こと​の​できない​こと​が、かいやく​に​よって​られる​よう​に​なり​ます。

    18 ​この​よう​に、かみ​は​ひと​が​しんこう​に​よって​だい​な​せき​を​おこなう​こと​が​できる​よう​に、一つ​の​しゅだん​を​あたえて​ください​ました。それで​その​ひと​は、同胞はらから​に​おおきな​えき​を​もたらす​よう​に​なる​の​です。」

    19 ​さて、アンモン​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、おう​は​じょう​に​よろこび、つぎ​の​よう​に​い​ながら​かみ​に​感謝かんしゃ​した。「これら​の​はん​に​は​うたがい​も​なく​おおいなる​おく​が​って​いる。そして​その​かいやく​は、この​よう​な​すべて​の​おく​を​ひと​の​ら​に​あきらか​に​する​ため​に​そなえられた​もの​で​ある。

    20 ​おお、しゅ​の​わざ​は​なんと​おどろく​べき​わざ​で​あろう。しゅ​は​なんと​ながい​あいだたみ​の​ため​に​えて​こられた​こと​か。ひと​の​ら​は​なんと​かいりょく​が​なく​鈍感どんかん​な​こと​か。ひと​の​ら​は​​を​もとめよう​と​せず、また​​に​はい​される​の​を​のぞまない。

    21 ​まことに​ひと​の​ら​は、ひつじい​から​げて​り​に​なり、もり​の​けもの​に​われて​えじき​に​なる​せい​の​ひつじ​の​れ​の​よう​だ。」