モーサヤ書22
戻る 次へ

第22章

たみがレーマンじんもとでのれいじょうたいからのがれるためのけいかくてられる。レーマンじんさけう。たみのがれ,ゼラヘムラにかえり,モーサヤおうしんみんとなる。げんぜんやく百二十一ねんから百二十ねんいたる。

1 さて,アンモンとリムハイおうは,れいじょうたいからほうほうについてたみそうだんはじめた。かれらはすべてのたみってあつまらせた。かれらはこのけんについてたみこえくことができるように,こうしたのである。

2 さて,かれらがれいじょうたいからすには,おんなどもともない,だいしょうちくれをれ,てんまくたずさえてがいなんほうほういだせなかった。レーマンじんじょうおおぜいであったため,リムハイのたみつるぎによってれいじょうたいからそうとかんがえても,かれらとたたかうことはのうだったからである。

3 さてこのとき,ギデオンがすすおうまえち,そしてった。「おうさま,わたしたちが同胞はらからであるレーマンじんたたかったときに,あなたはこれまでになんも,わたしのことれてくださいました。

4 そしておうさま,もしわたしをふつつかなしもべであったとおもわれなければ,すなわち,これまでしょうなりともわたしのことをおきになって,それがあなたのおやくっていましたならば,このたびもわたしのことをおきくださるようにおねがいいたします。わたしはこれからもあなたのしもべとなり,このたみれいじょうたいからすくしましょう。」

5 そこで,おうかれかたることをゆるした。すると,ギデオンはおうった。

6 まちうらじょうへきとおってうらみちちゅうもくください。そこにいるレーマンじん,すなわちレーマンじんりのへいは,よるさけっています。ですから,たみぜんたいこくしてだいしょうちくれをあつめさせ,よるあいだれをってけるようにしましょう。

7 そして,わたしはあなたのめいれいしたがい,さいみつものであるぶどうしゅをレーマンじんおさめます。するとかれらは,んでうでしょう。かれらがってねむっているあいだに,わたしたちはかれらの宿しゅくえいひだりにあるかんどうとおってきましょう。

8 こうしてわたしたちは,おんなどもともない,だいしょうちくれをれてき,シャイロムのまわってすすみましょう。」

9 そこでおうは,ギデオンのことれることにした。

10 そこでリムハイおうは,たみかれらのちくれをあつめさせた。またおうは,みつもののぶどうしゅをレーマンじんに,おくものとしていつもよりたくさんとどけた。するとかれらは,リムハイおうとどけたぶどうしゅをふんだんにんだ。

11 さて,リムハイおうたみは,よるあいだだいしょうちくれをれてった。かれらはなかをシャイロムのまわってき,アンモンとそのどうりょうたちにみちびかれて,ゼラヘムラのかってみちすすんだ。

12 かれらは,ぶんたちのきんぎんちょうしなじな,それにしょくりょうはこべるかぎりってて,たびつづけた。

13 このようにして,かれらはなかいくにちごしたのち,ゼラヘムラのとうちゃくしてモーサヤのたみくわわり,かれしんみんとなった。

14 そして,モーサヤおうよろこんでかれらをむかれ,かれらのろくと,ぜんにリムハイのたみつけたろくった。

15 さて,レーマンじんは,リムハイのたみよるあいだにそのったことをると,かれらをついせきするためにぐんたいおくした。

16 ぐんたいふつかんかれらをついせきしたのち,もはやそのあとつけることができず,なかまよってしまった。