モーサヤ書 7
    脚注

    第​7​章

    アンモン、リムハイ​が​おう​と​なって​いる​リーハイ・​ニーファイ​の​​を​はっけん​する。リムハイ​の​たみ、レーマンじん​の​れい​の​じょうたい​に​ある。リムハイ、ぶん​の​たみ​の​れき​を​かたる。げんしゃ(アビナダイ)は​キリスト​が​万物ばんぶつ​の​かみ​で​あり​ちち​で​ある​こと​を​あかし​した。けがれ​を​まく​もの​は​旋風せんぷう​を​け、しゅ​を​しんらい​する​もの​は​すくわれる。げんぜんやく​百二十一​ねん

    1 ​さて、モーサヤ​おう​は​三​年間ねんかんつづき​へい​を​たもった​のち、かつて​リーハイ・​ニーファイ​の​、すなわち​リーハイ・​ニーファイ​の​まち​に​もう​と​して​て​った​人々ひとびと​の​こと​を​りたい​と​おもった。それ​は、その​人々ひとびと​が​​ゼラヘムラ​の​​を​って​らいなんの​おとさた​も​なかった​ので、たみ​が​うるさく​うったえて​おう​を​わずらわした​から​で​ある。

    2 ​そこで​モーサヤ​おう​は、十六​にん​の​くっきょう​な​おとこ​たち​が​リーハイ・​ニーファイ​の​​へ​かけて​って、同胞はらから​の​こと​を​調しらべる​の​を​ゆるした。

    3 ​そして​その​よくじつかれら​は​アンモン​と​いう​おとこ​と​ともに​しゅっぱつ​した。この​アンモン​は​くっきょう​な​ちから​の​つよい​おとこ​で、ゼラヘムラ​の​そん​で​あって、いっこう​の​とうそつしゃ​で​も​あった。

    4 ​さて、かれら​は、リーハイ・​ニーファイ​の​​へ​く​の​に、​を​どの​ほうこう​へ​たび​を​して​よい​か​からなかった​ので、​の​なか​を​さまよった。じつに、四十​にちかん​も​さまよった。

    5 ​そして、四十​にちかん​さまよった​のち​に、かれら​は​​シャイロム​の​​の​北方ほっぽう​に​ある​おか​に​たどりき、そこ​に​てんまく​を​った。

    6 ​そして​アンモン​は、いっこう​の​なか​から​アマレカイ、ヘレム、ヘム​と​いう​​の​三にん​の​どうりょう​を​れて、​ニーファイ​の​​へ​かった。

    7 ​すると​よ、かれら​は、ニーファイ​の​​と​シャイロム​の​​に​む​人々ひとびと​の​おう​に​った。そして、おう​の​衛兵えいへい​に​かこまれて​らえられ、しばられて​ろう​に​れられて​しまった。

    8 ​そして​かれら​は、ろう​に​ふつかれて​から​ふたたび​おう​の​まえ​に​れてかれ、なわ​を​かれた。そして​かれら​が​おう​の​まえ​に​つ​と、おう​の​い​に​こたえる​の​を​ゆるされた。いや、こたえる​よう​に​めいじられた。

    9 おう​は​かれら​に​った。「よ、わたし​は​​リムハイ​と​いって、ノア​の​むす​で​ある。ノア​は​ゼニフ​の​むす​で​あり、この​ゼニフ​は​せん​の​​で​あった​この​​を​ごう​と​して​ゼラヘムラ​の​​から​て​て、たみ​の​こえ​に​よって​おう​と​なった​もの​で​ある。

    10 ​ところで、わたし​が​衛兵えいへい​と​まち​の​もん​の​そと​に​いた​とき、おまえたち​は​なぜ​あえて​じょうへき​に​ちかづいて​た​の​か。

    11 ​わたし​は​その​こと​を​たずねる​ため​に、おまえたち​を​かして​おいた。そう​で​なければ、衛兵えいへい​に​ころ​させて​いた​で​あろう。それ​で​は、おまえたち​が​はなす​の​を​ゆるす。」

    12 ​さて、アンモン​は​はなす​の​を​ゆるされた​こと​を​る​と、おう​の​まえ​に​すすみ​て​​を​かがめ、また​ふたたび​​を​こす​と、つぎ​の​よう​に​った。「おうさま、わたし​は​今日き ょ うぶん​が​まだ​きて​いて、はなす​の​を​ゆるされた​こと​を、かみ​の​まえ​に​ふかく​感謝かんしゃ​して​います。わたし​は​おもって​はなしたい​と​おもい​ます。

    13 おうさま​は、もし​わたし​の​こと​を​って​おられたら、きっと​わたし​を​しばる​こと​は​なさらなかった​でしょう。わたし​は​アンモン​と​いって、​ゼラヘムラ​の​そん​で、ゼニフ​が​ゼラヘムラ​の​​から​れて​た​同胞はらから​の​こと​を​調しらべる​ため​に、その​​から​やって​た​もの​だから​です。」

    14 ​そこで​リムハイ​は、アンモン​の​こと​を​いて​じょう​に​よろこんで​った。「ゼラヘムラ​の​​に​いた​同胞はらから​が、いま​も​なお​きて​いる​こと​が​たしか​に​かった。うれしい​こと​だ。、わたし​の​たみ​に​も​よろこんで​もらおう。

    15 よ、われら​は​いま、レーマンじん​の​れい​と​なって​がたい​ぜい​を​かけられて​いる。しかしながら、よ、同胞はらから​は​われら​を​れい​の​じょうたい​から、すなわち​レーマンじん​の​​から​すくい​して​くれる​で​あろう。そう​したら、われら​は​同胞はらから​の​れい​に​なろう。レーマンじん​の​おう​に​みつもの​を​おさめる​より​も、ニーファイじん​の​れい​に​なる​ほう​が​よい。」

    16 ​そこで​リムハイ​おう​は​衛兵えいへい​たち​に、もう​アンモン​も​かれ​の​どうりょう​たち​も​しばって​は​ならない​と​めいじた。そして、アンモン​たち​を​シャイロム​の​北方ほっぽう​に​ある​おか​に​かせ、どうりょう​たち​を​まち​に​れてさせて、かれら​が​飲食いんしょく​し、たび​の​つかれ​を​いやせる​よう​に​した。かれら​は​おおく​の​くるしい​​に​い、え​と​かわき​と​ろう​に​くるしんで​きた​から​で​ある。

    17 ​そして​よくじつ、リムハイ​おう​は​すべて​の​たみ​の​なか​に​こく​を​し、すべて​の​もの​が​って​神殿しんでん​に​あつまり、おう​の​かたる​こと​を​く​よう​に​させた。

    18 ​そして​たみ​が​って​あつまる​と、リムハイ​おう​は​かれら​に​この​よう​に​った。「おお、わたし​の​たみ​よ、あたま​を​げて​なぐさめ​を​​なさい。よ、われら​が​もはや​てき​に​隷従れいじゅう​しなくて​む​とき​が​ちかづいて​いる。それ​は​とおい​さき​の​こと​で​は​ない。これまで​の​おおく​の​たたかい​は​​を​むすばなかった​が、みのり​ある​たたかい​が​まだ​のこされて​いる​こと​を、わたし​は​かくしん​して​いる。

    19 ​だから、あたま​を​げて​よろこび、かみ​に​たより​なさい。アブラハム、イサク、ヤコブ​の​かみ​に​たより​なさい。この​かみ​は​イスラエル​の​ら​を​エジプト​の​​から​みちびき​し、かわいた​​を​あるいて​こうかい​を​わたらせ、また​かれら​が​​で​ほろびる​こと​の​ない​よう​に、​マナ​で​かれら​を​やしなわれた。その​ほか、もっと​おおく​の​こと​を​イスラエル​の​ら​の​ため​に​なさった。

    20 ​さらに、この​おなじ​かみ​は、われら​の​せん​を​エルサレム​の​​から​みちびき​し、現在げんざい​に​いたる​まで​ぶん​の​たみ​を​まもって​こられた。よ、その​かみ​が​われら​を​れい​の​じょうたい​に​とされた​の​は、われら​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​の​ため​で​ある。

    21 今日き ょ う、あなたがた​は​みな、わたし​が​つぎ​に​べる​こと​の​しょうにん​で​ある。かつて​この​たみ​を​おさめる​おう​と​された​ゼニフ​は、せん​の​​を​ぎたい​と​いう​のぞみ​が​つよすぎた​ので、レーマン​おう​の​わる​と​わるだくみ​に​だまされて​しまった。レーマン​おう​は​ゼニフ​おう​と​条約じょうやく​を​むすび、くに​の​りょう​の​いち​で​ある​リーハイ・​ニーファイ​の​まち​と​シャイロム​の​まち、および​その​周辺しゅうへん​の​​を​ゼニフ​おう​の​​に​わたした。

    22 ​レーマン​おう​が​こう​した​の​は、この​たみ​を​したがえる、すなわち​れい​の​じょうたい​に​く​と​いう​ただ​一つ​の​もくてき​が​あった​から​で​ある。そして​よ、いまわれら​は​みつもの​として、とうもろこし​の​半分はんぶん​と​大麦おおむぎ​の​半分はんぶん​と​あらゆる​こくもつ​の​半分はんぶん、および​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​の​ぞうぶん​の​半分はんぶん​を​レーマンじん​の​おう​に​おさめて​いる。レーマンじん​の​おう​は、じつに​われら​の​つ、すなわち​しょゆう​する​すべて​の​もの​の​半分はんぶん​を、われら​から​きびしく​てる。これ​を​さなければ、われら​の​いのち​を​もとめる。

    23 ​これ​は​がたい​こと​で​は​ない​か。われら​の​けて​いる​この​なん​は、はなはだしい​で​は​ない​か。よ、なげき​かなしんで​とうぜん​で​は​ない​か。

    24 ​まことに、あなたがた​に​げる。なげき​かなしんで​とうぜん​な​ゆう​が​たくさん​ある。なんと​おおく​の​同胞はらから​が​ころされ、​が​​に​ながされた​こと​か。これ​は​すべて​ざいあく​の​けっ​で​ある。

    25 ​もし​この​たみ​が​いましめ​に​そむかなかった​なら​ば、しゅ​は​この​よう​に​おおきな​わざわい​が​たみ​の​うえ​に​およぶ​の​を​ゆるされなかった​で​あろう。ところが​よ、たみ​は​しゅ​の​こと​に​き​したがおう​と​しなかった。そして、たみ​の​なか​に​あらそい​が​こり、それ​が​こうじて​かれら​は​​を​ながし​った。

    26 ​また​かれら​は​しゅ​の​げんしゃ、すなわち​かみ​の​えらばれた​ひと​も​ころした。まことに、その​ひと​は​たみ​に​かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​に​ついて​げ、将来しょうらいこる​おおく​の​こと、まことに​キリスト​の​らいりん​さえ​げん​した。

    27 ​その​ひと​は​たみ​に、キリスト​は​万物ばんぶつ​の​ちち​なる​かみ​で​あられる​と​べ、また​キリスト​は​のち​に​ひと​の​かたち​を​られる​こと、そして​その​かたち​は​ひと​が​はじめ​に​それ​に​ならって​つくられた​かたち​で​ある​こと​を​げた。い​えれば、ひと​が​かみ​の​かたち​に​つくられた​こと、また​かみ​が​ひと​の​ら​の​なか​に​くだって​て​けつにく​を​け、​の​おもて​に​て​かれる​こと​を、その​ひと​は​たみ​に​げた​の​で​ある。

    28 ​さて、その​ひと​が​そう​った​ので、たみ​は​かれ​を​ころして​しまった。また​かれら​は、ほか​に​も​もっと​おおく​の​こと​を​おこない、かみ​の​いかり​を​ぶん​たち​に​まねいた​の​で​ある。だから、この​たみ​が​現在げんざいれい​の​じょうたい​に​ある​こと、また​ひどい​なん​に​たれて​いる​こと​を​​に​おもう​もの​が​だれか​いる​で​あろう​か。

    29 よ、しゅ​は​われた。『わたし​は、ぶん​の​たみ​が​いましめ​に​そむく​​に​は​これ​を​たすけず、かれら​が​さかえない​よう​に​その​みち​を​ふさごう。かれら​の​おこない​は、かれら​の​まえ​に​かれた​つまずき​の​いし​の​よう​に​なる。』

    30 ​さらに​しゅ​は、『わたし​の​たみ​は、もし​けがれ​を​まく​なら​旋風せんぷう​の​なか​で​その​から​を​れる​こと​に​なる。そして​その​けっ​は​どく​で​ある』​と​われる。

    31 ​また、『わたし​の​たみ​は、もし​けがれ​を​まく​なら、すみやか​な​めつぼう​を​もたらす​ひがしかぜ​を​まねく​こと​に​なる』​と​われる。

    32 ​さて​よ、しゅ​の​やくそく​は​たされ、あなたがた​は​たれて​くるしんで​いる。

    33 ​しかし、もし​あなたがた​が​十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​しゅ​に​ち​かえり、しゅ​に​たより、ちから​の​かぎり​しゅ​に​つかえる​なら​ば、もし​あなたがた​が​この​よう​に​する​なら​ば、しゅ​は​ぶん​の​​の​まま、おもい​の​まま​に、れい​の​じょうたい​から​すくい​して​くださる​で​あろう。」